マンチェスター・シティのベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネのプレースタイルなどをまとめました。, デ・ブライネはクラブでも代表でもキープレイヤーです。デ・ブライネをもっと詳しくなれる内容になっていますので、最後まで読んでみてください。, デ・ブライネはプレミア…いや、世界屈指のチャンスメイカーです。視野が広く、パス技術も優れている世界有数のサッカープレイヤーの1人です。, たくさんのスキルと能力の高さが必要になりますが、デ・ブライネはこれまで幾度もなく決定的なスルーパスをアグエロやジェズスなどに供給してきました。代表ではルカクなどにゴールを演出しています。, デ・ブライネの高速クロスやワンタッチでのスルーパスは破壊的ですので、試合観戦した際は注視したいですね。, デ・ブライネは得点能力も非常に高いです。記憶に新しいところであれば、2018年ロシアW杯準々決勝のブラジル戦。決勝点となった2点目は、素晴らしいミドルシュートでした。, 17-18シーズンでは、8ゴールもあげているので得点能力の高さが伺えると思います。, デ・ブライネは高いキック精度を持っているため、ピッチのどこにいても違いを作れる選手です。サイドから切り込んでゴールを狙っても良いし、スルーパスを供給しゴールを演出するのもできる。, 17-18シーズンは8G16A、14-15シーズンのヴォルフスブルク時代は10G20Aと実力に疑いの余地なし。, ちなみに、マンCでは中央でプレーする機会が多いですが、一気に才能を開花させたヴォルフスブルク時代はサイド攻撃がメインでした。, 18-19シーズンはケガで出遅れてしまいましたが、今シーズンはフル稼働。プレミアリーグ35試合に出場して13ゴール20アシストとシティには絶対欠かせない存在として君臨。, 主にインサイドハーフの右でプレーをし、ベルナルド・シウバやマフレズらとともに、右サイドを制圧していました。目立ったのは高速クロス。速く鋭いグランダークロスを供給して、いくつものチャンスを作り出していました。, 来シーズンで30歳。サッカー選手として成熟したプレーが見られるのも残りわずかかもしれません。なので、来シーズンもデ・ブライネのプレーには大注目です。, 2003年、KAAヘントのユースでキャリアをスタート。2005年にKRCヘンクへと移籍し、2008年にトップチーム昇格を果たしました。, その後チェルシーへ移籍するも、当時監督だったモウリーニョに嫌われ出場機会に恵まれませんでした。, 出場機会を求めて、ヴォルフスブルクへと移籍。そこで一気にブレイク、同チームを2位まで押し上げ、2015年夏にマンチェスターCへと移籍しました。, デ・ブライネはベルギーのゴールデンエイジと呼ばれる1人。2010年からベルギーA代表でプレーをしていて、アザールやルカクらとベルギー代表の攻撃陣を牽引してきました。, 恐らくベルギー代表でのプレーは、EURO2020が最後になると思います。集大成として栄光のトロフィーをベルギーに持ち帰ってほしいですね。, クラブでも代表でもエースと言われている選手です。パス・シュート・スピード、どれも優れた技術を持っています。, これからキャリアピークに差し掛かるので、まだまだ目が離せません。フェルナンジーニョやベルナルド・シウバと一緒に、マンCを支えて欲しいですね。, 海外サッカー選手のプレースタイルやニュースなど、独自の目線で情報発信しています。Twitterをフォローして情報をキャッチ!. <ウイングストライカー> カンテは2020と2021を見比べても間違い探し並みに変化点が見つかりづらいです(笑), プラス面:総合値1UP、コンディション安定度+1、フィジカルコンタクト+9、スキル:コントロールループ追加, マイナス面:フィジカル-1、ヘディング-1、RSB・DMFの薄いポジション適正削除, プラス面:スキル:ワンタッチパス・バックスピンロブ・アクロバティッククリアなどの追加. デブライネとアザールは客に変なあだ名付けて馬鹿にしてそうだから嫌だ 55 : 風吹けば名無し :2018/07/07(土) 03:58:24.73 ID:t1V9SdP00 並ぶところ一つに統一されてんだろ 有効なポジション:RWG/LWG, サラーは総合値的には1ダウンですが、細かい能力値をよく見ると結構マイナスされている要素が多いです。, ただRWGの中ではトップクラスなのは間違いないので、サラーに関してもネイマール同様ゲームバランス次第といった感じだと思います。, 各能力値がほとんど落ちている+コンディション安定度が2つ下がったのが結構痛いですよね。, 前作はネイマールとアザール両方持ちの場合はお好みでという感じでしたが、今作ウイイレ2021ではネイマールに軍配が上がるかと。, ただもちろんアザールもまだまだLWGの中では上位の存在であることは疑いようもありません。, この記事で紹介している黒玉の中で最も強化された選手と言っても過言ではないでしょう。, 前作でも非常に優秀なOMFという立ち位置でしたが、今作ウイイレ2021ではさらに強くなっての登場に。, 今作のデブライネは能力値UPはもちろん、コンディション安定度やスキルといった要素もさらに強化されています。, ただカンテに関しては前作FPになった時にやたらと強化されてる傾向(↓)にあったので、今作はFPカンテに期待といったところですね。, 前作ウイイレ2020ではコンディション安定度がMAXの8に加え、スキル:スーパーサブ持ちという唯一無二の特徴を持つCMFでした。, ただし今作ウイイレ2021では総合値ダウン+コンディション安定度が一気に3つ下がってしまいました。, スキル:スーパーサブは継続して持っているので、今作のアランは最強黒というよりも有能金といった立ち位置ですね。, ちなみにアランのレアリティの変化は【ウイイレ2020開始時:金⇒のちのアプデで黒昇格⇒2021開始時に金降格】という流れです。, 前作ではまるでOMFのようなオフェンス系能力値の高さ・スキルの豊富さが特徴の選手でした。, その上で身長も190cmを超えており、特にウイイレ2020の終盤で出たFPポグバはかなりの強さでしたよね。, 前作ウイイレ2020では足が速くてフィジカルも強く、守備も上手いという理想的な能力値のアンカーでした。, 今作ウイイレ2021のバリオスは前作よりも若干能力値は落ちてはいますが、まだまだ上位黒玉級に強い存在かと。, また、前述のオーバメヤング同様スキル:キャプテンシーが新たに追加され、スキルトレーナー(スキル追加)を使える枠がなくなってしまっているといったデメリットもあります・, スキル構成・守備能力・フィジカルも良いのでFPになることでかなり頼りになるセンターバックでしょう。, スピード値も前作と変わりなく、その上でボール奪取とジャンプが大きく上がっているのが嬉しい点。, 今作のヴァランはコンディション安定度もUPしてるので前作よりもさらに安定して使いやすくなっています。, 前作ウイイレ2020では大柄でフィジカルが特に強く、そしてその上でスピード値もトップクラスに速いのがクリバリの魅力でした。, しかしながら今作ウイイレ2021では能力値が落ちてしまっており、前作ほどの唯一無二感は消えてしまっています。, そしてウイイレ2020では195cmだった身長がウイイレ2021では187cmへと変更されています。, 前作は身長が高ければ高いほどメリットがあったため、身長の低下はかなりの弱体化と言えるかもしれません。, ただ、まだまだスピード値・フィジカル値は全然高いですし、前作があまりに規格外の強さすぎたという面もありますので今作でも黒玉CBの中だと優秀な部類に入るでしょう。, 大柄でフィジカル・守備・パスの能力値が高く、欠点のないセンターバックなのがファンダイクの特徴です。, 前作ウイイレ2020ではコンディション安定度がMAXの8というのも魅力の1つでしたが、今作ウイイレ2021ではコンディション安定度は7。, ただし、ウイイレ2021版デリフトはスキルが大幅強化された代わりにコンディション安定度が下がるといった変更に。, コンディション安定度4のため、毎試合スタメンというわけにはいきませんが調子の良い時は頼りになるDFになってくれるかと。, ちなみに継続プレー特典のFPガチャにも収録されており、発売当日からこの強さのCBを獲得できるのはかなり強みになるでしょう。, 快速センターバックが持ち味のマノラスですが、スピード値は今作もCBとしては高い水準をキープ。, ただし、RSBの濃いポジション適正が薄いポジション適正へと変更されてしまいました。, 今作は4CBが出来ない仕様(SB→CBへポジションの変更が出来ない)なので、マノラスを起用するならばポジショントレーナーを使用してのRSBか3CBがおすすめかなといった感じですね。, また、ムバッペもコンディション安定度・フィジカルコンタクトの面で大幅に強化されており、この2選手は前作よりもさらに見かけるようになるかと思います。, 逆に残念な変更点となってしまったのがクリバリ・アラン・アザールの3名。この3名は今後のFPに期待といったところですね。, そして今作新たに最強キャラとなりえるぐらいの強化をされている黒玉選手も存在しますので、最後に2名だけ紹介します。, 選手の能力値が大きく変わっていてまた前作とは違った環境になるかと思いますので、是非ウイイレ2021もプレイしてみて下さい。, 11月16日クラブセレクション「バルセロナCS」の能力値まとめ【ウイイレ2021】, 11月16日クラブセレクション「アトレティコCS」の能力値まとめ【ウイイレ2021】, 【ウイイレ2021】ユヴェントスのIM(アイコニックモーメント)とレジェンド能力値まとめ. デ・ブライネはベルギーのゴールデンエイジと呼ばれる1人。2010年からベルギーa代表でプレーをしていて、 アザール や ルカク らとベルギー代表の攻撃陣を牽引してきました。 恐らくベルギー代表でのプレーは、euro2020が最後になると思います。

サイドから中に入ってパスをもらう動きをします。 有効なポジション:RWG/LWG/RMF/LMF ただもちろんアザールもまだまだlwgの中では上位の存在であることは疑いようもありません。 【mf編】ウイイレ2020最強黒玉の2021版能力値 デブライネのウイイレ2021能力値. 「ロナウド・メッシ・カンテ・クリバリ・ファンダイクなど前作最強クラスだった黒玉のウイイレ2021能力値は?」, オフェンスセンス・決定力が高いのはもちろん、空中戦・スピード・フィジカルなど完璧な能力値なのが前作ロナウドの特徴でした。, 今作ウイイレ2021ではスピード値が下がってしまったものの、中にはフィジカルコンタクトやオフェンスセンスなどCFに欲しい能力値が微上がりしています。, ロナウドは初心者でも扱いやすいシンプルな強さ、メッシはうまく使いこなせるとより強さを発揮するタイプってイメージですね。, また、プレースタイルがインサイドレシーバー→チャンスメイカーへと変更されたので、前作とはまた違った使用感になるかと思います。, 特にバルセロナクラブエディションのアイコニックメッシは最大レベル上限が非常に高いため、前作のようなスピード・スタミナ値に加えフィジカルコンタクトがそれなりに伸びるのがアイコニックメッシの魅力ですね。, 能力値UPももちろん大きいのですが、やはりコンディション安定度+1とスキル:コントロールループの追加が非常に大きな強化と言えます。, ラインブレイカーはフィジカルがそこまで高くない選手が多い傾向にあるのですが、ムバッペは育成することでフィジカルも充分のラインブレイカーに成長します。, 前作ではスキルの空き枠が1つあったのがオーバメヤングの地味に嬉しい点も1つでした。, スキルの空枠を活かして、ワンタッチパス、スーパーサブなどをつけていた方もいらっしゃるかもしれません。, しかしながら今作ウイイレ2021ではキャプテンシーが追加されてしまったためスキルの追加が出来なくなりました。, また、似たタイプのムバッペが大幅に強化されているのもあり、個人的にはウイイレ2021はオーバメヤングよりもムバッペに軍配が上がるかなと思っています。, これはあくまでムバッペが強くなりすぎただけですので、もちろんオーバメヤングは今作も引き続き優秀なCFではあります。, 今回紹介している黒玉選手の中だと前作ルカクはスキルが少し寂しい面もありましたが、今作ではスキルが若干追加されています。, ネイマールのドリブルはとにかく楽しいですし、トラップの時などネイマールならではのモーションが出ることもありますよね。, そんなネイマールですが、総合値はほぼ変わらないものの前作からスピードとフィジカルコンタクトが低下。, ただウインガーに関しては能力値の変化よりも試合環境・ゲームバランスの変化の方が大事だと思っていて、ウイイレ2020では活きづらかったウインガーが今作目立つようになってくれればうれしいかなって感じですね。, <インサイドレシーバー>※公式ヘルプ アザールを主役にしたチームじゃないと駄目だわな。 今のチェルシーはアザールが自由に動き回れるから強い デブライネとの共存は難しいよ、こいつ守備しないし下手。カラスコのがまだいいわ 攻撃ではアザールに任せてあとは脇を固めるタイプじゃないと 【ウイイレアプリ2020の人気記事】★今週のアイコニックモーメント一覧NEW★選手ステータス比較ツール★今週の最新FP選手一覧HOT★今週のガチャのおすすめ度は?★最強選手ランキング(プレースタイル別)HOT☆最強選手ランキング(ポジション別), 【今週のレジェンドガチャ】★LEGENDS - Worldwide Clubs┗ヨハンクライフHOT┗プジョルNEW┗リヴァウド, ウイイレアプリ2020におけるエデンアザールの能力値(総合値)とスキルです。エデンアザールのステータスや所持スキル、適正ポジションを掲載しています。, 「アザール」の最大の特徴はなんといってもボールコントロールが95、ドルブルが98あるドリブル能力です。更にスピードが91、瞬発力が97な上にドリブル系のスキルが豊富なので、スピードが速い切れ味抜群のドリブルを行えます。, グラウンダーパスとフライパスが共に86で、スキルに「ワンタッチパス」があるのでパス能力が高く、トップ下やMFなどの中盤もこなせます。特にOMFで使えば、チャンスメイクをしながら自分で中に切り込んでシュートも打てるのでおすすめです。, ※確定スカウトは記事作成時のものですので、選手の移籍・能力変更等のライブアップデートには対応していない可能性があります。, 9/3(木)のFP選手実装はありません。そのため、ウイイレアプリ2020のFP選手実装は終了になります。, 最大3000円分のAmazonギフトコードが当たる!30秒で引ける事前登録くじ開催中!, 申請しました>>[1226]【オーナー名】【オーナーID】【募集時間】【コメント】, ©2020 Konami Digital Entertainment当サイトのコンテンツ内で使用しているゲーム画像の著作権その他の知的財産権は、当該ゲームの提供元に帰属しています。当サイトはGame8編集部が独自に作成したコンテンツを提供しております。当サイトが掲載しているデータ、画像等の無断使用・無断転載は固くお断りしております。, Game8[ゲームエイト] - 【日本最大級】みんなの総合ゲーム攻略プラットフォーム, 不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。. マンチェスター・Cが、バレンシアに所属するU-21スペイン代表フェラン・トーレスの獲得に動いている報道がありました。 フェラン・トーレス本人もBBCのインタビューで移籍をほのめかす発言をしています。 20歳ということで将来有望かつウィングを本職しているため、バイエルンに移籍したサネの後釜としてグアルディオラ監督は考えているかも知れません。 フェラン・トーレスの獲得に関して、ネットの反応をまとめました。 目次フェラン・トーレスとはフェラン・トーレス獲得に対する反応ネットの反応 フェラン・トーレスとは バレン ... マンチェスター・シティのダビド・シルバは、今夏に契約が満了を迎えるため退団が決定していました。プレミアリーグも最終節のみとなり、シティでプレーする姿は残り少なくなっています。シティファンならび、海外サッカーファンからも惜しむ声がたくさんあったため、みんなの声をまとめました。 目次功労者ダビド・シルバ、ついにフィナーレへと突入してしまうネットの反応 功労者ダビド・シルバ、ついにフィナーレへと突入してしまう シティのシルバを見れるのもだんだん終わりが近づいてる。プレミア最終戦シルバに得点して欲しい。 — なり ... 7月15日は記念すべき日になりました。イングランドの名門であるマンチェスター・シティのFFP違反が撤回されたからです。 さぞ、マンチェスター・シティファンの方は、喜びを爆発させたでしょう。 しかしながら、いちサッカーファンからすれば何とも奇妙な物語です。なぜなら、「撤回するなら最初から指摘するなよ」状態に陥ってしまったからです。 確かにコロナの影響もあるかもしれませんが、2年間のCL出場不可が濃厚だったにも関わらず、この番狂わせ。非常に後味が悪い。 間違えていただきたくないのは、マンチェスター・シティを批 ... マンチェスター・シティのウクライナ代表DFオレクサンドル・ジンチェンコのプレースタイルをまとめました。 ジンチェンコは元々10番タイプの選手でしたが、マンチェスター・シティではポジションを奪えず、徐々に左サイドバックで出場する機会が増えてきました。今では、左サイドバックを主戦場として試合出場しています。 本記事では、ジンチェンコの凄さや特徴を紹介しています。同選手について調べている方は、ぜひ参考にしてください。 目次ジンチェンコのプレースタイルテクニカルな左サイドバック正確なパス偽SB、偽ウイングとしてプ ... マンチェスター・シティのイングランド代表DFジョン・ストーンズのプレースタイルをまとめました。ストーンズは、2016年に4750万ポンドで獲得され、当時のDF移籍金額は史上2位でした。大きく注目され、その莫大な移籍金に対して懐疑的な声もありました。 しかし、現在のマンチェスター・シティではコンパニが退団した今、欠かせない存在です。 本記事では、ストーンズの凄さや特徴を紹介しています。同選手について調べている方は、ぜひ参考にしてください。 目次ジョン・ストーンズのプレースタイル最終ラインからのビルドアップに ... マンチェスター・シティのポルトガル代表DFジョアン・カンセロのプレースタイルをまとめました。カンセロは、次世代のサイドバックとして名をあげています。ユベントスでは18-19シーズンからプレーしており主力として活躍しました。 攻撃センスに優れており、一部ではアウベスの後継者という声まであります。カンセロについてあまり知らない方は、ぜひ本記事を読んでみてください。どういった選手なのか少しだけ見えてきます。 目次カンセロのプレースタイル両サイドバックをこなせる攻撃的サイドバック高いクロス精度でチャンスを演出ウィ ... マンチェスター・シティのアルゼンチン代表ニコラス・オタメンディのプレースタイルをまとめました。オタメンディは、気持ちを前面に出し、気迫溢れるプレーでチームを鼓舞する選手です。 本記事を読めば、少なからずオタメンディについて詳しくなれます。同選手を調べている方は、ぜひ参考にしてください。 目次オタメンディのプレースタイル1対1のデュエルに強い危険なプレーで度々批判の的になるオタメンディのプロフィール過去のクラブチームまとめ オタメンディのプレースタイル 1対1のデュエルに強い オタメンディは、優れたディフェ ... マンチェスター・シティのスペイン人ロドリゴ・エルナンデス(以下:ロドリ)のプレースタイルをまとめました。 ロドリは、NEXTブスケツと呼ばれる逸材です。アトレティコで頭角を現し、2019年夏の移籍市場でも各チームがリストアップするプレイヤーです。 本記事では、ロドリがどのようなプレーをするのか分かる内容です。彼について調べている方は、ぜひ一読してみてください。 目次ロドリゴ・エルナンデスのプレースタイルブスケツのようなボール捌き。ビルドアップのスタート地点クレバーでクリーンなボール奪取高い危機察知能力で相 ... マンチェスター・シティのブラジル代表エデルソン・モラレスのプレースタイルをまとめました。エデルソンは現代型GKと呼ばれる選手です。シュートストップなど基本的能力が高く、足元の技術も高いためビルドアップの起点になれるゴールキーパーだからです。 本記事では、エデルソンの良さを紹介しています。エデルソンについて詳しくなりたい方や調べている方は参考にしてください。 目次エデルソンのプレースタイルペップ理想型GK!中遠距離のパス精度がエグいセービング・飛び出し・競合いの強さ、どれも高レベルリベロ(スイーパー)的な役 ... マンチェスター・シティのイングランド人フィル・フォーデンのプレースタイルをまとめました。フォーデンは、ペップに「ダイヤモンド」と言わしめた選手です。 大きな怪我がなければ、マンチェスター・シティはもちろんイングランド代表の希望として名を挙げるでしょう。 本記事では、フォーデンってどういった選手なのか詳しくなれる内容です。どういった選手なのか知りたい方は、ぜひ一読してみてください。 目次フィル・フォーデンのプレースタイルダビド・シルバのようなポジショニング力ボールを失わないキープ力の高さ抜群のパスセンスでチ ... デ・ブライネの高速クロスやワンタッチでのスルーパスは破壊的ですので、試合観戦した際は注視したい, 17-18シーズンは8G16A、14-15シーズンのヴォルフスブルク時代は10G20Aと実力に疑いの余地なし. 前作ウイイレ2020の能力値(↓) タッチライン際でパスを持ち、中へのドリブルを狙います。 ウイイレアプリ2020におけるアザール(エデンアザール)の能力と使い方についての記事です。アザールの総合値や評価、おすすめの使い方について解説しています。スカウトでの確定入手方法についてもまとめているので、アザールについて知りたい方はぜひご覧ください。 © 2020 めらにっく All rights reserved. デブライネ はプレースタイル:チャンスメイカーのomf.