2012/4/24¶@ŒI@–Ä copyright©2017 ƒMƒ“ƒUƒOƒŠƒ“ƒOƒ‰ƒX all rights reserved. 牝・芦毛 filly g. 2016/5/1 生 9代血統表 [ ギンザグリングラスginzagreengrass x カヤドーミーティアkayadometeor ] ※2017/12/24 更新 ※生産国・生年は随時追加中です。 TOPへ戻る 3か月半開けて迎えた4戦目の小倉での未勝利戦。当然のように人気薄となってしまいましたが、菊沢隆徳騎手を鞍上に迎え、一気の逃げ切りで初勝利を挙げました。, その後、惜しいレースはあったものの7戦掲示板に載ることができず、南関東へ移籍しました。当初は慣れのせいか大敗することもありましたが、明けて4歳になると好走するレースが続くようになります。南風特別では初勝利同様に逃げ切り、芦毛・白毛限定の31stホワイトクリスマス賞を三角先頭からの押し切りと自分の型に持っていければ強いところを見せてくれるようになりました。, 結果的にこれが最後の勝利となってしまいましたが、現役最終年の9歳になっても2着に入るなどしぶといところを見せてくれました。, 父メジロマックイーンはメジロアサマ、メジロティターンに続き3代続けて天皇賞を制覇という名ステイヤーでした。種牡馬としてはホクトスルタン、ディアジーナ、エイダイクインの重賞馬を輩出していますが、母の父としてはステイゴールドとの組み合わせで三冠馬オルフェーヴル、G1 6勝ゴールドシップ、グランプリホースドリームジャーニーなどを輩出しています。, 母父サンキリコはイギリスで走り、ロイヤル・ロッジSなど重賞を3勝しています。ホクトベガ時代の地方の女傑ケーエフネプチュンやJRAではインターピレネー、ワンダーピアリスなどを輩出しています。母の父としては桜花賞馬アローキャリー、宝塚記念ダンツフレームなどで見かけたことのあるかたもいらっしゃるかと思います。, サラブレッドの始祖はゴドルフィンアラビアン、バイアリーターク、ダーレーアラビアンの3頭とされています。現在はほぼほぼダーレーアラビアンの系統であり、ゴドルフィンアラビアン、バイアリータークの系統はかなり少ない存在となってしまいました。, 日本でもパーソロンやダンディルートなどからメジロマックイーン以外にもシンボリルドルフ、トウカイテイオー、ビゼンニシキなどの活躍場が出ていましたが、現状では本馬のみが日本唯一のヘロド系種牡馬になります。, そう思っていたところ、最近トウカイテイオー産駒のクワイトファイン種牡馬入りのクラウドファンディングがあり、この系統を残そうという動きが出てきています。サラブレッドは経済動物でもあり、なかなか難しいところはあるかもしれませんが、本馬とともに何とかつないでくれたと願ってやみません。, 世界的にもかなり厳しい状況になってはいますが、ザテトラークが再来してほしいですね。, 1とも重なる部分がありますが、メジロマックイーン産駒最後の競走馬であり、最後の後継種牡馬になります。メジロマックイーン産駒はなかなか牡馬の大物が出ず、ついに途絶えてしまうのかと言われていた中でファンの力により種牡馬入りすることができました。, メジロアサマ、メジロティターン、メジロマックイーンに続く4代目の内国産種牡馬であり、史上3例目となります。, 現時点で競争年齢を迎えた産駒は3頭しかいませんが、2頭が2歳戦で勝利と高確率で勝ち上がっています。フェイドハードは水沢の重賞にも出走しております。JRAと地方の差はあるかとは思いますが、それでも素晴らしい数字ではないかと思います。, 競馬を見るようになって30年弱になり、昔を思い出したくなった者の個人的な思い出です。 公益社団法人 日本軽種馬協会. ^ a b c “血統情報:5代血統表|ギンザグリングラス|JBISサーチ(JBIS-Search)”. 父:GinzaGreenGrassギンザグリングラス 母:Kayadometeorカヤドーミーティア 2016/5/1生 芦毛・牝 ギンザグリングラスの初年度産駒にしてメジロアサマから父系5代目。 現在GGG産駒唯一の牝馬です。デビュー2戦目で勝利をあげました。 Elementally 2011/4/8¶@•Ž­–Ñdk.b@–Ä

•ƒFSamuraiHeartƒTƒ€ƒ‰ƒCƒn[ƒg ’†‰›2ŸBf•ƒ‚Ƀ}ƒ`ƒJƒlƒtƒNƒLƒ^ƒ‹B B–{”n‚Ì•ƒ‚àƒ_[ƒr[”nƒ^ƒjƒmƒMƒ€ƒŒƒbƒgBf•ƒ‚ɃNƒƒCƒgƒtƒ@ƒCƒ“Bƒuƒ‰ƒbƒNƒ^ƒCƒv‚É‚Í“VcÜiHj—DŸ‚̃ƒWƒƒ^ƒCƒˆƒEAƒI[ƒNƒX—DŸƒGƒCƒVƒ“ƒTƒj[‚ȂǁB–å•ÊH“c‰XŽÉ, Etincelante

ギンザグリングラス産駒の初子です。 母のキョウエイプレアーは川崎6勝の活躍馬でメスナーの妹。 両親ともに川崎所属(ギンザグリングラスは中央1勝→大井→川崎)で同じレースで何度も走った同僚?です。2018年5月川崎デビュー。 入着しました。 厩舎 天間昭一(美)→松浦備(大)→山崎尋美(川)→山田正実(川) 109戦3勝.

La Nature

父 メジロマックイーン. 主な勝鞍 3歳未勝利(小倉芝1200) 競走生活 ・JRA. ギンザグリングラス. 2018 … •êƒ_ƒCƒCƒ`ƒAƒs[ƒ‹DaiichiAppeal(JPN)1990 ŠâŽè1ŸA2’…2‰ñA3’…2‰ñƒGƒ^ƒ“ƒXƒ‰ƒ“ƒg‚ÌŒZ’í‚Í‚Ù‚Æ‚ñ‚Ç‘S“ª‚ª’†‰›Ÿ‚¿ã‚ª‚Á‚Ä‚¢‚錘ŽÀ‚È–ÄŒnB2017/9–…‚̃Lƒ…[ƒ“ƒnƒCƒg‚à’†‰›–¢Ÿ—˜‚ðŸ‚¿ã‚ª‚èB•ê‚̃}ƒCƒlƒAƒNƒeƒB[ƒXA‘c•ê‚̃qƒJƒ‹ƒ_ƒ“ƒT[‚Í’†˜e–ž–qê¶ŽY‚ÌŠˆ–ô”nB‚±‚Ì”N—î‚Å‹Md‚ȕꕃƒ^ƒ}ƒ‚ƒNƒƒXB, No Fate

父:ギンザグリングラス 母:カヤドーミーティア 2016/5/1生 芦毛・牝 ギンザグリングラスの初年度産駒にしてメジロアサマから父系5代目。 現在ggg産駒唯一の牝馬です。顔が段々可愛くなってきました。

2010/1/27¶@•Ž­–с@–Ä ƒƒWƒƒ}ƒbƒNƒC[ƒ“mejiromacqueenƒvƒƒtƒB[ƒ‹. ギンザグリングラス. •ƒFƒVƒ“ƒ{ƒŠƒNƒŠƒXƒGƒXsymbori Kris S(JPN)1999 JBISサーチ. copyright©2019 ƒMƒ“ƒUƒOƒŠƒ“ƒOƒ‰ƒX all rights reserved. 2005年3月7日 牡馬. ‰€“c6Ÿ’í‚ɃPƒcƒ@ƒ‹ƒeƒiƒ“ƒSBƒuƒ‰ƒbƒNƒ^ƒCƒv‚ɂ̓Xƒ^[ƒ{ƒCƒWƒƒ[Aƒ}ƒbƒL[ƒ}ƒbƒNƒXAƒ_ƒCƒiƒ}ƒCƒgƒ_ƒfƒBA“VcÜitj“úŒoÜ‘¼‚̏Ÿ‚¿”nƒCƒ“ƒOƒ‰ƒ“ƒfƒB[ƒŒ‚È‚Ç. 日本軽種馬協会が運営する国内最大級の競馬情報サイトjbisサーチの、ギンザグリングラスの種牡馬情報:産駒一覧(現役馬)に関するページです。競馬に関する膨大なデータを手軽に検索・入手できます。 ギンザグリングラス(Ginza Green Grass)は、日本の競走馬、種牡馬である。, 2007年に千葉サラブレッド・セールにて210万円で取引された馬である。同年JRAでデビューし1勝を挙げる。2008年に地方競馬に移籍、主に大井競馬場や川崎競馬場で出走した。2014年引退。引退時はメジロマックイーン産駒最後の競走馬となっていた。JRA11戦1勝、南関東98戦2勝。, 引退後は熱心なファンが引き取り、北海道沙流郡日高町の旭牧場で種牡馬入り[1][2]。2015年、2016年とも3頭の繁殖牝馬との交配に恵まれ、2016年4月17日に初仔も生まれている[3]。, 父系は1964年に日本に輸入されたパーソロンを起点としており、以下メジロアサマ、メジロティターン、メジロマックイーンに次ぐ4代目の種牡馬となる。内国産種牡馬が4代続いた例としては、1970年代のアイアンハート、本馬と同父のグランアクトゥール(既に種牡馬引退)に次いで3例目である。メジロアサマが生まれた1966年から起算すれば、2009年にシンザン系が断絶して以降、この父系は日本国内で継承されている父系として最も古いものとなっている。, なお、この父系は、大系統で言えば三大父系の中で最小のヘロド系に属している。日本のヘロド系はパーソロンやダンディルートの子孫により2000年ごろまではシンボリルドルフやトウカイテイオー等を輩出して大いに栄えたが、その後は縮小し2010年ごろまでにほぼ消滅した。本馬はその後日本で唯一のヘロド系種牡馬となっていたが、2020年にクワイトファインがクラウドファンディングにより新たに種牡馬入りし、同馬と共にこの父系をつなぐ役割を担うことになった。この父系は日本以外でも縮小が激しく、活躍しているのはイギリスのインディアンリッジの後継にほぼ限られる。2015年に主力であったコンプトンプレイスが死亡し、危機的状況に陥っている[4]。, 血統情報:5代血統表|ギンザグリングラス|JBISサーチ(JBIS-Search). •êFƒ_ƒCƒƒIƒ“ƒfƒB[ƒkDaiwa Ondine(JPN)2003 •êFƒ}ƒCƒlƒAƒNƒeƒB[ƒXMeine Aktis(JPN)1998 2018/10/01 : ギンザグリングラス、2世代目の仔が無事に落札 [オータムセール2018 初日] 2019/12/09 : フェイドハードが初勝利。 父のギンザグリングラスは、日本競馬史上はじめての内国産5代目の牡馬勝利種牡馬となる

2012/04/27¶ @ŒI–с@–Ä

ŒZ‚ɃƒWƒƒ}ƒbƒNƒC[ƒ“ŽY‹î‚̉²”n‚ÅÅ‚àŠˆ–ô‚µ‚½ƒzƒNƒgƒXƒ‹ƒ^ƒ“Bƒuƒ‰ƒbƒNƒ^ƒCƒv‚Ƀ_ƒCƒiƒtƒFƒAƒŠ[Aƒ[ƒ[ƒ“ƒJƒoƒŠ[Aƒ^ƒ„ƒXƒƒhƒEAƒ^ƒKƒmƒGƒgƒ[ƒ‹‚ȂǁB.

Ginza Green Grass(JPN) 中央:2019年11月24日現在 地方:2019年11月29日現在 プロフィール.