東京オリンピックのチケットの2次抽選の申し込みは、11月13日(水)の未明から11月26日(火)の午前11時59分まで, 私が5月の1次抽選のときに、申し込み開始当日の午前2時台に東京オリンピックのサイトをチェックしたときは、もう見られたと記憶しています。, 真ん中のランクの席に申し込む、なるべく平日昼間の試合に申し込む、席数が多い競技に申し込むというのは参考になりそうです。, 東京オリンピックの公式サイトでは、チケットの1次抽選の結果を踏まえ、2次抽選で比較的多くチケットが販売され、倍率が低い、当選確率の高いと思われる競技・種目も公表, ラグビーワールドカップで大活躍した日本代表の福岡堅樹選手も東京オリンピックで7人制ラグビーへの出場意向, 4万8000人と収容人数の多い東京スタジアムなので、先ほどの当選確率の高い条件にも当てはまります, 2次抽選で倍率の低い、当選確率が高そうな競技・種目は、水泳(飛び込み)、水泳(水球)、ソフトボール、バスケットボール、サッカー、ハンドボール、ラグビー、ビーチバレーボールの予選など、メダリストが決まる試合以外の試合, 過去大会で日本人がメダルを獲得している競技や、人気の高い競技を中心に、決勝セッションの申込は多かった。, 席数が多い会場での競技や予選のセッション数が多い競技は 比較的、申込が分散する傾向があった。. Copyright© 今日の気になる! 東京オリンピックの抽選発表がありました。意外と多くの人が落選して、当選が少なかったのが現実でしたね。, 開会式も含めて全ての競技も当選して50万円以上を一括払いしなければならないと悩む人もいましたね。, 2020東京オリンピックのチケット価格表(A席高い順)をご覧になれば分かると思います。, よく観察すると人気度や採算を計算して、過去のデーターから価格を決定しているのが良わかります。, これは全世界の選手が集まり、主要各国の要人多く参加する経費も莫大にかかる大イベントだからですね。, アトラクションも凄いく見どころ満載で競技には関心なくても、開会式だけは参加したい、一生の思い出として参加したい人が大勢いるから価格が高騰して、競争率が一番高くなり当選確率が低くなることがよく表れています。, 日本人に人気の水泳や柔道などは人気が高く競争率が高くなり、当選確率は低くなりそうですね。, 会館内で行うバスケット・体操・卓球・バトミントン・バスケット競技なども会場の収容人数が少ないので、高倍率になることも予想され、やはり当選確率も低くなりますね。, そんな競合ひしめいて競争率が高いチケットを当選確率よくして、入手できる方法はあるのでしょうか?, 他には価格が安い競技に興味がなくても、実際に観戦したら面白かったということもあるかもしれませんので、あえて興味がない安い競技に申し込みするのも手ですね。, 申し込み枚数の数枚は人気がなく安く当選率が高いであろう競技に保険として、申し込みしましょう。, あくまでも推測ですが、一般で申し込みするより、「みんなで応援チケット」の方が当選確率が高くなる場合もあると思います。, もし仮に「みんなで応援チケット」の激安価格1人2020円で大半が参加したら、オリンピック開催側が赤字になってしまいます。, 競技によっては「応援チケット」で申し込む方が、当選確率が低くなる場合もあるかもしれません。, ※但し、高額チケットも「みんなで応援チケット」で申し込みしておきましょう。(当選確率は平等なので), これも、大都会東京にオリンピックが集中していますので、外国から来た観光客などはわざわざ遠くまで運賃かけて観戦しに来る確率が少なくなるからです。, また、サッカーなどは予選が全国各地主要都市で行われるので、穴場のように思いますが人気競技で世界各国の熱烈なファンがいますので意外に競争率が高くなると思われます。, 1ID(個人)で1セッション第1希望と第2希望の合計申込枚数は最大60枚となります。当選枚数は最大30枚にもなります。, チケット申し込みで抽選で当選した場合、その中から好きなチケットを購入するという選択ができません。, それを忘れて、ただやみくもに申し込みして、当選した金額が高額になって支払いがえきなければ全てキャンセルしなければならなくなるかもしれません。, なお複数のセッションに当選された場合のチケット代金は、当選分の全額を一括で支払いただきますので、一部のみの支払はできません。, 現金決済(コンビニエンストア)は、7月4日(木) までにコンビニエンストアにて支払が必要になりますのでご注意ください。, けれども、どうしても1回はオリンピック競技を生で見たのであれば、興味がなくても一番安い競技から抽選申し込みするのが賢明かもしれまんね。.

ここでは2次抽選(再抽選)の申し込みはいつからいつまでなのか、2次抽選の対象となる競技や当選確率を上げるポイントをご紹介し、競争倍率の低い、当選確率の高そうな種目を予想します。, 来年の東京オリンピックの #観戦チケット の2回目の抽せん販売は、申し込みが11月13日から始まることになりました。おすすめの競技を詳しくお伝えします。, ニュースの詳細はこちらhttps://t.co/9zrkwFD6NJ#nhk #ニュースウオッチ9 pic.twitter.com/wy1pVCN6YI, 東京オリンピックのチケットの2次抽選の申し込みはいつからいつまで行われるのでしょうか?, 1次抽選のとき、ネットで申し込みを長く待たされた方はぜひチェックしておきたいですよね。, 東京オリンピックのチケットの2次抽選の申し込みは、11月13日(水)の未明から11月26日(火)の午前11時59分まで行われます。, ちなみに、私が5月の1次抽選のときに、申し込み開始当日の午前2時台に東京オリンピックのサイトをチェックしたときは、もう見られたと記憶しています。, 「0時」と明言してしまうと、1次抽選のときのようにアクセスが集中してしまうので、あえて「未明」と濁しているのかもしれませんね。, 次に気になるのは、東京オリンピックのチケットの2次抽選の対象の競技や種目ですよね。, 1次抽選で人気が集中した競技や種目も多いでしょうし、どんな競技や種目が2次抽選で申し込めるのでしょうか?, 現在、東京オリンピックの公式サイトで発表されている2次抽選の対象競技・種目は以下の通りです。, 東京オリンピックの公式サイトでは、1次抽選の申し込みの傾向を以下のように発表しています。, 「そりゃそうだろ!」と言いたくなることばかりですが、1次抽選で全滅した私は、日本人がメダルを取りそうな人気種目の決勝ばかりに申し込んでいたので、落選して当然と言えば当然だったわけです。, 今度こそ当選確率を上げるためには、上の傾向を踏まえて、2次抽選では反対のことをすればいいわけですよね!, 日本人のメダル獲得が期待される競技や人気種目、決勝は避けて申し込むって、テンション下がりますよねぇ…, でも、それは置いといて(置いといたら落選しそうですが汗)真ん中のランクの席に申し込む、なるべく平日昼間の試合に申し込む、席数が多い競技に申し込むというのは参考になりそうです。, 人気種目の決勝を見られるに越したことはないですが、せっかくの日本での開催のオリンピックなのに、全く現地で観戦できなかったというのも悲しいので、決勝以外で妥協して、オリンピックを生で見るということに重きを置くというのもひとつの選択かもしれませんね。, 東京オリンピックの公式サイトでは、チケットの1次抽選の結果を踏まえ、2次抽選で比較的多くチケットが販売され、倍率が低い、当選確率の高いと思われる競技・種目も公表しています。, 2次抽選でチケットが多く発売され、倍率が低い、当選確率の高いと予想されると発表されている競技・種目は以下です。, ラグビーワールドカップで大活躍した日本代表の福岡堅樹選手も東京オリンピックで7人制ラグビーへの出場意向だと言われていますよね!, 報道でも2次抽選の穴場・狙い目はラグビーではないかと言われていますが、その理由を次にご説明します。, え、、すき、、#福岡堅樹 選手 pic.twitter.com/u1AltRnbrd, — ゆっちゃん (@yuukabayoRugby) November 4, 2019, ラグビー日本代表の福岡堅樹選手も出場意向という東京オリンピックの7人制ラグビーですが、なぜ2次抽選で当選確率の高い狙い目だと言われているのでしょうか?, まず、7人制ラグビーは男女とも参加12チームで1セッション(1枚のチケットで見られる試合)は6試合なので、1次リーグ(予選)なら確実に日本を応援できると言うのです!, 予選を申し込むのをためらうのは、日本チームや日本人選手が出るかどうか分からないからですよね。, また、ラグビーの試合会場は4万8000人と収容人数の多い東京スタジアムなので、先ほどの当選確率の高い条件にも当てはまりますよね!, そして、7人制ラグビーの1次リーグ(予選)は男子が7月27日(月)28日(火)、女子は7月30日(木)31日(金)でいずれも平日。, 東京オリンピックのチケットの2次抽選(再抽選)の申し込みはいつからいつまでなのか、2次抽選の対象となる競技や、当選確率を上げるポイントをご紹介し、競争倍率の低い、当選確率の高そうな種目を予想しました。, 東京オリンピックのチケットの2次抽選(再抽選)の申し込みは、11月13日(水)の未明から11月26日(火)の午前11時59分までです。, 2次抽選の対象種目・競技はとても多いので、「【東京オリンピック】チケットの2次抽選の対象の競技・種目は?」の欄をご覧ください。, これを踏まえると、2次抽選で倍率の低い、当選確率が高そうな競技・種目は、水泳(飛び込み)、水泳(水球)、ソフトボール、バスケットボール、サッカー、ハンドボール、ラグビー、ビーチバレーボールの予選など、メダリストが決まる試合以外の試合となります。, ※東京オリンピックの公式サイトや報道を元に記事を作成しておりますが、正確な情報は公式サイトでご確認ください。.