とうとう「聖書のことを勉強してみませんか?」と言われました。 第3者も含め、勧誘する相手に対し、多数での多面的な意向としての優位性・冷静な判断で、相手のペースや仕込まれたステージ(作戦に乗らない)に立たない。 「私たちは、ただ聖書を読んでいただきたくて」「佐藤です」が第一声ですものね。でも、これは、貼ってみようと思っています。 ご親切にまた、ご丁寧に教えていただき感謝しております。 普通の勧誘なら断れるけど、悪い人達じゃないし、お金目的でもないからすごく断り難いです。 ひきます(笑)

「カルト宗教や新興宗教の信者ってどれくらいいるのだろう?」 このように気になった ... 「カルト宗教」と聞くと、どのようなイメージが浮かびますか? 「危険」や「怖い」と ... Copyright© ワールドセクト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5. でもその我慢はアホくさいと思っています。 入学当初から1年で17kgも太ってしまい、それを会衆の人にも 「もう来ないでください」と過去にいいましたが、その人はもう来ませんでしたが、 家の中に入って帰らないのとは違いますから、不法侵入などでおまわりさんを呼ぶのとも違うでしょう。

小6のときに必要で入って来た当事22歳の兄弟を好きになり、 [ものみの塔]のページです。Cosmic[コズミック]はファッション・カルチャー・芸能エンタメ・ライフスタイル・社会の情報を発信するメディアです。大人へ向けた記事をまとめて読むことができるWebマガジンを無料で購読いただけます。.

そうなんですね、これが、カメラで見ても、制服着ている運送業者は分かりますが、初めての生徒さんや他者取引の営業パーソンなども来られますし、 実は私も同様の立場でした。 あなた自身が全くの無宗教であったとしても、世の中にはそれぞれに宗教を信仰されているという方はたくさん存在します。, しかも、あなた自身は宗教への信仰心もない為に、一方的に話をされる方に対してうんざりした気持ちになったことがある方も少なくありません。, ここでは、そんな宗教に勧誘された際の上手な断り方や、宗教の勧誘の手口、また、警察への通報の活用法についてご紹介したいと思います。, 特に、宗教だけに固執して言えることではありませんが、明らかに何かに対して悩みごとを抱えていたり、そのような思いが表情に出てしまっているという方は勧誘に遭いやすい傾向にあります。, また、そういう方は、誰かに救ってもらいたいと思う気持ちもある為、誰かが自分に声をかけ、手助けしてくれるのを待つような雰囲気を醸し出しているとも言われているのです。, それだけ勧誘してその人に何か特典でもあるのか!!?なんて誤解を生んでしまうこともありますよね。, そもそも、このしつこい勧誘について、昔からよく言われていることは、勧誘そのものを取り締まるための法律があれば良いのに・・・。というのが正直なところです。, 日本弁護士連合会が、宗教活動に関わる人権侵害の判断基準の中に勧誘についての詳細が書かれており、この中に書かれた内容に合致していれば、法律に触れる可能性もあるということが分かります。, 信者の勧誘について ・勧誘にあたって、宗教団体等の名称、基本的な教義、信者としての基本的任務(特に献金等や実践活動等)を明らかにしているか。 ・本人の自由意思を侵害する態様で不安感を極度にあおって、信者になるよう長時間勧めたり、宗教的活動を強いて行なわせることがないか。, 引用元:https://www.nichibenren.or.jp/library/ja/opinion/report/data/1999_13_1.pdf, 宗教に勧誘されたことがあるという方であれば、その時の勧誘してきた人の特徴を覚えているかもしれません。, 仮に「○○の○○です。」などと言ってしまえば、そのままインターホンを切られてしまい、直接コンタクトをとれなくなることを恐れ、自身の名を名乗らないというケースが多いと言われています。, 今は、インターホンが鳴った後、モニターに映し出される顔が確認できない、顔が映っていないのであれば自宅の玄関やオートロックの鍵を解錠してはいけません。, それくらい犯罪も多い時代であることを考慮すると、例え宗教への勧誘であったとしても、やはり何も返答しない場合は玄関を開けるようなことはしないようにしましょう。, いやいや。本来、そんな宗教などに興味のカケラもないのですから、ここはきっぱりと断る方法をマスターしておかなければなりません。, とは言え、怒鳴り散らす・・・というのもご近所の手前できません。ある程度、冷静に大人な対応も必要になります。, あなた自身が宗教への興味は一切ないということや、自宅にまで押し掛けて勧誘することを辞めるようハッキリと伝えましょう。, 断ることが苦手・・・という方にとってとても大変な作業に思えますが、毅然としている態度で接することが大切です。, これは何も自宅訪問してきた場合の断り方ではなく、街中において声を掛けられた場合でも、宗教への勧誘であることが分かれば、相手がどう話すかなどは特に問題ではなく、その場できっぱりと「全く興味がないので不要です」と相手が話の途中であれ、お断りしましょう。, もしもあなたがその場から去ろうとした時に、あなたの進路を妨害するような行為や、腕を掴んで去ることもできないような状況にした場合や、訪問の際はなかなか帰らないなど、不退去罪といった罪となる可能性もあるのです。, このように、勧誘の為に迷惑を被る場合は「警察に通報しますよ」と相手に伝えてください。, また、冊子を手渡したいために、それだけを受取ってもらいたい旨、最後まで粘る人もいます。, 「我が家では読むこともないので絶対にポストにも入れないでください」とハッキリ伝えなければいけません。, 相手が諦めて帰るように仕向けるためには、真剣に伝えていては終わりが来ないかもしれません。, そうであれば、「私は宗教よりもお酒を信じます!」などと冗談半分で適当にあしらうのもワザのひとつです。真剣な口調で言ってみましょう。, 何度もその断り方をすることで、そのうちあなたに言ってもダメだと思わせることができ、勧誘にも来なくなります。, 相手は宗教に入信してもらいたい為に必死で聞いてもいない、興味のないことをひたすら話続けます。, 1000円でいいよ!!から始まり、500円ならどう?これも付けるよ!!何なら300円!これで決まり!!!, などといったように、相手からの話をととり合うことなく自分のことをひたすら相手に押し付けてみてください。, 宗教勧誘でインターホンを押してくる人は、そのような宗教勧誘お断りシールを貼っていても、そんなものは関係なく平気で訪問してきます。, しかし、訪問してきても、インターホン越しに「お断りのシールが貼っているのが見えませんか??」などと対応してみてください。, インターホンが鳴る場面と言えば、何かインターネットなどで買い物をして商品が届いた時、それともネットスーパーを利用した時・・・などといったように、インターホンが鳴る=自分に思い当たることがある場合だと思いませんか?, 一戸建てにお住まいの方であれば、インターホンが鳴っても玄関先にいる人影が分かるというご家庭もあるかもしれません。, もしも見た感じ、宗教勧誘であるという人だと判断できた場合は、敢えて居留守を使うのもアリです。, インターホンが鳴ったからと言って、すべてに対応していたのでは、本当に宗教勧誘に引っ掛かった場合、断るのが面倒になります。, 宗教勧誘で訪問してくるという場合は必ず敷地内に立ち入り、インターホンを押してきます。, この時、あなた自身に当然宗教に入信する気なんて全くない、また、二度と来てほしくない、防犯カメラに撮影している、もしも次に勧誘に来た場合は絶対に警察に通報します。, ということを宗教勧誘の人に対して伝えていたにも関わらず、それを無視してしつこく何度も来るという場合は、住居侵入罪として警察に通報することができる可能性が高くなります。, 警察と聞けば、誰もが身を引くということに繋がることも多く、最終手段としてはとっておくべきことかもしれませんね。, 最近では、ダミーの防犯カメラであると分からないくらい巧妙な作りになっている為、さすがに相手も気付きません。, 本物の防犯カメラを設置しようと思うと、それだけで費用もかさむ為、まずはダミーの防犯カメラから実践してみると良いかもしれません。, 防犯カメラがあるだけで、インターホン越しに長く居座るといったことはさすがになくなるケースが多いとも言われています。, その為、訪問時には、会社名や勧誘の目的、また、紹介したいサービスについて述べる必要があります。, これが実際に必要となる義務でもあることから、これらを述べず、必要な義務を怠っている場合は、お引き取りをお願いしましょう。, しかし、特に宗教への勧誘については、相手の意思確認は行っていない為、行為としては行ってはならないことに該当します。, また、断る意思を相手に見せたにも関わらず、しつこく訪問し、勧誘する行為は法律により禁じられているのです。, このようなことから、あまりにもしつこい勧誘については、実は法律違反に該当することになる為、自信を持って毅然とした態度で断ってください。, 実は、住居侵入罪については、未遂に終わったとしても成立する罪となることから、それに至るまでに様々な証拠を準備しておきましょう。, 例えば、郵便ポストに投函された宗教のパンフレット、実際にしつこい勧誘に遭ったことのボイスレコーダーなどが有力です。, 防犯カメラやボイスレコーダーについては、事前に相手に次にこうした場合はこのような対処をとるということを事前に明確に宣言しておく必要があります。, 宗教だなんて全く興味がない場合、宗教への勧誘を断りたいのに人間的に強い主張ができない為に、ズルズルと押し流されてしまいそうになる・・・という方は案外多いことをご存知ですか?, 特に、訪問して勧誘に来る場合、インターホン越しに話をすることになると思いますが、顔が見えない相手と話しているのだから別に特に何も考えなくても簡単に断れそうな気がします。, それが、気が弱い方や押しに弱い方にとっては、例えインターホン越しであってもあまりのしつこさにめげてしまう方も多いのだとか・・・。, それでもこのようなタイプの方の断り方はどうしてもやんわりと弱いものとなり、相手に対して全く伝わらないことが多いのです。, それに、相手にしてみると「断られた」という感覚がない為に、何度でも訪問しやって来るのです。, 上手い話に乗せられそうになっても、それを阻止する能力を持っていなければ、安易に流されてしまうので要注意です。, このようなタイプの方こそ「今日こそは必ず強く断る!!」と自分を奮い立たせてきっぱりと勧誘をお断りするようにしましょう。, それでも、その1回をどれだけ強く、きつく断るかによって、次回の勧誘があるかないかに大きく関わってくることになります。, 一番気を付けたいことは、このような明らかに気が弱い方や押しに弱い方は、絶対に玄関のドアを開けないことが大切です。, ドアを開けてしまい、相手と対面した場合に、逆にきっぱりと断れなくなる可能性もあります。, その為、自分がうまく勧誘を交わすことや断ることができそうにないと思われる方は、まずはインターホン越しに強くお断りしましょう。, 特に、宗教への勧誘については、そもそもその宗教を熱く信仰している為、あなたが宗教に興味のある方だと勘違いされてしまうのです。, 逆に、そのような返事をすることにより、相手からは「ご都合の良い時間は何時ですか?」「日を改めますので在宅の日を教えてください」など、相手との会話を作ってしまうことになります。, このようなことから、肯定的でもあり、否定的でもあるような言葉は安易に口から出してはいけません。, これについてはどこからともなくいきなりの訪問が多く、自宅のインターホンが急に鳴るといった事態を経験されている方が多いようです。, その為、あまりキツイ言い方をするのは気が引ける・・・なんていう方もいるようなので、どのような断り方がベストな方法であるかをご紹介したいと思います。, この宗教の特徴は、神様を崇拝することでハルマゲドンが起こり、幸せになれるというものです。, そもそもエホバの証人は1870年頃に設立されたと言われている為、その歴史は古いものになります。, それにしても、なぜ、エホバの証人がわざわざ誰かを勧誘する必要があるのか疑問に思ったことはありませんか?, キリスト系の宗教は、その教えを広め、様々な人々にエホバの存在を知ってもらうことを前提としています。, だからこそ、宣教師と呼ばれる方が世界中の各地において、布教を続けているのはこれが第一の理由となるのです。, しかし、残念ながら、日本国において宗教というものじたいを、布教する=勧誘されるといったイメージを持つ方の方が圧倒的に多く、例えその宗教がどれほどに良いものであろうと、日本人の感覚には宗教を重んじるような文化がありません。, 実際に日本の歴史上でキリスト教が広まった、布教されてこのような偉大なことがあったなどといった歴史は残されていません。, 熱心に布教している方がいても、その布教する行為が日本国民にとってただのしつこい勧誘としか捉えられていないのです。, 何度も訪問によりしつこく勧誘しにやって来ます。頼んでもいないのに、ポストに冊子を入れて立ち去ります。, なぜか、きつくお断りしても、それをプラス思考に考える宗教なのかもしれませんが、布教行為は良いことだという認識から、私達がどんなに迷惑行為だと感じていても、それは相手には全く伝わらないのかもしれません。, エホバの証人だけは、とにかく伝える言葉がハッキリとしたものであっても、本当に伝わらないのが現実のようです。, その為、単に「宗教には興味がない」「信仰する宗教が他にある」などといってあいまいにお断りすることがそもそも断りであると受け取らない傾向にあります。, その為、「エホバの証人に入信するつもりは一切ありません。訪問は一切拒否します」といったように、気持ちきつめに伝えても良いかもしれません。, 同じ人間でも、強い信仰心のある方に対しては、なかなかきつさが伝わらないことの方が多いので、これくらいきつい言い方をしても問題ないと思われます。, とは言え、実際には日本人はお人よし・・・などと言われる為、宗教勧誘については、はっきりと明確に断れないという方の方が多いようです。, まぁ、私のように物事の白黒をはっきりと付けたいタイプにとっては、断れないということには無縁ですけど(笑), それでもやはり一般的には自分の主張をはっきりとできないのが日本人のタイプなのかもしれませんね。, それほどにしつこい「宗教勧誘」については、それなりの対処法を弁護士に相談するなども良いでしょう。, 先ほども述べたように、何度も訪問され、家のインターホンを鳴らされることにストレスを感じ、体調不良に陥っては本も子もありません。, 何度断っても何の改善もない場合は、警察へ被害届を出す旨、相手に伝えるなどで対処しましょう。, 特に女性の場合は結婚などといった特別なことがあると、住み慣れた土地を離れ、旦那様と新境地で生活が始まるという方も少なくありません。, 男性も関東や関西などといったように、日本全国あらゆる地で就職することにより、地元を離れるという方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。, それによってやはり昔の友人と頻繁に会う機会が減り、仲間で集うとなればやはり社会人となってから知り合った友人が多いのではないでしょうか。, 高校時代、大学時代に仲良くしていた仲間から久しぶりに連絡があったかと思いきや・・・。, その為、誰もが忙しく生活を行う中で、ひょんなことから昔ながらの友人から突如として連絡があった場合など、少し不審に思った方が良い場合もあります。, もちろん、全てがそのような勧誘行為に該当するという訳ではない為、一概には言えませんが、大抵の場合、よくあるパターンであると言えます。, あなたにしてみれば、ものすごく久しぶりで、お互いの予定を合わせて会うことになれば、それこそテンションアップで友人との再会を心待ちにすることでしょう。, しかし実際に会ってみると目的は宗教への勧誘だった・・・なんていう結果だったらどうしますか?, まさか自身が学生時代のころから信頼していた友人に、まさかこのような目的で再会するなんて思ってもみないことです。, 公私ともに信頼していた友人であればなおさらそのショックは計り知れないほど大きなものとなる可能性は高いです。, この場合、宗教を信仰していることで、その友人が全く別人になってしまっていた・・・というケースも多いことから、その後の友人関係には大きな溝ができてしまうことになります。, しかし、そんな友人だからと、宗教に何の興味もないのに入信する必要は全くありません。, 昔から何でも言えるような信頼おける友人だったのであれば、それはきっと可能なことです。, その後の友人関係については、良好な方もいれば、それ以来、一切の連絡を行わないという方も存在します。, いずれにしても、友人から宗教へ勧誘を受けた場合、大抵は元の良い友人関係に戻るといったことは少ないそうです。, 宗教への勧誘はとにかくしつこいことから、自分自身が宗教には全く興味がないということ、また、宗教への勧誘は一切お断りであることを最後まで貫くことが大切です。, 手口が巧妙であれ、最終的には警察を活用することもできる為、上手に宗教への勧誘を交わせるようにしましょう!, はじめまして。 ブログランキングから訪問しました。 しつこい勧誘は迷惑ですよね。 宗教だけでなく、訪問販売とか保険とかMLMとかありますが、 私は断固として断ります。ハッキリその気が無い所を見せないとだめですよね。 曖昧な返事は禁物です。, コメントありがとうございます! そうですよね。嫌われる勇気を持って、しっかりと断っていただきたいです!!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。.