バイクのメーカーは、国内には4社あることは皆さんご存知のはずです。しかし最近では海外のメーカーも有名になり、こちらもかなり人気が上がってきており、おすすめです。今回はおすすめのバイクのメーカーの国内と海外の比較・特徴・一覧を徹底解説します。, クールでトラッドなアメリカンバイクを乗りこなすのに、やはり気になるのは体全体の着こなし。アメリカンバイクにマッチしたヘルメットでアクセントをつけたいところ。ヘルメットをお探しのワイルドな人達へ、アメリカンバイクにぴったりのヘルメットをラインナップ!, 見た目がオシャレなアメリカンバイクに乗る際には、ちゃんと服装までこだわらなくてはいけません。アメリカンバイク自体がカッコよくても、服装がイマイチだとダサく見えてしまうからです。ここでは、絶対に外せないファッションポイント10選を紹介します。, Copyright (C) First Style, All Rights Reserved, バイクメーカーと一言で言われても、国内を含めてもさまざまなメーカーがあります。当然メーカーごとにデザインや性能などの違いもあります。特に海外メーカーは国内メーカーとは違い国ごとの特徴が現れていたりと、さまざまな特徴や魅力があります。実際にバイクを選ぶ人のほとんどは自分がそのメーカーが好きだからという理由や、親が昔乗っていた殻など、理由もさまざまです。メーカーについては、自分が気に入ったメーカーを選ぶことが一番です。また、バイクの場合は、購入する前に実際にお店などを訪れ、実際にまたがってみることもできるため、実際の乗り心地をメインに検討することも良いでしょう。, 引用: http://www.goobike.com/catalog/detail/photo/1010380_00_2016_02.jpg, 引用: https://i.ytimg.com/vi/h9JUOMdxNHI/maxresdefault.jpg, 車のメーカーとしても有名な本田は、バイクの世界でも非常に有名です。特にバイクについては日本では最もシェアが高く、信頼性もまさに折り紙つきです。本だのバイクとして最も有名なものは、郵便配達や新聞配達などでも良く見るスーパーカブです。その特徴的な見た目からは想像することもできないほどの高性能さは、普段の通勤の足からツーリングなどにも使われ、さまざまなカスタムもされています。また、CB400SFは、多くの教習所において教習者として用いられており、免許の取得の際にお世話になったという方も多いはずです。信頼性や乗りやすさなどの観点からすると、ダントツでおすすめです。, 引用: http://www.kumakuma.world/wp-content/uploads/2015/10/Light_Weight_Super_Sports_Concept.jpg, 引用: https://motor-fan.jp/images/articles/10003744/big_main10003744_20180406121923000000.jpg, バイク以外にも、オルガンやピアノなどの楽器、半導体などの生産もしているヤマハは、ホンダについでバイクの信頼性も高いです。特にエンジンについては非常に技術力が高く、自動車では最もシェアが高いトヨタのエンジンの部品の多くは、ヤマハの部品を使用しているほどです。ホンダと同じくこちらも優等生的なメーカーですが、デザインについては尖ったデザインも多く出しています。また、最近ではトリシティの開発を皮切りに、転ばない安全なバイクというコンセプトをもとに、ユニークな車種を展開していることもあり、これからの展開が気になるバイクメーカーであります。, 引用: https://img.webike.net/moto_img/v3/1/926/L_4f90cf01a5750dd311b4bb0c28.jpg, 引用: http://www.rock-tune.com/wp-content/uploads/2015/10/Yamaha-MWT-9-concept.jpg, 自動車でも軽自動車を中心に発売しているスズキは、バイクの世界でも人気があります。スズキの特徴は、なんと言っても独特のセンスです。デザインはもちろん、性能についても常に最速を目指しているというユニークなメーカーです。特に有名なものとしては、市販車で初めて時速300キロ超えを果たした隼です。現在でも隼のエンジンを車に乗せたり、さまざまな魔改造をする人もいます。そんなスズキのバイクのファンは、鈴菌感染者と呼ばれています。鳥取にある若さ鉄道には、隼駅という駅があり、スズキが公式に聖地としてしまったこともあり、毎年全国から1200台もの隼が集まる隼駅祭りなんてものも行われるほど、熱狂的なファンが多いです。, 引用: http://moto-be.com/wp/wp-content/uploads/2016/10/GSX-R1000R-728x485.jpg, 引用: http://www3.suzuki.co.jp/bikeshop_data/790/1792/22146_L.jpeg, 電車や飛行機、船などの大型の乗り物を中心に製作しているカワサキは、個人向けとしてバイクを製作していることで有名です。他のメーカーとは違い、基本的には中型か大型のオフロードかスポーツバイクしか販売しないというストイックさが、カワサキならではです。昔はカワサキのバイクをショップに持ち込むと微妙な反応をされるほど、仕様が特別であるという変わった逸話がありますが、現在はそんなことはありません。最近では、カワサキの看板車種であるニンジャが、バイクレースで好成績を収めているということもあり、ニンジャシリーズを中心に人気が高まっています。, 引用: https://s.aolcdn.com/hss/storage/midas/3313c5ad27315baaa4e6d0103bc3867f/205849346/2018-kawasaki-ninja-h2-sx-03-1.jpg, 引用: http://jafmate.jp/blog/media/0bb7a57221eb3dff86505c136793f971afb2ba4c.jpg, 国内のメーカーはさまざまなタイプを販売しているメーカーがほとんどですが、海外になると沿うとも限りません。ここからは海外のメーカーを紹介していきます。ハーレーダビッドソンは、名前からわかるようにハーレーを専門としています。他のメーカーとは違いハーレー一筋でやっているこのメーカーは、ある意味ストイックなメーカーです。しかし、ハーレー一筋でやってきたからこその信頼感も大きく、性能は申し分ありません。また、カスタムパーツも充実しており、このメーカーを純正で乗っている人を探し出すことが難しいほど、ほとんどの人が自分好みのカスタムをしています。, 引用: https://h-d.jp/images/model/gallery/main/gal_184LE2_0.jpg, 引用: http://www.goobike.com/catalog/detail/photo/2050122_00_2014_04.jpg, イタリアの自動車メーカーといえば、フェラーリやランボルギーニが有名です。最近はアルファロメオというメーカーも人気が出ています。ではイタリアのバイクメーカーといえば、という質問になると、ドゥカティ一択ということになります。このメーカーの特徴は、4気筒エンジンよりも鼓動が大きく暴れやすいV型2気筒エンジンを使用しており、独創的なデザインと走行性で人気を呼んでいるメーカーです。一昔前までは保障期間内に必ず不具合が見つかるほど壊れやすいという印象が強かったのですが、現在はそのようなこともなく、維持費も昔と比べると日本車と変わらないぐらいになっています。, 引用: http://img1.kakaku.k-img.com/images/productimage/fullscale/K0000025275.jpg, 引用: http://www.goobike.com/catalog/detail/photo/5180037_00_2007_11.jpg, 見出しを見た際、BMWってバイク出していたのと驚いた方も多いはずです。あまり知られていないのですが、実は出しているのです。BMWといえば車というイメージが強いメーカーですが、バイクも実は人気があります。さすがドイツのメーカーです。品質も自動車と同じく非常に高く、海外メーカーではあるものの国産車に引けをとらないほど品質が高いです。特にエンジンにこだわっており、バイクでは珍しい水平2気筒エンジンを搭載していたりと、こちらもなかなかこだわりのあるメーカーです。こちらもかなりラインナップを多く取り揃えているため、初心者にもおすすめです。, 引用: http://www.goobike.com/catalog/detail/photo/3090086_11_2016_07.jpg, 引用: http://img.bikebros.co.jp/vb_img/tieup/short/rsgear/02/01.jpg, オーストリアのバイクメーカーであるKTMは、バイク好きの人にとっては、オフロードの印象が強いはずです。創立当初からオフロード一筋できており、レースでも数々の功績を挙げてきていました。しかし、2003年にロードレースに参戦したことを皮切りに、ロードバイクの開発も始めており、ロードバイクレースでもここ最近はタイトルも取っていたりと、好成績を残しています。このメーカーの特徴はなんと言ってもオフロードタイプです。しかし最近は、ネイキッドタイプとフルカウルタイプの中間に位置する、ストリートファイトタイプのバイクが人気を呼び、これからが楽しみなメーカーです。, 引用: https://weblio.hs.llnwd.net/e7/img/dict/ktmbd/950_o1.jpg, 引用: http://image.bikebros.co.jp/bike_img/0/5321/1_l.jpg, いかがでしたか。バイクメーカーは国内も良いですが海外もなかなか侮れないということがわかったと思います。どうしても日本人としては信頼性のある国産メーカーが安心するという人も多いです。しかし最近は、海外メーカーのものも昔と比べると壊れにくく、維持費も国産のものと変わりなくなりました。そのことは、ハーレーダビッドソンの日本での人気が物語っています。今回紹介したメーカー以外にも、海外を中心に多くのメーカーがありますので、もし興味のある方は調べてみてはいかがでしょうか。皆さんもぜひ、バイクを購入する際は海外メーカーも検討してみてはいかがでしょうか。, 引用: https://www.underpowermotors.com/wp-content/uploads/2016/07/20160714123454-800x448.jpg, 引用: http://love-motorbike.com/assets/img/bike/eliminator250v.jpg?1500550959.