ブルーバッファロー ドッグフード ライフプロテクション・フォーミュラ 成犬用・(超) 小型犬-体重管理用 チキン&玄米レシピ... [Amazon限定ブランド]はごろも にゃんチュラル キャットフード (国産) バラエティパック まぐろ・かつお・鶏むね肉 ... ウェルネス キャットフード 成猫用(1歳以上) ヘルシーインダルジェンス(穀物不使用) 柔らか味わいグレービー仕立て チキン... カルカン パウチ 成猫用 1歳から 味わいチキン 70g×16袋 (まとめ買い) [キャットフード], カルカン パウチ 12ヵ月までの子ねこ用 お魚ミックス まぐろ・かつお・白身魚入り キャットフード 70g×16袋 (まとめ買い), 日本産 猫用おやつ ねこぴゅーれ 無添加ピュア PureValue5 乳製品select 15本入(5本×3種), 日本産 猫用おやつ ねこぴゅーれ 無添加ピュア 乳酸菌プラス Premium100 トライアルセット 12本入 (4本×3種), 日本産 猫用おやつ ねこぴゅーれ 無添加ピュア PureValue5 バラエティボックス 60本入 (20本×3種), 日本産 猫用おやつ ねこぴゅーれ 無添加ピュア PureValue5 海鮮ミックス (20本入). ガツガツと食べていたので、これからも食べさせてあげたいと思います。 ©Copyright2020 キャットフードの達人.All Rights Reserved. 別の部屋にいた猫もにおいにつられてやってくるほどでした。, 3ヶ月食べ続けた愛猫がとても元気に!(個人ブログより) 真菌が移るのは、免疫力が低下しているからだとかかりつけの獣医さんに言われ、免疫力をアップさせる目的で、こちらのフードを試してみました。 開封した途端、走ってきました(笑)食べ終わったらお水を飲んで、満足そうに顔を洗っていました。, 食い付き良好(Amazonより) 空腹に負けそうになった時しか食べません。 ジャガーはぺろりと食べてしまいごきげんな様子。気に入ったようで、 とっても、食いつきがいいです。匂いが強めなのですが、猫にとっては食欲をそそる匂いのようで 今まで食べさせていた市販のキャットフードをしばらくあげていたのですが あたえる前は週に何回も毛玉を吐いていたのですが、あまり吐かなくなりました。 キャットフードねこはぐを食べるようになって3ヶ月。以前までとは比べ物にならないくらい、うちのネコちゃんは元気になりました! 無添加とは?・・・人口添加物・着色料・保存料・香料などが含まれていないキャットフード。猫のからだに害のない天然由来の酸化防止剤やビタミン・ミネラルは含みます。. 安く購入させていただき助かっています。食い付きがとても良く、好き嫌いのはっきりしている猫も残さずに食べます。うんちの色や形、毛艶も良いです。また、購入したいです。, 毛玉をあまり吐かなくなった(Amazonより) 病気をしやすい子なので、「少しでも良いものを」と、ナチュラルで健康的なフードを探していました。 アレルギーにも配慮されているのが素晴らしいですね。 お通じのトラブルが多かったので、オリゴ糖や食物繊維が入っているのが気に入りました。

安全にも配慮して作られているので、古都ちゃんが大人になるまで 毛並みもツヤツヤ、骨格もとてもよく引き締まっています。, 食いつきも体調も◎(楽天市場より)

無添加のドッグフード・キャットフード正規品通販|Bros.

正規に買うと高価ですが、安価でお試しができるので駄目元でトライしてみる価値はあると思いますよ。 好き嫌いの激しいネコでも食べてくれます。久しぶりに買いましたが、美味しいみたいでよく食べます。毛玉ケアなのも嬉しい。ただ、よく噛まないで食べる子は、吐いてしまう事がたまにあります。 我が家では、ローテーションの1つです。, 「尿路疾患症状が改善」(楽天市場より) 糖質源が低GI食材メインであること、タウリンの含有量が高いこと。 特に栄養バランス、タンパク質:脂肪の比率、低糖質であること、 すると(真菌の塗り薬も使っていたので、フードの力だけではありませんが)6歳♂の真菌がしっかり完治しただけでなく、11ヶ月の子のひどかった目やにも、かなり軽減。 が、そちらのFINEPET’S(ファインペッツ)を食べてから栄養状態がすっごく良くなり、肝臓の数値も正常になり、担当の先生にもすごくほめられています。 ここ最近、「無添加」や「添加物フリー」というようなキャッチコピーのフードが増えてきましたね。, ネットなどでも「食品添加物は危ない、猫にとって有害だ」といった内容のものが、たくさん掲載されています。, 確かに添加物というと怖いイメージがありますし、できれば摂取しないほうがよさそうですよね。, ですが、無添加と記載してあるキャットフードなら、すべて良質なフードなのでしょうか?, また、添加物の入っているフードを与えるのは、愛猫の健康にとって絶対に良くないことなのでしょうか?, 詳しい内容は後半の「編集部が徹底分析!無添加キャットフードのおすすめ5選」に載せているので、ぜひキャットフード選びの参考にしてくださいね。, 添加物に関する正しい知識を身につけて、愛猫との生活をより楽しく、安心して送れるようにしましょう!, つまり、無添加キャットフードは「一部の危険な添加物が使用されていないフード」というわけですね。, 無添加と書いてあれば安全と思っている方も多いのですが、実際には自然のものだけで作られているわけではありません。, 詳しくは後ほど説明しますが、添加物は分類や種類によって安全性が違ってくるので注意が必要です。, 無添加とよく間違われやすい「オーガニック」ですが、添加物の有無をはじめ様々な部分に違いがあります。, 簡単に説明すると、無添加は出来上がったものに加工していないもの、オーガニックは生産過程から加工していないもののことをいいます。, ちょっとややこしいですが、無添加の意味を理解するためには必要なことなので、しっかり覚えておいてくださいね。, このように、無添加とオーガニックは似ても似つかない言葉であり、混同して考えてはいけないものです。, 2つを比べるとオーガニックのほうが良いように思えますが、当然オーガニックのキャットフードは価格が高め。, 生産や流通にかかるコストが高いので、そのぶんキャットフードの価格も上がってしまうのです。, キャットフードは愛猫が毎日食べるごはんですから、安全で、かつ続けやすい価格のものを選ぶのがベストです。, もし余裕があればオーガニックフードを試してみるのも良いですが、家計を圧迫するようであれば選ぶべきではありません。, 愛猫が病気になった時でも問題なく治療費が出せるように、キャットフードは無理のない価格のものを選びましょう。, 「添加物入りのキャットフード」と聞いて、なんとなく悪い印象を持っている方も多いかもしれません。, 確かに、添加物による健康被害は色々と問題になりますし、「粗悪なフード=添加物」のイメージもありますよね。, ですが実は、添加物と名前が付くものでも、猫にとって無害・あるいは健康維持に役立つようなものもあるんです。, 添加物の正しい役割と効果をよく知って、愛猫にとって本当によいキャットフード選びに役立てましょう。, キャットフードに含まれる添加物というと、どうしても人工的に作られた化学物質を想像しますよね。, ですが、ひとくちに添加物といっても種類はたくさんあるので、添加物なら全部が有害というわけではないんですよ!, 文字だけではよくわからないと思うので、添加物の分類と主な種類について1つの表にまとめてみました。, このうち一般的に「猫の健康に良くない」といわれているのは、「品質保持に関わる添加物」の合成添加物ですね。, 添加物はフードの品質を保持するために欠かせないものですが、やはり人工的に作られた物質には不安があるもの。, ガンや肝機能障害など大きな病気になるリスクは0ではないので、日常的な摂取はおすすめできません。, なお、プレミアムフードと呼ばれる高品質なキャットフードのほとんどは、天然の添加物を使用しています。, 合成添加物にくらべると効果は下がりますが、安全面・安心感では圧倒的に天然添加物のほうが高いですからね。, 保存方法や賞味期限さえ管理できるのであれば、キャットフードは天然の添加物を使用しているものがベスト。, 添加物は分類によって安全性が違うので、「添加物=体によくない!」と決めつけないようにしましょう。, 合成・天然、どちらの添加物にも共通するメリットといえば、ずばり「保存性の向上」です。, 添加物にはフードの酸化を防いだり、風味を良くすることで猫の食いつきを高めるという、重要な役目があります。, 酸化した脂肪は過酸化脂質という老化を早める物質になるため、フードの酸化はできるだけ防がなければいけません。, 脂肪分を多く含むキャットフードはただでさえ酸化しやすいので、フードの劣化を抑えるには酸化防止剤が不可欠。, 悪いイメージを持たれがちな添加物ですが、なかには大切な愛猫の健康を維持するために必要なものもあるんですよ。, 食品添加物にはそれぞれ役割や効果があるので、やみくもに怖がらないようにしてくださいね。, なお、添加物不使用のフードの場合でも、保存状態によっては愛猫が体調を崩してしまう可能性があります。, 添加物が入っていないぶん安全性は高いはずなのに、どうしてそんなトラブルが起こってしまうのでしょうか?, 添加物を含まないキャットフードというのは、酸化防止剤や保存料なども一切使用していないということです。, つまり、「添加物を含むキャットフードに比べると、圧倒的に劣化するのが早い」というわけですね。, 特に缶詰などのウェットフードは細菌繁殖のスピードが早いので、遅くとも次の日には食べきらなければいけません。, 冷蔵庫に入れるのは当然で、できるだけ空気に触れないようにラップやジップロックに入れる必要もあります。, また、保存料が入っていないぶん保存期間が短く、フードの風味も落ちやすいというデメリットもあります。, 天然の添加物すら含まれていないのであれば、梅雨時は開封後1週間も経たないうちにカビが生えてしまう可能性も。, 劣化したキャットフードは嘔吐や下痢の原因になりますし、重症化すると内臓機能の障害を引き起こしかねません。, つまり、まったく添加物を含まないキャットフードの扱いは、かなりの注意が必要ということなんですね。, とはいえ、着色料や香料、酸化防止剤などの合成添加物は、本来であれば愛猫に摂取させる必要のない物質です。, 自然界に存在しない物質を摂取し続けていれば、いつ・どんなトラブルが起こったとしても不思議ではありません。, 愛猫がいつまでも健康で元気に過ごせるよう、添加物には天然のものが使用されているフードを選びましょう。, 愛猫が穀物にアレルギーを持っていない場合は、グルテンフリー・グレインフリーフードを選ぶ必要はありません。, なぜなら穀物には老化を抑える抗酸化成分が豊富に含まれていますし、きちんと加熱されていれば安全性も高いからです。, 穀物が使用されているからといって必ずしも悪いフードというわけではないので、それは覚えておきましょう。, コーングルテンなどの穀物は良質なタンパク質が豊富で、かつリンの含有量が少ないという特徴があります。, ミネラルの1つであるリンは代謝の過程で老廃物を産生するのですが、老廃物の排出機能が衰えた猫には大きな負担が…。, リンは肉類に多く含まれているので、今までと同じキャットフードを与えていると腎臓病が悪化してしまいます。, 実際、腎臓の療法食には穀物が多く使われており、リンを制限しなければいけない猫にとって優れた栄養素になるのです。, なお、きちんと処理された穀物は消化性に優れており、穀物の消化が苦手な猫にも負担がかかりません。, 穀物が入っていても良質なキャットフードはいくつもあるので、フード選びの候補から外さないでくださいね。, きちんと処理された穀物は優れた栄養素になりますが、アレルギー体質の猫ちゃんは念のため避けておくのも1つの手。, 食物アレルギーはある日突然発症することがあるので、不安な場合はグレインフリーのフードを選ぶようにしましょう。, グレインフリーのフードは一般的に原材料にこだわって作られていますし、粗悪な添加物が使われている確率も低いといえます。, 原材料や成分表の確認は必ず必要ですが、愛猫の健康を害するほど悪いグレインフリーフードはほとんどありませんね。, ちなみに…あまり知られていませんが、穀物にアレルギーを持つ猫の割合はそれほど多くありません。, このグラフを見てもわかる通り、小麦などの穀物よりも肉や魚などにアレルギーを持つ猫のほうが多いのですね。, とはいえ、こうした結果はあくまで統計的なものなので、必ずしも愛猫が穀物に反応しないというわけではありません。, もし愛猫が他の食材にアレルギーがあるような場合には、念のためグレインフリーフードを選んでおくのが無難です。, 上でもご紹介しましたが、キャットフードに含まれる添加物にはいくつかの分類があります。, ここでは、そんな添加物の分類のうち「品質保持に関わる添加物」の主な種類と名称、危険性について説明します。, 人工添加物だけをピックアップしたので、ぜひ手持ちのフードの成分表と照らし合わせてみてください。, 酸化とは「食べ物に含まれるタンパク質や脂質などが空気中の酸素と結合し、品質が悪くなる」こと。, 猫は人間の6倍以上のタンパク質を必要とするので、酸化スピードもそのぶん早いといえます。, 微生物や細菌は水分が多い食品に多く発生するので、ドライフードに使われることはあまりありません。, キャットフードでは、主に缶詰やパウチなどのウェットフードに含まれていることが多いでしょう。, フードに色を付けることで、もとの状態よりも美味しそうな見た目に調整する添加物です。, キャットフードの原料は時期や製造過程において色合いが変わるので、見た目を安定させるために使用されます。, 使われる色素はすべて食品添加物として許可されているもので、色によって様々な種類があります。, 香料には合成香料と天然香料の2種類がありますが、どちらも表記では「香料」とだけ記載されています。, そのため、キャットフードのパッケージを見る限りでは、どちらの香料が使われているのかを知ることはできません。, 粘り気やなめらかな食感を出すための添加物で、主にウェットフードに使用されています。, なお、液体をゼリー状に固めることができるので、油脂と水分の分離を抑える効果もあります。, 液体と固体をうまく混ぜ合わせるために必要な添加物で、主にウェットフードに使用されます。, 物質の性質を変える作用があるので、水と油のように通常では混ざりにくい物質でも均一に混ぜることができます。, 香料と同じく、食品添加物として許可されているものであれば、種類すべてを表示する必要はありません。, お待たせしました、ここからは「おすすめの無添加キャットフード」を5つご紹介します!, ピックアップしたのは、危険な合成添加物が使われていないフードのうち、栄養バランスや猫の嗜好性が特に高いもの。, ファインペッツ以外はグレインフリーなので、穀物にアレルギーのある猫ちゃんにも安心して与えられますよ。, 編集部の評価が高いキャットフードから順番に紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。, ロニーキャットフードは、原料・栄養バランス・食いつき、どれをとってもトップクラスのフードです。, 2018年7月に発売されたばかりとあって、従来のフードで不十分だったミネラルや脂肪酸の比率もバッチリ!, 天然の防腐剤であるハーブをいくつも配合しているので、開封後しばらく経っても風味が落ちづらいですよ。, 猫が自然界で口にする可能性のある食材だけを使用している点も、評価が高いポイントです。, ファインペッツは「ペットの長生き」をコンセプトに掲げる、日本のペットフード会社が開発したフードです。, メイン食材にはアレルギー性の低いアヒルとニシンを使用しており、猫の消化吸収率は87%と超高率!, 少量でも十分な栄養が摂取できるので、たくさんのエネルギー量が必要な子猫や食の細い猫ちゃんにぴったりです。, 中国製や残留農薬の可能性がある食材もいっさい使用されていないので、安心して与えることができますね。, カナガンはイギリスで開発されたキャットフードで、タンパク質と脂質の割合が多いという特徴があります。, メイン食材であるチキンはストレスのない環境で飼育されたもので、抗生物質やホルモン剤などはいっさい不使用。, ビタミンやミネラルはすべてペット用に生産されたものを使用しているので、栄養添加物の品質も安心ですね。, なお、猫の食いつきをよくする目的には、鶏の自然な香りがぎゅっと詰まったチキングレイビーを使っています。, カナガンの販売会社が日本の猫ちゃん向けに開発したフードということもあり、安全性は問題ありません。, フードの劣化防止に役立つハーブやビタミン豊富な果物を配合するなど、栄養バランスもしっかり考えられています。, プレミアムキャットフードには珍しくタンパク質・脂質が控えめなので、高齢猫ちゃんにもおすすめです。, フード業界で圧倒的な知名度を誇るオリジンは、野生で暮らす猫の食事にかなり近いキャットフードです。, 獲物をまるごと食べる猫の食性に合わせて、臓器や軟骨など食材の一部を取り除くことなく配合しているのです。, 栄養添加物であるミネラルやビタミンが添加されていないのは、それだけフードの栄養価が高いということ。, 自社キッチンのみで製造を行うなど、フード作りへの熱い姿勢が多くの飼い主さんに評価されています。, キャットフードの手帖をご覧いただき、ありがとうございます。大変ありがたいことに、当サイトを通じて猫ちゃんのフードのご相談・お問い合わせを沢山頂戴しております。, お一人おひとりのお悩みについて、編集部内でもしっかり検討し、お返事を差し上げております。, そのためご連絡差し上げるまでお待たせしてしまうことがございますが、ご理解いただけると幸いです。.