いずれの項目も、テレビの画質や機能を左右する重要なポイントです。, ちなみに、HDR対応のテレビを購入したとしても、基本的には映像コンテンツもHDRに対応していないと意味がありません。 これだけサイズがあれば、メインとセカンドテレビのブランドを統一するのもカンタン。 「設定や設置もカンタンにできた」など、クチコミでは扱いやすさも評価されています。, 「49Z720X」はレグザのハイエンドモデルで、さまざまな機能を搭載したテレビです。, 映像の種類を自動的に判別して処理をほどこす「4KビューティX PRO」や、地デジをより精細な映像にする「地デジビューティX PRO」など、非常に高度な映像処理が可能です。, とくにチューナー数とレグザならではの録画機能が優秀で、「BS4K・110度CS4K」チューナーを搭載しているだけでなく、地上デジタルチューナーはなんと9つ搭載。 など、高価なモデルながら値段以上の満足度を得ているユーザーが目立つ優秀モデルです。, 予算は気にせず、大画面でコントラスト表現力に長けた有機ELテレビをお探しの方におすすめです。, パナソニックの「TH-43FX500」は、IPSパネルを採用した視野角の広い4Kテレビです。

国内メーカーの4Kテレビで、お手頃価格のモデルをお探しの方におすすめです。, 東芝の主力シリーズは「REGZA(レグザ)」です。 プライム会員なら、『Amazon Music Unlimited』が断然おすすめ!

d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))})

液晶テレビについては以下の記事でもくわしく解説していますので、あわせて参考にしてください。, 従来の液晶テレビの欠点は、光を照らすバックライトが必要なこと、さらにその構造から完全なる黒が表現できないことでした。 また機能も豊富とはいえませんが、VODサービスは11種類あり画面分割機能も採用するなど必要十分。, 「かなり高い位置に設置しましたが、画角が広いように感じます。私的には良い買い物をしたと思います。」 薄型化と大画面化が続いている「液晶テレビ」。新4k8k衛星放送のスタートや4k画質の動画配信やゲーム、uhd bdの登場もあり、4kテレビの普及も急速に進んでいます。そこで今回は、液晶テレビのおすすめモデルをご紹介。

(window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink"); 有機ELテレビのパイオニアメーカーなだけあって、クチコミでも画質面は高く評価されています。

通常の画質をハイコントラストなHDR画質へとアップコンバートできる「HDR効果」を搭載したモデルもあり、より美しい映像表現を実現しています。, 音響面でも評価が高く、映画館でも使われるDolby Atmosに対応。

斜めの角度から観ても色味が変化しづらく、視聴位置を気にすることなく設置可能。, 倍速駆動パネルではありあせんが、「画像のキレもよく、残像も感じない」というクチコミからも残像感は抑えられている模様です。

これは、4K映像本来の色を忠実に描き出すための高画質技術で、高精細な画質がウリとなっています。, また10〜85V型までのラインナップが揃い、サイズ展開が豊富なことも特長です。 サウンドバーなどの外付けスピーカーが必要です。, 4Kの高画質に対して音質がチープさが際立ってしまう為か、他のレビューでも外付けのスピーカーをおすすめする声が多く、内蔵スピーカーの質ではユーザーを満足させられていないようです。, オリオンテレビでインターネット利用ができることを明記しているのは、RDシリーズのみ(XDシリーズは公式の情報が少ないため断言できませんが、おそらく可能)となっております。LAN端子がついているので、PCでインターネットを利用しているのであれば「有線LANルーター」などを使ってPCと同時にインターネットを利用することができるでしょう。インターネット環境がない場合、プロバイダーとの契約が必要になります。, RDシリーズ以外では、外部機器との接続によって映像をHDMI端子でテレビ画面に出力し表示させる方法が利用されることがあるようです。ただし以下の記事は公式による情報ではなく、動作を保証するものではありませんのでご了承ください。, 「Fire TV Stick」というデバイスをHDMIでテレビと接続することで、Youtubeを始め、Prime Video、YouTube、Hulu、Netflix、AbemaTV、DAZN、dTVなど、有名なVODサービスの中から選んで利用することができます。ただし、各サービスで有料コンテンツの視聴には契約をする必要があります。, もう一つ有名なのは「Chromecast」というミラーリングのデバイスがあり、HDMI端子でテレビと接続し、スマートフォンで専用アプリをダウンロードして、テレビに表示させる方法になります。ただし、Youtubeを視聴したい場合には専用アプリだけではなくYoutubeアプリもスマートフォンにダウンロードされている必要があります。, Wi-Fi環境がない場合、PS4、PS3、Wii U、Xbox 360、Xbox Oneなどの各種ゲーム機と接続する方法や、スマートフォンやPCをHDMIでダイレクトに繋ぐ(ミラーリング)などの方法があります。それぞれ自分のニーズと照らし合わせて選択すると良いでしょう。詳細な方法については、お手持ちの各機器の取扱説明書等で確認してください。, 低価格で高品質を実現するテレビのメーカーは、オリオンの他にも「maxzen」「ハイセンス」「TLC」などが存在します。オリオンと同様に、同じメーカーでも製品のシリーズが変われば特長は大きく異なる為、テレビ選びの際にはメーカー名だけで判断せず、それぞれの製品の強みを吟味することが重要です。ここでは、代表的なメーカーの製品を一つずつ取り上げて紹介致します。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51aMbLsJl0L.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B074GVP5JZ?psc=1&SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=ranking-oh-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B074GVP5JZ"},{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000003?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fa-price%2F4571495430192%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fa-price%2F4571495430192%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3455710&pid=885779998&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Faprice%2F4571495430192.html"}], [{"key":"メーカー","value":"maxzen(マクスゼン)"},{"key":"商品名","value":"J32SK03"},{"key":"画面サイズ","value":"32V"},{"key":"画素数","value":"1366×768"},{"key":"録画機能","value":"外付けHDD"},{"key":"寸法/サイズ","value":"733.4×515×188.2mm"},{"key":"重量","value":"約6.3kg"},{"key":"省エネ性能(★~★★★★★)","value":"★★☆☆☆"}], maxzenは日本の家電メーカーで、「本当に必要なものだけを備え、不必要なものは取り払う」方針で製品を作っているようです。, 上記の製品のレビューではオリオン同様に低価格で画質や音質の良さ、また重量感やサイズ感もコンパクトで設置が簡単、また1000日の保証付きに好印象をもつユーザーが多いです。一方で短期間での故障などの耐久性への不満やサポートの対応があまり良くないようなレビューも散見されます。, チューナーは地上デジタル放送とBS/110度CSデジタル放送のチューナーがシングルの為、裏録画はできません。そのため、オリオンのRNシリーズよりもさらに限定的な用途、例えば「ゲームだけできればOK」「見れれば良し」とする方に対して、これ以上の低価格の良品はないように思います。, maxzenでは、他にも4K対応のシリーズがありますので、参考にしてみてください。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/411cZySFc6L.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07QGYPCV9?psc=1&SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=ranking-oh-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B07QGYPCV9"},{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000003?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fjism%2F4580341983508-31-739-n%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fjism%2F4580341983508-31-739-n%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3455710&pid=885779998&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fjoshin%2F4580341983508-31-739.html"}], [{"key":"メーカー","value":"Hisense(ハイセンス)"},{"key":"商品名","value":"32E50"},{"key":"画面サイズ","value":"32V"},{"key":"画素数","value":"1366×768"},{"key":"録画機能","value":"外付けHDD"},{"key":"寸法/サイズ","value":"73.4×48.9×19.3 cm ※据え置きスタンド含む"},{"key":"重量","value":"約6.7kg"},{"key":"省エネ性能(★~★★★★★)","value":"★★★☆☆"}], 中国の大型メーカーです。製品のシリーズが豊富で、テレビでは、ハイビジョン、フルハイビジョン、4K、UHD(8K)と超高解像度まで扱っており、画面の種類も液晶LED、有機EL(OLED)、ULEDなどバリエーション豊富です。, 上記製品については、視野角が広いIPSを採用していること、wi-fiが対応していて無線でインターネット動画を視聴できることなどを評価して購入を決めたユーザーが多いようです。音質については若干低評価も見られますが画質については概ね好評のようです。ただ、個体差なのか「Youtubeにつながらない」などの初期不良や製品梱包、メーカーの対応に対する低評価レビューがいくつか見られます。, オリオンテレビのRN~WDシリーズと比較してみると、複数人で視聴したり、インターネット動画を楽しんだりと、用途の可能性を広げて行きたい場合には、ハイセンスの上記のような商品もおすすめできるでしょう。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51RuGI3FegL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07HF3MJ3M?psc=1&SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=ranking-oh-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B07HF3MJ3M"},{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000003?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fjism%2F4580341983508-31-739-n%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fjism%2F4580341983508-31-739-n%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3455710&pid=885779998&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fjoshin%2F4580341983508-31-739.html"}], [{"key":"メーカー","value":"TCL"},{"key":"商品名","value":"55C601U"},{"key":"画面サイズ","value":"55V"},{"key":"画素数","value":"3840×2160"},{"key":"録画機能","value":"外付けHDD"},{"key":"寸法/サイズ","value":"1254×796×318mm ※据え置きスタンド含む"},{"key":"重量","value":"約19kg"},{"key":"省エネ性能(★~★★★★★)","value":"★★★★☆"}], 中国の総合家電メーカーで、世界中で生産・販売されています。テレビでは4K対応のモデルが多く、格安4Kの代表的なメーカーとして世界中で評価されているようです。, 上記製品は4Kで、画質、音質の高評価に加え、HDRに対応していることや、HDMIが3ポート4K出力可能な点など機能的な高評価も多数有ります。ただし、TCLもちらほらと初期不良やメーカー対応に対する低評価が存在します。, オリオンテレビと比べてみて、音質の面を重要に考えるなら外付けスピーカーが推奨されているRDよりもJBLのサウンドバー搭載の上記製品がおすすめですが、4Kチューナーはついていないので、新4K衛星放送の視聴を楽しみたい方にはオリオンのXDという選択もありますね。, 「オリオンテレビについて、メーカーの概要、製品の各シリーズの特徴、口コミ・レビュー・評価、インターネットの利用方法や他社製品との比較をまとめました。」, オリオンテレビは、裏録画などの基本的な録画機能、色や明るさなどの映像の調整、音の調整といった基本的な視聴機能をベースに、各シリーズごとに「細かくユーザー好みの設定ができる」「残像感の低減」などの個性・強みを持っています。一方で全般的に視野角が狭く、またシリーズごとに「耐久性が弱い」「音質が弱い」などの弱点を持っています。, 競合他社はサポート面において低評価な傾向があるようですが、各メーカー・各製品ごとに「不必要な機能がなく視聴・録画に特化している」「視野角が広い」など、オリオン製品にはない利点・欠点を持っている製品もあります。, 評価としては、オリオンテレビはRN~WDシリーズまでは個室や寝室などで一人で録画・視聴される方には各シリーズの良さが生かされ、また画質・音質ともに必要にして充分と考えられ、おすすめです。より高画質を求めたり、複数人で視聴を楽しむ場合にはRD・XDシリーズがおすすめされるでしょう。, ただし、コストパフォーマンスを軸にした中での「高品質」ですので、当然大手メーカーの高級テレビの品質に劣る面があります。画質や音質、便利機能などをとことん追求したい方には、オリオンに限らず、低価格帯のどのメーカーの製品もおすすめできません。価格と質・機能の折り合いの中で、ちょうど良いところに落ち着けたら幸いです。.

概要.

有機ELテレビについては以下の記事でもくわしく解説していますので、あわせて参考にしてください。, ラインアップが豊富で自分にあったモデルを見つけやすい「液晶テレビ」か、コントラストの表現力に優れる「有機ELテレビ」か。 先ほど解説した通り、液晶テレビの中から選ぶ場合は「LEDバックライトの配置」は要チェック。, そのほか、液晶テレビか有機ELテレビかを問わず確認しておくべきポイントは以下の6つ。 「価格に見合うだけの高画質」

b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript 部屋全体を包み込むような、臨場感のある音が特長です。, 売れ筋ジャンルは4K液晶テレビと有機ELテレビで、国内メーカーが販売するモデルと比べても映像面では引けを取らず、高いコストパフォーマンスを発揮しています。

オリオンテレビの特徴や評価について紹介致します。近年、低価格帯のテレビメーカーが台頭し、高品質でも安く購入できるようになりました。オリオンはその中の代表的なテレビメーカーで、この記事ではスペックやレビューなどを整理した上で、テレビ選びの参考になるよう評価しています。

b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript また、恋愛ドラマやアニメなどのジャンル別番組をおまかせで録画できる「みるコレ」機能も搭載。 自分にあった一台を見つけるためにも、以下で簡単に解説していきます。, 液晶テレビはもっともポピュラーなタイプで、各メーカーがバラエティに富んだモデルを販売しています。

さらに倍速駆動パネルを搭載しており、動きの速い映像でもくっきりとしたなめらかな映像を出力可能。, 音響面ではバスレフ型スピーカーを採用し、テレビでは出しにくい低音もしっかりと出力。 左右に14基搭載されたスピーカーの最大出力はなんと80W。, 「画像が美しすぎて引きこもりになりそう」 さらにハリウッドなどの映画・映像業界が定めた国際認証「ULTRA HD PREMIUM」を取得しており、より高精細・高コントラストな映像を楽しめます。, また、音質面では有名オーディオメーカーであるTechnicsがチューニングを施しており、別売りのスピーカーを用意しなくても臨場感のある音響を楽しめます。 そのため、画質が良いことは当然として扱いやすいテレビを探している方におすすめのメーカーです。, 「TH-77EZ1000」は、ビエラのなかでもとくに高性能なハイエンドモデルです。, 有機ELパネルの明暗表現に加えて、ビエラ独自の高画質エンジン「ヘキサクロマドライブ プラス」により、さらに多彩な階調を表現することが可能です。

(function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; さらに地デジ・CS・BSともに3基のチューナーを搭載しており、レグザらしく録画機能が充実しています。, お手頃価格で、録画機能が充実したフルHD液晶テレビをお探しの方におすすめです。