「あまえる」使いのフェアリーポケモン エンペルト. この記事では対戦記録の取り方と私がGOバトルリーグの対戦記録を取ることで感じたメリットを解説します。, このくさむすびクレセリアは、ラグラージが多いハイパーリーグ環境が最も活躍すると予想, 【ポケモンGO】ハイパーリーグはプレミアカップが面白い!プレミアに移行した理由と使用パーティーを紹介します【GOバトルリーグ】, 【ポケモンGO】「ビッグ4」無き世界…プレミアカップ(ハイパーリーグ)はフシギバナに注目せよ!【GOバトルリーグ】, 【ポケモンGO】スーパーリーグで大活躍!ガラルマッギョの強さとは?【GOバトルリーグ】, 【GOバトルリーグ】どのポケモンを使えばいいの?初心者から中級者向けの各リーグ帯での傾向と対策!(シーズン1), 「アバターが違います(39)」って出てユニクロTシャツが着れない・・・解決方法は?, 【ポケモンGO】ギラティナ(アナザー)をハイパーリーグで使うとき個体値厳選は必要?についての個人的な見解【GOバトルリーグ】, 【ポケモンGO】最近イベント多すぎて消化できない!ポケモンGO冬の時代を思うとそれは贅沢な悩みです, 【ポケモンGO】不正していないのに「ストライク1」の警告を受けたトレーナーが多数⁉原因は?対策はあるの?.

©Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc. リーダーボードで世界1位になったプレーヤーによる「チート行為」の発覚がメンテナンスの発端となりまし... 【ポケモンGO】ハイパーリーグはプレミアカップが面白い!プレミアに移行した理由と使用パーティーを紹介します【GOバトルリーグ】, 【ポケモンGO】「ビッグ4」無き世界…プレミアカップ(ハイパーリーグ)はフシギバナに注目せよ!【GOバトルリーグ】, 【ポケモンGO】スーパーリーグで大活躍!ガラルマッギョの強さとは?【GOバトルリーグ】, 【GOバトルリーグ】どのポケモンを使えばいいの?初心者から中級者向けの各リーグ帯での傾向と対策!(シーズン1), 「アバターが違います(39)」って出てユニクロTシャツが着れない・・・解決方法は?, 【ポケモンGO】最近イベント多すぎて消化できない!ポケモンGO冬の時代を思うとそれは贅沢な悩みです, 【ポケモンGO】不正していないのに「ストライク1」の警告を受けたトレーナーが多数⁉原因は?対策はあるの?. ポケモンGOのハイパーリーグのおすすめパーティの技構成やおすすめの立ち回り・使い方についてまとめています。おすすめパーティを随時更新していますので、ハイパーリーグのパーティを作る際の参考にしてください。, 耐久性能が高く、多くのポケモンに対応できるギラティナ(アナザーフォルム)を先頭に配置している。ギラティナの弱点をカバーするためにレジスチルをいれることで、こおりやドラゴン、フェアリータイプの弱点を補っている。, ギラティナが不利なアローラベトベトン対策として、じしんを覚えたラグラージを採用。ラグラージは汎用性が高く、みず・くさ・ドラゴンタイプの相手以外に対しては等倍以上のダメージを与えられるハイドロカノンも強力だ。, 初手には幅広く見れ、明確な出し負けが少ないギラティナを配置。カビゴンやタチフサグマと対面してもいい勝負ができ、ミラー対面でも有利になる「りゅうのいぶき」を通常技に採用。ギラティナと初手から対面した場合は、2発目までのドラゴンクローをメルメタルで交代受けを狙っていく。, ギラティナと相性補完のいい鋼タイプにはメルメタルを採用。レジスチルよりも耐久は劣るものの、わざ範囲の広さからどんなポケモンでも腐りにくいのが特徴。例えばレジスチルだと起点にされてしまうリザードンにも雪崩で攻めることができる。, フェアリータイプやこおりタイプなど、ギラティナが不利となるポケモンに対しては即ラグラージに交代して対応。ラグラージもメルメタルと同様に基本的にどんな相手に対しても打点を持てるのが特徴。, ギラティナと相性補完のいい鋼タイプにはメルメタルを採用。レジスチルよりも耐久は劣るものの、わざ範囲の広さからどんなポケモンでも腐りにくいのが特徴。ギラティナが不利となるこおりタイプやフェアリータイプにも対応することができる。, ラストには2体目の鋼枠としてシュバルゴを採用。他2匹で対応が少し難しいクレセリアやレジスチルを見るのが役割。シュバルゴは炎タイプに非常に弱いものの、初手で出し負けた際にメルメタルを投げることで相手のほのおタイプを呼ぶことが可能なため、そのあとに出せば安全に出すことも可能。, 初手にははがねタイプのメルメタルを採用し、控えにはバークアウト型のグランブルとメガニウムを採用している。控えのポケモンが一貫してしまっている、リザードンやトゲキッスをメルメタルで倒さなければいけない。そのため、初手にそれ以外のポケモンがきた場合は、基本的に交代を推奨。, 出し負けた場合の交代先としてバークアウト型のグランブルを採用。エネルギーが溜まるのが早いバークアウトと、技範囲が広いゲージ技のかみくだくとインファイトという技構成。明確に追うことができないポケモンが少ないのが魅力。, メルメタルの天敵であり、環境に多いラグラージやニョロボンの対策として採用。グランブルと同じく相手の引き先に対して明確な回答になりやすい。出し勝ちを維持して対面を取られないように戦おう。, ゆふいんさんが3000を突破した際に使用していたパーティ。初手のギャラドスはメルメタルなどのはがねタイプとあまえるを覚えるフェアリータイプ以外には対等に戦える。, 1体目のギャラドスを交代をしても不利になることが少なく、不利な相手が少ないギャラドスは交代することが少ないため立ち回りが安定する。, レジスチルとラグラージは相性補完が良い。初手のギャラドスで1体目を倒す・シールドを消費させられるため、残りの2匹で有利なポケモンを当てられる可能性が高く安定して戦える。, 最初のポケモンとしてシュバルゴを採用。シュバルゴの役目は控えのポケモンが弱いかくとうタイプやはがねタイプを倒すこと。シュバルゴが苦手なポケモンであるギラティナに強いポケモンを控えには配置している。, どんなポケモン相手であっても何かしら仕事をすることができるカビゴンを2匹目に採用。シュバルゴが出し負けてしまった場合などに特に大切なポケモンとなっている。じしんを採用することではがねタイプに対して強くでれるのも魅力。, はがねタイプやかくとうタイプを他2匹で対応することで、ラプラスを活かすことができる場面が多い。耐久がとにかく高いのが特徴で、相性が悪いポケモンにもカビゴン同様に仕事をすることが可能。, 2体目にはアクアテールを覚えたことにより、小回りが利くようになったギャラドスを採用。でんきタイプが2重弱点だが、ハイパーリーグの環境にでんきタイプは少ないためギャラドスは相対的に強いポケモンとなっている。, クレセリア単体との相性補完がよく、ゲージ技の回転率が高いラグラージを最後に採用。控えに2匹のみずタイプを置くことで、初手のクレセリアが苦手なほのおタイプや、はがねタイプに対してしっかりと対応できる構築となっている。, 明確に出し負けてしまうポケモンが少ないクレセリアを初手に配置。このパーティの弱点は相手の控えにいる2匹のマッドショット持ちのポケモン(ニョロボン・ラグラージ等)が非常に苦手。そのため、相手の初手がマッドショット持ちでない場合はクレセリアをシールドなどを使用し温存しよう。, クレセリアが不利であるレジスチルやメルメタルの鋼タイプやリザードンなどは、メルメタルに交代しよう。レジスチルのラスターカノン、メルメタルのいなわだれをメルメタルによって交代受けすることができる場合はそちらを狙おう。, クレセリア、メルメタルの並びでも倒せないレジスチルやメルメタル、シュバルゴ、ヘラクロスなどに強いラグラージを3匹目に採用。これらのポケモンはラグラージと対面するようにしよう。, 明確に出し負けてしまうポケモンが少ないクレセリアを初手に配置。相手の鋼タイプと対面した場合はすぐにタチフサグマに交代。シュバルゴ、ヘラクロスなどに出し負けた場合はクレセリアのまま戦おう。, クレセリアが出し負けた際の引き先としてタチフサグマを採用。相手のタチフサグマに対してはすぐにタチフサグマに交代。ギラティナ(オリジン)に出し負けた場合は、クレセリアのムーンフォースがたまったタイミングでタチフサグマに交代し、相手のシャドーボールの交代受けを狙おう。, クレセリアを出した後にすぐにタチフサグマに交代すると、相手はクレセリアと対面させたくないラグラージやニョロボンを出してくるパターンが多い。交代後にシールドを使用して相手を先に倒すことで、その後鋼タイプにリザードンを出すことができ、初手の不利を覆すことが可能。, 鋼タイプを持ち、フェアリータイプにも初手から勝てるみずタイプであるエンペルトを初手に配置。ドラゴン、くさ、かくとうに対してはすぐにギラティナに交代して対応しよう。バークアウト型のグランブルやメルメタルに対しては不利だが、他2匹でも対応が難しいのでそのままシールドを使って戦おう。, エンペルトが出し負けた際に安全な引き先として、ギラティナを採用。相手はフェアリーやこおり、はがねタイプに交代してくることもあるが、ギラティナが倒された後にエンペルトで倒すことでこちらの起点にすることが可能。, エンペルトとギラティナを使用し相手のはがねタイプやこおりタイプを倒すことにより、相手はトゲキッスに対して有効なポケモンがいなくなることが多い。環境に多いラグラージにも基本的に強く出れるのがポイント。, 1匹目のポケモンとして技の範囲が広いニャイキングを採用。このパーティでのニャイキングの役割は控えのポケモンが苦手なクレセリアやギラティナを倒すこと。クレセリアと対面した以外は2匹どちらかに引いてクレセリアとニャイキングを対面させる動きをしよう。, 相手の控えにいるクレセリアをあえて呼び出すために採用。ラグラージはクレセリアに倒されてしまうものの、ニャイキングでクレセリアを起点にすることでフェアリー・エスパーがいない盤面を作り出せる。, 3匹目はラグラージと役割が似ているニョロボンをあえて採用。ニャイキングが作り出したエスパー・フェアリーがいない盤面で有利に動くことが可能。, ©Pokémon.