(e in b.c))if(0>=c.offsetWidth&&0>=c.offsetHeight)a=!1;else{d=c.getBoundingClientRect();var f=document.body;a=d.top+("pageYOffset"in window?window.pageYOffset:(document.documentElement||f.parentNode||f).scrollTop);d=d.left+("pageXOffset"in window?window.pageXOffset:(document.documentElement||f.parentNode||f).scrollLeft);f=a.toString()+","+d;b.b.hasOwnProperty(f)?a=!1:(b.b[f]=!0,a=a<=b.g.height&&d<=b.g.width)}a&&(b.a.push(e),b.c[e]=!0)}y.prototype.checkImageForCriticality=function(b){b.getBoundingClientRect&&z(this,b)};u("pagespeed.CriticalImages.checkImageForCriticality",function(b){x.checkImageForCriticality(b)});u("pagespeed.CriticalImages.checkCriticalImages",function(){A(x)});function A(b){b.b={};for(var c=["IMG","INPUT"],a=[],d=0;d=a.length+e.length&&(a+=e)}b.i&&(e="&rd="+encodeURIComponent(JSON.stringify(B())),131072>=a.length+e.length&&(a+=e),c=!0);C=a;if(c){d=b.h;b=b.j;var f;if(window.XMLHttpRequest)f=new XMLHttpRequest;else if(window.ActiveXObject)try{f=new ActiveXObject("Msxml2.XMLHTTP")}catch(r){try{f=new ActiveXObject("Microsoft.XMLHTTP")}catch(D){}}f&&(f.open("POST",d+(-1==d.indexOf("?")?"? ゼニスは11月10日、「副業に関する調査」を発表した。調査は10月21~23日、現在副業をしている男女1,063人を対象にインターネットで行われた。, 調査結果は以下の通り。まず「本業の職種」を男女別で聞いたところ、男性は「製造」(19.3%)、「卸売・小売」(11.0%)、「IT・コンピュータ」(9.9%)、「運輸・物流」(8.5%)、「建築・土木・建設」(6.7%)となった。, また、女性は「製造」(13.1%)、「卸売・小売」(10.1%)、「宿泊・飲食サービス」(9.9%)、「教育・学習支援」(7.9%)、「医療・介護・福祉」(7.7%)となっている。, そして、「どのような副業をしていますか?」と尋ねると、男性は、「アンケートモニター」(32.8%))、「株式投資」(30.3%)、「ポイントサイト・ポイント投資」(28.3%)、「FX(外国為替証拠金取引)」(12.1%)、「クラウドソーシング」(11.1%)、「フリマアプリ」(9.8%)、「仮想通貨」(7.5%)、「デリバリースタッフ」(5.5%)、「セドリ」(4.6%)、「コンサルタント」(4.6%)、「YouTuber」(4.3%)、「ライブチャット」(1.8%)、「民泊」(1.6%)だった。, また、女性は「アンケートモニター」(44.0%)、「ポイントサイト・ポイント投資」(35.8%)、「フリマアプリ」(20.8%)、「株式投資」(15.8%)、「クラウドソーシング」(11.9%)、「FX(外国為替証拠金取引)」(5.8%)、「仮想通貨」(4.3%)、「YouTuber」(3.5%)、「ライブチャット」(3.3%)、「セドリ」(2.9%)、「コンサルタント」(2.5%)、「デリバリースタッフ」(2.5%)、「民泊」(0.6%)となった。, さらに、「副業での収入額は毎月どれくらいですか?」と聞くと、「1万円未満」(33.2%)、「1~3万円未満」(24.3%)、「3~5万円未満」(16.2%)、「5~7万円未満」(9.3%)、「7~10万円未満」(7.6%)、「10~15万円未満」(3.7%)、「15~20万円未満」(1.4%)、「20万円以上」(4.3%)という結果になっている。, また、「現在している副業が本業になり得ますか?」と聞くと、「はい」(16.4%)、「いいえ」(83.6%)だった。, そして、「副業をしていて困ることを教えてください」と聞いたところ、「想定していたよりも収入額が少ない」(45.3%)、「確定申告などの手続きが煩雑」(20.6%)、「忙しくて本業に影響が出る」(20.4%)、「自宅住所を晒すリスク」(7.3%)、「銀行口座が個人口座」(6.6%)、「お客様へのトラブル対応」(5.9%)、「代金未払いのリスク」(5.7%)、「在庫を抱えるリスク」(4.9%)だった。, ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、 ゼニスは11月10日、「副業に関する調査」を発表した。調査は10月21~23日、現在副業をしている男女1,063人を対象にインターネットで行われた。 その方法について紹介しましょう。, しかしながら、どうしても通うための値段が高くなってしまうので、学習が得意な方は、youtubeや無料で配信されているプログラミング学習アプリを利用してみましょう。, カリキュラムの中で基本的には、phpやrubyなどのWebアプリケーション言語を習得するのが良いでしょう。, 最近では、JavaScriptも流行っているので、Webアプリケーション言語と同時にJavaScriptもマスターするのがおすすめです。, ある程度習得できた段階では、クラウドソーシングなどを利用して仕事を受注してみるのも良いかもしれません。, いかがでしたでしょうか? ・そもそも何から始めればいいのか分からない, などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!, 約2,000の企業と30,000人超のフリーランスが登録中!「あなたに合った案件」を30秒の簡単登録で探せます。, ©Copyright2020 IT/WEB系の起業家・フリーランスの背中を後押しする「アトオシ」, 「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、.

基本高年収が多く年収1000万円を超える案件も多い職種でもあるので1000万円を超えるのはそこまで難しくはないでしょう。 エンジニアの副業で23歳女子が月30万円稼いで感じたリアルをご紹介しています。副業もメリット・デメリットがあり、それらを体験談ベースで赤裸々にご紹介しています。また、副業の探し方も詳しく解 … ©Copyright2020 プログラミングスクール比較ガイド.All Rights Reserved. ・登録してマッチングを待つだけ, Workshipと同じくらいオススメできる副業エージェントがITプロパートナーズ。最近の副業ブームで利用者も続々増えているそうなんですが、ITプロパートナーズが副業エンジニアに人気の理由がこちら。, リモートで働ける企業と多数繋がりがあるというのが最大の特徴。リモート案件がこれだけ揃っているのは、数あるエージェントの中でほぼ唯一と言っていいです。, 実際にサイトに公開されている「リモートOK」の案件数は2019年3月時点で59件(ちなみにこれは公開可能な案件のみの数。会員登録してエージェントと面談をすれば非公開案件を教えてくれます)。, ご覧の通り開発言語や事業領域も幅広く、「副業で月収を上げつつ、今いる会社では身につけられない技術を伸ばしたい」ということができます。, 副業先の企業は、企業成長が順調なベンチャー企業や開発力が高い企業が多いです。例えばエンジニアの方ならご存知かもしれませんが、技術力に定評があるエウレカなど。, 基本的にクライアントからの直受け案件になるので高単価が保証されています。よくあるSESの多重請負構造のようなエージェントではないので。, Workshipの場合は登録して案件とのマッチングを待つ形式ですが、ITプロパートナーズの場合は登録後にエージェントとの面談で希望の条件を伝えます。, 条件に合う案件をエージェントが探してきてくれるので、近いうちに副業をスタートしたい!という人には特にオススメ。, 「ちょっと副業に興味があって、条件に合うのがあれば話を聞いてみたい」くらいの温度感の人も一度登録してみるといいです。というのも、実際に話を聞くのは無料ですし、一歩踏み出してみると色々と見えてくるものがあるからです。, 思ったより面白い案件が見つかったり、気になっていた企業が実は副業エンジニアを募集していた、みたいなことが結構あります。, 個人的にはWorkshipとITプロパートナーズの両方に登録してみて、両方で様子を見るという戦略がイチオシです。, Workshipは「待ちの戦略」、ITプロパートナーズは「攻めの戦略」で使い分けるのがオススメ。Workshipにスキル登録してマッチングを待ちながら、ITプロパートナーズの方ではササッと面談で希望条件を済ませてエージェントに案件を紹介してもらおう。, ・高単価な副業案件が多い