※2 日本書紀ではイザナミノミコト(伊邪那美命)が三貴神をお産みになるとされますが、古事記ではイザナミノミコト(伊邪那岐命)の禊祓の際に生まれるとされています。, また、家系図を作成すると直接つながりはしませんが、イザナミノミコト(伊邪那美命)にとても関りの深い神様に, イザナミノミコト(伊邪那美命)が生まれるのは、まだ何も存在しない世界に突如造化三神と言う、性別のない神様(独神)が生まれる後です。, この神々が生まれた後、2柱がお生まれになります。 無くなるときに尿や様々な排泄物から金・土・水の神様も産みます。, イザナギノミコト(伊邪那岐命)はイザナミノミコト(伊邪那美命)の死の悲しみに搔き暮れました。, そして、あまりの悲しみと怒りでイザナミノミコト(伊邪那美命)の死の原因となった火の神の首を十拳剣で斬り殺してしまいます。 ここまでの5柱を別天津神と呼びます。, この別天津神5柱が生まれた後、 「イザナ」は「誘う(いざなう)」 この8つの島を大八島国と呼びました。, その後も順調にイザナギノミコト(伊邪那岐命)とイザナミノミコト(伊邪那美命)は神々を生み続けます。, 日本で初めて生まれた国である淡路島 淡路島はイザナギノミコト(伊邪那岐命)とイザナミノミコト(伊邪那美命)の伝承の地が数多くある島です。, 天橋立には様々な神話の物語がありますが、国造りをしている時に、イザナギノミコト(伊邪那岐命)とイザナミノミコト(伊邪那美命)の時代のものとされます。, ある物語ではイザナギノミコト(伊邪那岐命)とイザナミノミコト(伊邪那美命)が天に帰ろうとして、天にも届く梯子を作ったところ、ふとした瞬間にそれが倒れて天橋立になったとされ、, 順調にイザナギノミコト(伊邪那岐命)とイザナミノミコト(伊邪那美命)は神産みをつづけ、山、海、風、土、木と言った神様を産みます。, しかし、火の神を生んだ時に、イザナミノミコト(伊邪那美命)が女性器を大やけどし、それが原因で亡くなってしまいます。, イザナギノミコト(伊邪那岐命)はイザナミノミコト(伊邪那美命)の死を大いに悲しみます。, そして、イザナミノミコト(伊邪那美命)の死の原因となった火の神を殺します。 そして、同じように2柱が突如生まれます。, そして、この5柱の神様の後、7代の神様が生まれます。 となります。, しかし、イザナミノミコト(伊邪那美命)とイザナギノミコト(伊邪那岐命)は国産みを行えと命を受けて地上へ来ましたが、産むという行為自体どのようにして作るのかも分かっていない状態でした。, そこで、イザナギノミコト(伊邪那岐命)がイザナミノミコト(伊邪那美命)にあなたはどのように体ができあがりましたか(できていますか)?, イザナミノミコト(伊邪那美命)はそれに答えて、「私の体は(よくわからないが)成りあがってできました。ただ足りない部分が一か所あります。」と言います。, イザナギノミコト(伊邪那岐命)は「私の体も(よくわからないが)成りあがって、余っている箇所があります。ちょうどこの余っているところをあなたの足りないところに刺して塞いで国を作ろうと思いますがどうですか?」と聞くと、, 「良いでしょう。では天の御柱を回って出会って『みとのまぐわい』をしましょう!」と提案をします。, 天の御柱を回って出会うというのは、今で言う結婚式のような儀式のことを指します。 イザナギノミコト(伊弉諾尊)はイザナギノミコト(伊邪那美命)と共に本州を含む日本の島々・神々を生む神様です。, 愛するがゆえに苦しむ神様のイザナギノミコト(伊弉諾尊)について今回は詳しく見ていきましょう。, イザナミは「誘う女の神様」という意味なので、お互いに惹き合う神様を表現しているのです。, 熊野速玉大神は熊野速玉神社に祀られるご祭神で、熊野権現という熊野信仰の神様の一柱です。, イザナギノミコト(伊弉諾尊)の祀られる神社は多くの場合、イザナギ・イザナミの夫婦神がともに祭神となっているというものが多いです。, イザナギノミコト(伊弉諾尊)がアマテラスオオミカミ・ツクヨミノミコト・スサノオノミコトの三貴神を生み、それぞれの神に高天原(天上界)・夜之食国(夜)・海原(海)を委任したのち、幽宮(かくりのみや)という宮殿を建てて隠居します。, この幽宮を建てた場所を古事記では「淡海(おうみ)の多賀」、日本書紀では「淡路之州(あわじのしま)」と表記しています。, この表記から淡路島の多賀の地にある伊弉諾神宮はイザナギノミコト(伊弉諾尊)が隠居をした地として、有名な神社となります。, 伊弉諾神宮には、夫婦円満になるという、「夫婦大楠」という双つの楠が一つの大きな楠になったパワースポットとして人気の場所があります。, 淡路島にはイザナギノミコト(伊弉諾尊)の伝承の地が多くありますが、伊弉諾神宮は特に有名な場所ですのでぜひ一度行ってみることをおすすめします。, ちなみに、最近人気の御朱印集めでも伊弉諾神宮は人気です。 ƒgƒbƒvƒy[ƒW‚É–ß‚é@@@@ƒCƒUƒiƒMƒCƒUƒiƒ~–ÚŽŸ@@@@ŽŸ‚Ì‘æ‚T•”‚ɐi‚Þ しかし、イザナミノミコト(伊邪那美命)は戻ることはありません。, 大変悲しみながらも、その亡骸をイザナギノミコト(伊邪那岐命)は比婆山という場所に葬ります。, イザナギノミコト(伊邪那岐命)がイザナミノミコト(伊邪那美命)を葬ったとする場所には複数の候補があります。, その一つが古事記にある「出雲国と伯耆国の境にある比婆山」です。 それでも、逃げる夫に今度は黄泉軍(よもついくさ)という1500人の軍隊を差出ます。 そして「みとのまぐわい」とは性交のことです。, イザナミノミコト(伊邪那美命)の提案によって、2柱の神は、この世で初めて行われる結婚式を執り行います。, この結婚式は、オノゴロ島にある神殿の天まで届くような高い柱(天の御柱)をそれぞれが違う方向に向かって進み、出会った時に、何と素敵な姫/何と素敵な殿方と互いに言い合うというものです。, 実際にイザナミノミコト(伊邪那美命)とイザナギノミコト(伊邪那岐命)はこの儀礼を行います。, この時、イザナミノミコト(伊邪那美命)が先にイザナギに向かって、「何と素敵な殿方」と声をかけてしまいます。, しかし、男性から声をかけるべきであるという暗黙のルールがあったために、この結婚式の後に生まれる子供は手足のない不具の子のヒルコ神(蛭子神)になってしまいます。, この問題の解決策について別天津神に相談をしたところ、占いで「男性から声をかけるべし」と結果が出たので、その通りにしてみると、淡路島が生まれ、どんどん日本の島々を生むようになります。, 古事記では、産むために性交をするということを知らなかったイザナミノミコト(伊邪那美命)とイザナギノミコト(伊邪那岐命)は互いの体の特徴からどうすべきかを導き出しますが、日本書紀では、鳥の鶺鴒(セキレイ)のしっぽを上下に振る様を見て性交の方法を知るという記載もあります。, 不具の子として生まれたヒルコ神(蛭子神)を岩屋の浜から海に葦の船に乗せて流したとされる伝説が残る神社です。, 順調にイザナミノミコト(伊邪那美命)とイザナギノミコト(伊邪那岐命)は国産みを行い、今の本州にあたる「大倭豊秋津島」を産みます。, この時、ワダツミという海の神、オオヤマツミという山の神、その他様々な森羅万象を司る神様をお産みになります。, 順調に神々を産みましたが、火の神であるヒノカグツチ(火之迦具土神)を生んだ時に陰部を大やけどして、それが原因でイザナミノミコト(伊邪那美命)は無くなってしまいます。 島根県安来市比婆山御陵 現在島根県(出雲国)と鳥取県(伯耆国)の付近にある、様々な場所にイザナミノミコト(伊邪那美命)の御陵があります。 イザナミノミコト(伊邪那美命)はこの言葉を聞いて、次のように言いました。 「愛おしい私の夫よ! あなたがこのようなひどい仕打ちをするのなら、私はあなたの地上の世界の人達を毎日1000人ずつ絞め殺してあげましょう! こられは後程見る日本神話の物語でイザナミノミコトが持つ別の一面を表したものです。, イザナミノミコト(伊邪那美命)は神産みの最中、火の神の出産により、帰らぬ神様になってしまいます。, この物語からイザナミノミコト(伊邪那美命)は死者の世界の神様であるとされています。 後程見る、黄泉平坂は悪霊が多くいる心霊スポットとしても有名です。, イザナギノミコト(伊弉諾尊)とイザナミノミコト(伊邪那美命)の2柱の織り成す物語。, そして、日本の国・皇祖神の成り立ちと言った古事記・日本書紀等日本神話の中の最も重要な場面の一つを見ていきましょう。, イザナギノミコト(伊弉諾尊)とイザナミノミコト(伊邪那美命)の家系図を書くと、2柱の間の35柱の神とイザナギノミコト(伊弉諾尊)が生んだ14柱の神と少々多いので、有名な神様をまとめます。, ※1 ヒルコ神(蛭子神)はイザナミノミコト(伊邪那美命)とイザナノミコトの間に生まれますが、不具の子であったため、海に流され子供とみなされないとされます。, イザナギノミコト(伊弉諾尊)は古事記と日本書紀、それぞれで誕生が違う描写をされています。, この世にまだ何も存在しない世界に、造化三神という性別のない神様(独神)が生まれます。 揖夜神社/揖屋神社(いやじんじゃ)の公式HPはこちら, 無事に黄泉の国から帰ってきたイザナギノミコト(伊邪那岐命)は自分の体が、死者の世界にいたことで穢れていると感じます。, この禊祓を行っている時に、イザナギノミコト(伊邪那岐命)から14柱もの神様が生まれます。, 住吉三神という底筒男命、中筒男命、表筒男命という神様や海の神を生み、最後に特に高貴な3柱の神を産みます。, それが三貴神である、 花窟神社の公式HPはこちら, イザナミノミコト(伊邪那美命)はイザナギノミコト(伊邪那岐命)を甦らせるべく、死者の国である黄泉の国へ行くことを決心します。, イザナギノミコト(伊邪那岐命)は黄泉の国へ単身乗り込み、イザナギノミコト(伊邪那岐命)のいる神殿へと向かいます。, ここでイザナギノミコト(伊邪那岐命)はイザナミノミコト(伊邪那美命)と扉を挟んで再開をすることが叶います。, そして、イザナギは「帰ってきてまた二人で国・神を作って素晴らしい国を作ろう!」と言います。, 最初、イザナギノミコト(伊邪那岐命)は「ヨモツヘグイという黄泉の国の食べ物を食べてしまい、黄泉の国の住人になってしまったから帰ることはできない」と言っていましたが、, イザナギの強い気持ちに応えたいと思い、「黄泉の国の神に変えることはできないか聞いてくるから待っていて欲しい」と伝えます。, この時、イザナミノミコト(伊邪那美命)は絶対に二人を隔てる扉を開けて自分の姿を見ないように約束をしてと伝えます。, イザナギはこの約束を守ると言い、黄泉の国でイザナミノミコト(伊邪那美命)の帰りを待ちました。, そこでイザナギが見たのは、ウジ虫が体中にわく朽ち果てたイザナミノミコト(伊邪那美命)の姿でした。 「すでに黄泉の国の食べ物のヨモツヘグイを食べてしまって帰ることができない」と伝えます。, 黄泉の国の掟では、ヨモツヘグイを食べてしまうと、この世界の住人となり、蘇ることはできないとされています。, しかし、イザナギノミコト(伊邪那岐命)は諦めず、熱意を込めて帰ろうと伝え、ついにイザナミノミコト(伊邪那美命)も地上の世界に帰れないか黄泉の国の神に確認してみると言いました。, 確認してくる間、絶対に二柱の間にある扉を開けてはならないという約束をして、イザナミノミコト(伊邪那美命)は黄泉の国の神の許へ行きます。, そしてイザナギノミコト(伊邪那岐命)は待ち続けるのですが、待っても待っても中々帰ってこないので、心配になりイザナミノミコト(伊邪那美命)に確認をしようと約束を破り神殿の扉を開けてしまいます。, すると、そこにはウジ虫がわき、体に雷神をまとった変わり果てたイザナミノミコト(伊邪那美命)の姿がありました。, イザナギノミコト(伊邪那岐命)はこの変わり果てた姿に恐れをなして逃げ出します。 この関係は他の世界の神話でも見られるものです。, また、イザナギの失態からイザナミノミコト(伊邪那美命)とは永遠に別れてしまうことになります。, 日本神話に出てくる男性神は、イザナギのようなミスを犯してそのたびに何かしらの罰を受けます。(山幸彦(ほおり)と豊玉姫), これらの人間的な感情の動きや教えも、日本神話の深みを感じるものとさせているのかもしれません。, アマテラスオオミカミ(天照大御神)イザナギノミコト(伊弉諾尊)イザナミノミコト(伊邪那美命)スサノオノミコト(素戔嗚尊)ツクヨミノミコト(月読命)古事記日本書紀. イザナギとイザナミの神生みの話。国を生み終えて、続いて二人はたくさんの家宅を表す神、風の神・木の神・野の神といった自然にまつわる神々を生んだ。最後に火の神を生んで陰部に火傷をおうイザナミ … イザナギイザナミ・第4部 黄泉の国 このページでは黄泉の国を研究してみることにします。 黄泉の国と常世の国は共通性があり、古事記にこんな一節があります。 「ミケヌノミコトは波の穂を跳びて常世の … 広島県比婆山御陵, また、古事記では比婆山にイザナギノミコト(伊邪那岐命)がイザナミノミコト(伊邪那美命)を葬るという表記がありますが、日本書紀では、「紀伊国 熊野の有馬村」という場所に葬ると表記があります。, この場所は現在の三重県にある花窟神社になっていて、イザナギノミコト(伊邪那岐命)がイザナミノミコト(伊邪那美命)を葬ったという場所には45メートルにもなる大きな岩があります。, イザナギノミコト(伊邪那岐命)がイザナミノミコト(伊邪那美命)を比婆山に葬った後、比婆山に向かって、「ああ、吾が(我が)妻よ!」と呼びかけたという伝説のある山です。, さて物語は続き、イザナギノミコト(伊邪那岐命)はイザナミノミコト(伊邪那美命)の死を受け入れられず、どうにかして、甦らせられないかと考えます。, そして、黄泉の国という死者の国に行きイザナミノミコトを連れ帰ればよいと考え、黄泉の国へと向かいます。, イザナギノミコト(伊邪那岐命)はイザナミノミコト(伊邪那美命)を迎えに、葦原中津国と黄泉の国の間にある黄泉平坂/黄泉比良坂(よもつひらさか)を通って死者の国に入っていきます。, 黄泉の国のイザナミノミコト(伊邪那美命)がいる神殿の前に立ち、「まだ地上世界は完成していない!一緒に帰って一緒に豊かな国を作ろう!」とイザナギノミコト(伊邪那岐命)は声をかけます。, イザナミノミコト(伊邪那美命)はその言葉を喜びますが、 7代とは、2柱の独神と、5組10柱の男女神(2柱で1柱と考える)が生まれる神代七世というシーンになります。, この神代七世の最後の男女ペアの神様として生まれるのがイザナギノミコト(伊弉諾尊)とイザナミノミコト(伊邪那美命)です。, イザナギノミコト(伊弉諾尊)はイザナミノミコト(伊邪那美命)の兄という立場で何もないところから、成り立ちます。, ちなみに、日本書紀では、造化三神はいなく、国之常立神の孫として生まれる、アヤカシコネノカミの子として生まれるという表記も存在します。, 古事記の伝承では、イザナギノミコト(伊弉諾尊)とイザナミノミコト(伊邪那美命)は造化三神のアメノミナカヌシにまだ何も存在していない地上の世界の葦原中津国に国を造ってくるようにと名を受けます。, アメノヌボコという鉾を受け取り、イザナギノミコト(伊弉諾尊)とイザナミノミコト(伊邪那美命)は天上界の高天原(たかまがはら)と葦原中津国をつなぐ天浮橋から海を突きます。, このころはまだ地上の世界は海だけの世界で、水の上には油のような何かがクラゲのようにぷかぷかと浮いていたようです。, この島を自ずとできた島という意味で「オノゴロ島」と名付け、イザナギノミコト(伊弉諾尊)とイザナミノミコト(伊邪那美命)は地上に降り立つのでした。, イザナギノミコト(伊弉諾尊)とイザナミノミコト(伊邪那美命)はオノゴロ島へ降り立ち、国産みと神産みをするための相談をします。, それぞれの神は生まれたときは自然と体が成り上がったのですが、それぞれ体に、足りない部分(女性器)と余っている部分(男性器)があるということを知ります。, この話し合いの後、イザナミノミコト(伊邪那美命)は「天の御柱を回って出会って『みとのまぐわい』をしましょう」という提案をします。, 天の御柱とは、オノゴロ島にイザナギノミコト(伊弉諾尊)が造った神殿にある、天にも届くような大きな柱です。

アマテラスオオミカミ(天照大御神)、ツクヨミノミコト(月読命)、スサノオノミコト(素戔嗚尊)です。, イザナギノミコト(伊邪那岐命)はこの三貴神に、それぞれ高天原、夜之食国、海を任せ幽宮(かくりみや)を造り隠居をします。, 古事記の表記では、黄泉の国から帰ってきたイザナギノミコト(伊邪那岐命)の禊祓の時に三貴神は生まれますが、日本書紀ではイザナギとイザナミの間に生まれます。, さらに、日本書紀ではヒルコ神(蛭子神)はツクヨミノミコト(月読命)とスサノオノミコト(素戔嗚尊)の間の子として生まれます。, 前述しましたが、三貴神を生む重要な場面である禊祓をした地として、宮城県の阿波岐原は有名です。, イザナギノミコト(伊邪那岐命)が禊祓をしたというみそぎ池も残っているとても神聖な土地です。, 幽宮を造り、そこで余生を過ごすのですが、その伝承の地として、淡路島の多賀の地と滋賀県(近江)の多賀の地があります。, アマテラスオオミカミ(天照大御神)イザナギノミコト(伊弉諾尊)イザナミノミコト(伊邪那美命)スサノオノミコト(素戔嗚尊)ツクヨミノミコト(月読命)古事記日本書紀. EEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE. ©Copyright2020 神仏.ネット.All Rights Reserved. ※他にも様々な伝承地があります。, オノゴロ島へ降り立ったイザナミノミコト(伊邪那美命)とイザナギノミコト(伊邪那岐命)はここで国産みをしましょう! すると、次にできた子は元気な淡道之穂之狭別島(淡路島)でした!, この後も、四国、隠岐、九州、壱岐、対馬、佐渡、そして大倭豊秋津島(本州)を産みます。 イザナミノミコト御陵とされる史跡の公式HPはそれぞれ以下の通りです。 ちなみに、この時も神々が生まれますが、この中に天津神最強のタケミカヅチ(建御雷神)もいます。, 古事記では「出雲国と伯耆国の境にある比婆山」として、 EEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE イザナギノミコト(伊弉諾尊)の幽宮という字が入るという独特の御朱印です。, 滋賀県の多賀大社も、イザナギノミコト(伊弉諾尊)の幽宮があったとされる、多賀の地にある神社です。, 古事記では「淡海(おうみ)の多賀」と表記しているのを、近江(おうみ)という音から滋賀であるとする説もあります。, 全国的に多賀大社は分祀社も多く、古くからイザナギノミコトとイザナミノミコトを祀る神社として有名です。, 多賀大社の近隣にも、三本杉というイザナギノミコト(伊弉諾尊)の説話の残るご神木があります。, イザナギノミコト(伊弉諾尊)が黄泉の国から帰ってきて穢れを払うため、禊祓を行った場所という伝承の残る地です。, この地にある、「みそぎ池」は祓詞・大祓詞・天津祝詞と言った有名な祝詞の冒頭に出てくる「筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原(檍腹)に禊ぎ祓えたまいし・・・」というイザナギノミコト(伊弉諾尊)が禊祓を行った描写のまま、禊祓をされた場所だと伝承が残っています。, 実際、神話に出てくる土地はその神話の物語のままのパワーを持つ場所だと言われています。

※ただし、物語中にも出てきますが、イザナミノミコト(伊邪那美命)ではない、黄泉の国の神様の存在もいますので、黄泉の国の神様ではないとする説もあります。, イザナミノミコト(伊邪那美命)が黄泉の国を脱出しようと逃げるイザナギノミコトに追いついたという神話の物語から、ついた名前です。, ただし、イザナギノミコトが禊を行う際に靴を脱いだ時に生まれた神様で、靴の神様であるという説もあります。, 名前からわかるように、イザナミノミコト(伊邪那美命)は物語の中で、正反対の性格とを持つ神様なのです。, イザナミノミコト(伊邪那美命)を祀る神社の中には、イザナミノミコト(伊邪那美命)の神話の中の物語と関係のある神社も多くあります。, 江戸時代から多くの人がここではないかとしているのが、比婆山御陵という地があるのですが、この地も複数の候補があり、比婆山久米神社はその一つの候補地です。, イザナギノミコトが黄泉の国(死者の国)へ、イザナミノミコト(伊邪那美命)を迎えに行くという神話に出てくる、黄泉の国への入り口に続く黄泉平坂の近くにある神社が揖夜神社/揖屋神社(いやじんじゃ)です。, ちなみに、黄泉平坂は現在でも非常に悪霊が多いとされる心霊スポットですので、面白半分で行くのはおすすめいたしません。, イザナミノミコト(伊邪那美命)は日本書紀では、紀伊の国の熊野の有馬村に葬られたと表記があります。, 花窟神社はイザナミノミコト(伊邪那美命)が葬られたとされる伝説が残る花の窟という御陵に創建された神社です。, 上記で見たほとんどの神社ではイザナミノミコト(伊邪那美命)とイザナギノミコトが祀られています。, しかし、イザナミノミコト(伊邪那美命)とイザナギノミコト(伊邪那岐命)は日本神話の中では最後離縁をしているのです。, 日本神話の中でどのように離縁につながったのか。 ちなみにこの菊理姫(ククリヒメ)は瀬織津姫と言う神様と同一視されている神様です。, イザナミノミコト(伊邪那美命)を追いかけて、黄泉の国へ行くイザナギが通る、死者の国への入り口の黄泉平坂(よもつひらさか)は島根県にあると言われています。, 前述しましたが、黄泉平坂は現在揖夜神社/揖屋神社(いやじんじゃ)の近くにあり、イザナギが黄泉の国の入り口を閉ざした千人引きの大岩も残されています。 島根県安来市比婆山御陵 島根県松江市岩坂陵墓(宮内庁の認定するイザナミのお墓はここ)

「愛おし我が妻よ。あなたがそうするなら私は一日に1500もの産屋をこの世界に建てましょう」と答えます。, イザナギノミコト(伊邪那岐命)がイザナミノミコト(伊邪那美命)を求め死者の国へ向かった時に通る入り口である、「黄泉平坂(よもつひらさか)」は島根県に今も残っています。, 黄泉平坂は現在揖夜神社/揖屋神社(いやじんじゃ)という神社の近くにあり、この神社ではイザナミノミコト(伊邪那美命)が祀られています。, 黄泉平坂には今も、イザナギノミコト(伊邪那岐命)が黄泉の国の入り口を閉ざした千人引きの大岩もあり心霊スポットとしても有名です。 イザナギイザナミ・第4部 黄泉の国 このページでは黄泉の国を研究してみることにします。 黄泉の国と常世の国は共通性があり、古事記にこんな一節があります。 「ミケヌノミコトは波の穂を跳びて常世の … イザナミノミコト(伊邪那美命)の日本神話の話を詳しく見ていきましょう。, 日本神話の中でイザナミノミコト(伊邪那美命)は多くの神様を生みますが、特に物語でかかわりの深い神様をご紹介します。, 今回ご紹介した神様はほんの一部で、イザナミノミコト(伊邪那美命)はこのほかにも、島・山・海・金・土・水・風様々な自然の神様をお産みになります。, ※1 ヒルコ神(蛭子神)はイザナミノミコト(伊邪那美命)とイザナノミコトの間に生まれますが、子供とみなされないのが一般的です。 「ミ」は「美(み)・女性を表す詞」 「愛おしい私の夫よ!あなたがこのようなひどい仕打ちをするのなら、私はあなたの地上の世界の人達を毎日1000人ずつ絞め殺してあげましょう!」と, イザナギノミコト(伊邪那岐命)はこの言葉に さらに逃げる夫に今度は八柱の雷神を遣わします。, 尚も逃げるイザナギノミコト(伊邪那岐命)はやっとの思いで、死者の世界と地上の世界の境にある黄泉平坂の麓にたどり着き、魔除けの効果のある桃を投げ追ってを蹴散らします。, すると今度は、イザナミノミコト(伊邪那美命)がイザナギを黄泉の国に連れ戻すため自ら飛んできます。, そして、イザナギノミコト(伊邪那岐命)は黄泉の国の入り口を千人引きの大きな岩(千人が力を合わせてやっと動く大岩)でふさぎます。, イザナギノミコト(伊邪那岐命)はイザナミノミコト(伊邪那美命)にこの岩を挟んで「ことどを渡し」ます。 イザナミノミコト(伊邪那美命)は日本という国(島々)を生み、太陽・月・火・土・金・水等々ありとあらゆる神々を生み出した母神様です。, イザナギノミコト(伊邪那美命)と共に、日本という国を生み、私たちの生活に欠かせない様々なものを生み出す神様なのですが、死後の世界の神様でもあるとされています。, イザナミノミコト(伊邪那美命)の神話の中の輝かしい物語から悲しい物語まで、それらの伝承のある地も含めて解説をします。, イザナミノミコトという神様は日本書紀や古事記の中では、感じで次のように表記されています。, この名前の由来は、 イザナミノミコト(伊邪那美命)の手や足には様々な種類の雷神がいました。, イザナミノミコト(伊邪那美命)はイザナギに変わり果てた姿を見られたことを恥じ、イザナギを黄泉の国から逃がすまいと黄泉の国の兵やら、自分に付いている雷神やらを遣わして追いかけます。, イザナギは何とか黄泉比良坂のふもとまで逃げて、除霊の力のある桃を投げて黄泉の国の兵や雷神を撃退します。, 黄泉の国の兵や雷神を蹴散らした後、今度はイザナミノミコト(伊邪那美命)が黄泉平坂までイザナギを追いかけてきました。, すると、イザナミノミコト(伊邪那美命)は「愛する夫よ、私にそのようなことをするのであれば、あなたの国(地上の国)の人間を一日1000人ずつ絞め殺しましょう」と言います。, イザナギはそれに答え、「愛する妻よ、あなたがそうするなら、私はこの国に1500もの産屋を建てましょう(命を誕生させましょう)」と言います。, こうして、人々に寿命ができ、イザナミノミコト(伊邪那美命)は黄泉津大神という名前、道敷大神という名前が付けられるようになります。, ちなみに、日本書紀ではイザナミノミコト(伊邪那美命)とイザナギノミコト(伊邪那岐命)が別離を含めて言い争いをしているところに、菊理姫(ククリヒメ)という神様が現れ、仲直りをするという物語もあります。