うちのmyClubにももちろん登場してます、選手としてはシャビもよりも、、強い^^; ボールコントロール85、とかパス85超え、とかは全盛期より落ちたけど相変わらずな感じ。, 上手い人が使ったら強そうなスナイデル、スキルは主にシュートとパス、そしてキャプテンシーがある。,
4位 ★ 92 かくさん さん: 5位 ★ 94 エシコフさん: 6位 ★ 93 FranzAnton さん: 7位 ★ 88 コスタさん: 8位 ★ 88 ウイイレ極めるさん: 9位 ★ 90 カラス さん: 10位 ★ 89 キタリョーさん キック精度もさることながら、ボールと友達感がすごい、あとファン・デル ファールト選手とも友達なんやそうです^^; 友達って大事ですよねー、まーいなきゃいないで自分の時間ができるから悪くはないんやけども。. ウイニングイレブン2014のルーニーの能力データです。総合値、スキル、各能力データを確認できます。ウイニングイレブン2014の攻略に是非生かしてください! 元スペイン代表の中心選手で、バルセロナの黄金期を支えたイニエスタ選手とシャビ選手!!今回は、そんなイニエスタ選手とシャビ選手の違いとは!?また、イニエスタ選手とシャビ選手はどっちが上手いのか??二人の後継者についても迫ります! いまはカタールのアル・ガラファっていうチームに所属、カタール何気にアツいなーと、、^^; サッカー盛り上げていこう感伝わってきますよねー、カタールのシャビに続くカタールのスナイデル(どっちも本人)。. 西部謙司 2シーズン在籍して1シーズン目はリーグ優勝の中心選手、2シーズン目はまさかの不倫発覚、、^^; ・・・まぁ、プライベートには踏み込まない主義も思い出しつつ、、レアル追い出されるようにインテルへ移籍するわけですね。, その後、ガラタサライ行ってリーグアンのニースで更生して、いまアルガラファっていう感じですね、、深いなー。. photo Getty Images Tags: focus, コラム, スペイン, スペインリーグ, ニュース, ネイマール, バルサ, バルセロナ, ヘラルド・マルティーノ, ラ・リーガ, リーガ, リーガエスパニョーラ, リオネル・メッシ, ルイス・エンリケ, ルイス・スアレス, 欧州サッカー, 海外サッカー, 2013/14シーズン、ヘラルド・マルティーノ監督を迎え、ネイマールを獲得。しかし、6シーズンぶりに主要タイトルなしという結果にマルティーノは解任となった。 ウイイレアプリ2021におけるポジション別の最強選手ランキングです。黒玉や金玉、スタンダード、fp、アイコニック、レジェンド含めた最強選手をポジション別にランキング形式で掲載しています。ウイイレアプリ2021の最強選手ランキングを知りたい方はこちらを参考にしてください。 【ウイイレ2021】最強選手の見分け方を解説!と注目若手選手リスト【ゼネラリストとスペシャリスト】 【ウイイレ2021】黒金銀銅白でmaxレベル最強イレブン!【レベマベスイレ】 【ウイイレ2021】コンセプトアレンジについて解説【使い方の例ものせてみる】 世界のフットボールシーンは、この約20年で大きく変わったと言える。選手の契約と移籍のあり方が変わり、名門クラブも栄枯盛衰を経験している。今回は120年を超える歴史を持つバルセロナの現代史を複数回に渡って辿っていきたい。(文:西部謙司), シリーズ:バルサの20年史 自分一人でぜんぜん浮かばなかった発想とか勝手に浮かんできたりして、でもやっぱり僕は一人の時間も好きかなー、なんせ落ち着く^^; 【ウイイレ2019】ダニエレ・ルガーニ|能力値/スカウト/スキル/ポジション/プレースタイル【日々精進!】, 【ウイイレ2021】最強選手の見分け方を解説!と注目若手選手リスト【ゼネラリストとスペシャリスト】, 【ウイイレ2021】最強監督の戦術はこんなタイプ!の解説とオススメ監督リスト【たぶんまた中央突破】. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
, 真ん中のST~CMFで有効になる、オフェンス時にあんまり動かずにパス待ちするプレースタイル。, チャンスメイカーやプレーメイカーは動き回ってゲームメイク、ナンバー10はポストになる感じかなー。. text by 【今シーズンのバルセロナはDAZNで! バルセロナがmsnと引き換えに失ったものとは? シャビがイニエスタが抜け、メッシ1人で寂しそうに…【バルサの20年史(5)】

いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

お父さんもプロサッカー選手なスナイデル選手、ほどよいプレッシャーの中で育ったんやろなと、、^^; 2002年にアヤックスのユースからトップチームデビュー、5シーズンで126試合とデビュー時からずっと中心選手。, 今で言うマタイス・デリフト選手みたいなキャラやったんかなと、2シーズン目にはCMFで2桁ゴールをマーク。, そして2007年にレアル・マドリーへ電撃移籍、マタイス君もそんな感じになりそうやけども。, Wesley Sneijder pic.twitter.com/ZwUo1gBNDJ.

クラブユース、高校・大学サッカーからJリーグ、アジア・欧州チャンピオンズリーグ、アジア杯、euro、ワールドカップまで網羅した出場記録データベース。各大会の試合結果やランキングを、選手、チーム、監督、審判などの切り口からまとめています  マルティーノ監督はリオネル・メッシを右のハーフスペース、アンドレス・イニエスタを左のハーフスペースに置いた変則ゼロトップを採用していた。メッシへの負担軽減を狙ったのだろうが、かえって中途半端な感は否めなかった。, メッシへの依存はやむをえない。しかし、メッシを生かすために周辺への負荷がかかるので、同じシステムを使い続けると必ず軋みが出てくる。ジョゼップ・グアルディオラ監督時代から始まる、スーパースターを持ったがゆえの悩みをどの監督も抱えていた。, 14/15、ルイス・エンリケが新監督に就任。このシーズンにはルイス・スアレスがリバプールから加入した。メッシとネイマールの共存ですら危惧する声があった中、スアレスまで加えていかにバランスをとるかが注目されたが、ルイス・エンリケ監督の回答はシンプルだった。メッシ、スアレス、ネイマールを前線に並べた。, MSNは3人で81ゴールを叩き出す。これはリーグ戦での全得点の約74%を占めた。当初はメッシの偽9番を継続し、スアレスを右へ配置したこともあったが、すぐにスアレスを本来のCFに起用してメッシを右ウイングに置いた。偽9番から偽7番への移動である。, MSNは猛威をふるい、リーガエスパニョーラ、コパ・デル・レイ、UEFAチャンピオンズリーグの主要タイトルをすべて獲得している。ペップ時代に勝るとも劣らない強さだ。だが、バルセロナが積み上げてきた伝統からはやや逸脱していた。, 強いバルサが戻ってきた14/15シーズン、シャビ・エルナンデスがシーズン終了とともに退団している。17/18にはアンドレス・イニエスタがヴィッセル神戸へ移籍。, このころのカートゥンでこんなものがあった――シャビ、イニエスタ、メッシの3人が楽しそうにパスを回している。やがてシャビが消えて、メッシとイニエスタだけになった。それでもまだ楽しそうにパスを交わしていた。ところが、イニエスタも消えてしまい、メッシが1人で寂しそうにしている……。, MSNは確かに強力だった。ただ、それは3人の個々の突破力と得点力によるもので、いってしまえばそれではレアル・マドリードと変わらない。ライバルが推し進めてきた大艦巨砲主義そのものといえる。, MSNの代償として、バルサはハイプレスとポゼッションを低下させた。基本的なところはグアルディオラもルイス・エンリケも共通である。ハイプレスとポゼッションはバルサ・スタイルの軸であり、ルイス・エンリケ監督時代で極端に変化したわけではない。ただ、ペップの時代ほどポゼッションもハイプレスも重視しなくなっていた。, メッシ、スアレス、ネイマールの3人でハイプレスは無理だった。いちおうやってはいるが効果はさほど期待できない。むしろ、相手に攻めさせるのは構わなかった。後退し、陣形が間延びしても、打ち合いになればMSNがいるかぎり必ず勝てるからだ。相手はこの3人を1対1で抑えるのは無理なので、数的優位は崩されてしまう。そこで別の1対1で勝負をかければ一丁上がりなのだ。強烈な3トップを得たチームの戦術として、ルイス・エンリケ監督の採った策は合理的だった。, しかし、これはMSNがいなければ使えない手でもある。バルサがそれまで積み上げてきた戦い方を全否定したわけではないが、重要な部分は抜け落ちている。シャビ、イニエスタ、メッシのパスワークも特別な3人がいてこそではあったが、それは育成から積み上げてきたもので、外様のスターを並べて何とかするのではレアル・マドリードと変わらない。一時的にメッシ頼みからは脱却したものの、MSN頼みに変換しただけだった。, 15/16シーズンはリーガとコパ・デル・レイを連覇。CLは準決勝でアトレティコ・マドリードに敗れるが、MSNは健在でこのシーズンのバルサも強かった。, しかし16/17はリーガをレアル・マドリードにさらわれ、CLも準々決勝でユベントスに2試合合計0-3の完敗を喫してしまう。コパ・デル・レイは3連覇を達成したが、ルイス・エンリケ監督は任期満了で退任した。, CLのラウンド16では奇跡的な大逆転を成し遂げている。パリ・サンジェルマンとの第1戦を0-4で落としたが、カンプ・ノウでの第2戦を6-1で勝利した。理詰めのバルサにしては珍しい大逆転である。, かつてバイエルン・ミュンヘンに0-7で大敗したように、負けるときは理詰めゆえに歯止めが利かない。レアル・マドリードやマンチェスター・ユナイテッドのように、理由もなく試合をひっくり返すパワーはないクラブのはずだった。この大逆転が可能だったのは、ある意味でバルサがバルサらしくなっていたからかもしれない。実際、カンプ・ノウでの強引な猛攻はバルサらしくなかった。, MSNも変質している。当初は3人の守備負担は平等だった。ところが、しだいにメッシへの依存が大きくなっていく。偽7番を機能させるために、SBは右サイドの幅をとるべく長距離の上下動を強いられ、右インテリオールのイヴァン・ラキティッチはSBのカバーのために攻撃参加が減り、ネイマールは引いたときの数合わせでMFのラインに入らなければならなかった。, スアレス、ネイマールですら、ゴール前ではメッシに遠慮している。時間の経過とともにそうなるのだ。普段からメッシの才能を見せつけられていれば、自然とヒエラルキーができてしまう。そのリスペクトがあったからMSNは機能していたのだが、結局のところメッシの巨大な引力に周囲のエネルギーが吸い取られてしまう現象は何ら変わりなかった。, シーズン終了後、ネイマールはパリSGへ移籍する。カタールの国策的な移籍ではあったが、バルサにいるかぎりネイマールが“メッシ”になれないのも明らかだった。, 『フットボールチャンネル』は、サッカー専門のネットメディアです。弊サイトに記載されている、コラム、ニュース、写真、その他情報は、株式会社カンゼンが報道目的で取材、編集しているものです。ニュースサイトやブログなどのWEBメディア、雑誌、書籍、フリーペーパーなどへ、弊社著作権コンテンツ(記事・画像)の無断での一部引用・全文引用・流用・複写・転載について固く禁じます。無断掲載にあたっては、個人・法人問わず弊社規定の掲載費用をお支払い頂くことに同意したものとします。, バルセロナがMSNと引き換えに失ったものとは? シャビがイニエスタが抜け、メッシ1人で寂しそうに…【バルサの20年史(5)】. シャビエル・アロンソ・オラーノ (Xabier Alonso Olano, 1981年 11月25日 - ) は、スペイン・バスク州 ギプスコア県 トロサ出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。 現役時代のポジションはミッドフィールダー。 元スペイン代表。 現在はレアル・ソシエダBの監督を務めている。 名前        アンドレス・イニエスタ・ルハン(Andrés Iniesta Luján), 名前        シャビエル・エルナンデス・クレウス(Xavier Hernández Creus), 『バルセロナ黄金期』を支えた二人で桁違いの『技術』と『判断能力』を誇っているという点で共通していますね!!, コメントメッシ、イニエスタが引退発表のシャビにメッセージ「プロの鑑だった」https://t.co/aD2uQ3FwYi, ️編集部より「#メッシ、#イニエスタ、#シャビ は #バルセロナ で10シーズンに渡って共にプレー。7度のラ・リーガ制覇や4度のCL優勝など数多くのタイトルを獲得する原動力となりました」 pic.twitter.com/2RrRkdF6cW, プレーエリアはイニエスタ選手の方が相手ゴールに近く、シャビ選手の方が自陣ゴールに近いですね。。。, 相手ディフェンダーとミッドフィールダーで構成される2ラインの間でのプレーを得意としますが、、、, 蓄積した論理的な判断能力を感覚的に使うことで適切な判断を瞬間的に下せるようになるといいます。。。, 人間が繰り返し思考した記憶の長期記憶を行う場所で直感でプレーしているようです。。。, 首を振ったりして見える断片的な情報を合わせて空間を認知できる能力に優れていて、、、, 『前線に近いポジションで創造性に優れているのがイニエスタ選手』で『後ろから全体を把握する空間認知力に優れているのがシャビ選手』, 運動量が多く相手の寄せが早くボールを持った時の時間とスペースが少ないからです。。。, サッカーの進歩が遅れている国のほうが特別な技術を持った選手は生まれてきやすいかもしれません。。。, ◆ ラキティッチの嫁や子供が可愛い!年俸やモドリッチとプレースタイルを比較【動画】, サッカーに関する情報を発信しています。サッカー選手に関する情報から大会情報まで紹介しています。, セルヒオラモスの肘打ちやラフプレーが多い理由とは?年俸やプレースタイルを解説【動画】.