== 原作: 川原礫(KADOKAWA 電撃文庫刊行) ジャンル:SF、VR、格闘ゲーム アニメーション制作:サンライズ 放送期間: -1期:2012年4月~9月 -劇場版:2016年7月23日 == 「アクセルワールド 」とは、現劇文庫刊行の川原礫氏のラノベが原作のアニメです。 2012年春にアニメ1期が放送され、4年の時を経て劇場版が放映され大きな話題を呼びました。 ※出典:アニメ公式サイト デブな中学生ハルユキがスクールカーストの底辺から一転、仮想世界で姫を守る騎士(バーストリンカー)となり、戦いを繰り広げる話。 (設 … 17〜25 巻(白の ... 創立から30年ほどが経過している。第2期ネガ・ネビュラスの主要拠点であり、中核メンバーのうち4 ... 2 アクセル・ワールド2 -紅の暴風姫- アニメ『咲-Saki-』全話無料のフル動画視聴方法を紹介~阿知賀編、全国編も見れる!~, 映画『ズートピア』無料フル動画視聴方法を図解!B9などの配信情報やレンタル有無も調査, 前提としてアニメの続編は円盤売上が5,000枚以上が基準と言われておりますが、近年はアニメ化の手法が多角化しており、円盤売上だけが基準ではありません。, 2012年春にアニメ1期が放送され、4年の時を経て劇場版が放映され大きな話題を呼びました。, (設定としては、SAOと少しリンクしており、アリシゼーションの技術なども使われています), ※絶対に読んで後悔はさせません!あなたがもっとアニメを楽しめる情報がきっと見つかる記事です。. アニメ「アクセル・ワールド」の続編である第2期に関する情報を紹介します。2021年に「アクセル・ワールド」のアニメ第2期は放送される?「アクセル・ワールド」(川原礫)ですが、アニメ第1期が2012年4月から9月までtokyo mxほかで放送 ソードアートオンラインシリーズを手がける川原氏のラノベが原作のアニメ「アクセルワールド」の続編である2期の可能性をビジネス的に分析していきます。, ※後半では、アニメの続きを原作ラノベで格安で読む方法も紹介しますので続きが気になる方は見てみてください。, 私自身、アニメの版権獲得の部署でアニメ化やゲーム化の交渉に携わっていたので、アニメの制作委員会や続編制作について、リアルな知見を元に確かな考察をお伝えします。, そもそもアニメの続編ってどういう基準で作られるのか?を知りたい方は下記をクリックしてください。, 原作ストック、円盤売上、制作会社の状況、動画配信サービスでの実績などから多角的に分析していきます。, そもそもアニメの続編はどんな基準で作られるのか?が気になる方は、こちらの記事で解説してますので、興味のある方は見てみてください。, == 原作: 川原礫(KADOKAWA 電撃文庫刊行) ジャンル:SF、VR、格闘ゲーム アニメーション制作:サンライズ 放送期間: -1期:2012年4月~9月 -劇場版:2016年7月23日 ==, 「アクセルワールド 」とは、現劇文庫刊行の川原礫氏のラノベが原作のアニメです。 2012年春にアニメ1期が放送され、4年の時を経て劇場版が放映され大きな話題を呼びました。, デブな中学生ハルユキがスクールカーストの底辺から一転、仮想世界で姫を守る騎士(バーストリンカー)となり、戦いを繰り広げる話。 (設定としては、SAOと少しリンクしており、アリシゼーションの技術なども使われています), ゲームの世界で繰り広げられるアクションシーンが本作の魅力といっても過言では無いですね。, また、黒雪姫先輩やタクといった個性豊かなキャラクターたちが作品の良さを際立ててますね。, さて、そんな「アクセルワールド」ですが、2期の可能性はあるのでしょうか?分析していきます。, では、「アクセルワールド」の作品データと実績を見ながら2期の可能性を分析していきましょう。, 『アクセルワールド』の原作ラノベは、現在全24巻が刊行されており、現在も連載中の作品です。, その内アニメでは、4巻までを消化しているので、残りのストックは19巻分となります。, 続編制作が決まる円盤売上の基準が平均5,000枚と言われています。 理由は5,000枚売れればアニメの制作費が黒字化される場合が多く、お金を出資してアニメを作る制作委員会が儲かるからですね。, 儲かるアニメなら、続編を作ろう!そういったビジネス的な意思決定が制作委員会で成されます。, 結論から申し上げると、アクセルワールドの円盤売上は5,000枚を優に超えており、続編制作の可能性は高いです。, 円盤は好調でしたが、原作者やその著作権を委託している会社(版権管理会社)がアニメ化をOKにしないと物理的にアニメは作れません。, 先に結論から申し上げると、2020年4月以降であれば原作者がOKを出す可能性が高いです。, 2020年4月までSAOアリシゼーション編が放送されているため、それまではアニメ化の可能性は低いです。, しかも、今放送されているのは4クールの長丁場の作品なので、直近のアニメ化は難しいと考えます。, 次に製作会社を見ていきます。製作会社がアニメを作ってくれないと物理的にアニメが作れませんので。。, アクセルワールドの制作会社は「ラブライブ」や「ガンダムシリーズ」などの作品を手がけるサンライズという会社です。, 2期も制作するとなれば1期や劇場版を製作したサンライズになる可能性が高いです。 彼らが続編制作を引き受けるか否かは制作状況や他作品の売上が重要になってきます。, ここ数年はラブライブ以外に大ヒット作品に恵まれていないので、売れているアクセルワールドの制作を受ける可能性はかなり高いです。, こうした動画配信サービスで配信することにより、動画配信サービス会社が出資をして続編を製作する可能性も出ます。, アクセルワールド2期(続編)の放送は最短でも、2020年4月以降になるかと思います。 ※SAOアリシゼーション編が終了するまでは放送されない可能性が高いため, 最後にアニメ1期の続きが気になる皆さんに、アニメの続きの原作ラノベを格安で見る方法を紹介します。 上記には興味が無い方は、こちらがおすすめ!, music.jpでは「アクセルワールド」のアニメの続きの原作を格安で読むことができます。(1期の続きは5巻), music.jpは東証一部上場企業が運営する、月額1,958円(税抜)で動画、電子書籍、音楽を楽しめる総合エンタメサービスです。, 初回登録時には30日間の無料体験期間があり、加えて漫画やラノベの購入に使える600円分のポイントが付与されます。, この600円分のポイントを無料体験中に使えば1期の続きの5巻を格安で購入することができるわけです。(5巻:627円), 初回登録なら30日間の無料トライアルが可能なので、ぜひとも利用してみてください。 (無料トライアル中に解約した場合は一切お金はかかりません!), 本記事の下記のリンクから登録した人のみ、600ポイントの特典が付与されますので、ご注意ください。, ※クリックすると公式サイトへ遷移します ※無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに ※30日間の無料トライアル中に解約しても料金はかかりません。, 結論から言うとDMM電子書籍という電子書籍販売サービスの初回購入50%オフクーポンを利用することで、何巻でも半額で購入できます。, DMM電子書籍は、3,000名以上の従業員を抱える大手ECサイト運営のDMM社のサービスです。 (エ◯のサイトでは無いのでご安心を), このDMM電子書籍の初回登録時にもらえる50%オフのクーポンを使えば、何巻でも半額で購入することができます。, どの電子書籍サービスよりも安く「アクセルワールド」をまとめ読みすることができます。, おすすめは、music.jpでアニメの続きの6巻をポイントで読んでみて、面白ければ7巻以降をDMM電子書籍の半額クーポンで購入することです。, クーポン発行後の利用期限は1時間ですので、購入を決めてからクーポンを発行しましょう!, いずれのサービスも無料体験がついているので、無料体験中にみれば0円でお金はかかりません。, 各サービスの特徴を簡単に紹介しますので、お好きなサービスで、無料体験期間を活用して無料で見てみてください。, ※クリックすると公式サイトへ遷移します ※無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに ※無料トライアル中に解約しても料金はかかりません。, もし、これを期に動画配信サービスの本登録をされたい方は、「動画配信サービスの賢い選び方」の記事を参考にしてください。, ジャンル別におすすめの動画配信サービスや機能による比較を行い、個々人に合った動画配信サービスがわかる記事になっております。, 円盤が売れているので、現在放送中のSAOアリシゼーション編が終了すれば、原作者に余裕ができるのでアニメ化の話が進むかと思われます。, ※本記事の動画配信サービスの情報は2020年1月現在の情報です。最新の配信状況は各動画配信サービスの公式サイトよりご確認ください。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 業界の経験を元にアニメの紹介や続編考察、アニメをお得に見る方法などを発信していきます。. アクセル・ワールド。いじめられっ子の主人公ハルユキ は、学内一の美貌と気品を持つ黒雪姫から《加速》の力 を与えられ、姫を護る騎士となる! 電撃文庫×サンライズの強力タッグで贈る≪最強のカタル …

© 2020 青バラさんが通る All rights reserved. アクセル・ワールド Episode 17 2019.12.20 第17話『Fragmentation;分裂』 修学旅行先からくれたダイブコールで黒雪姫が見せた想いやりに、能美との因縁は自分だけで決着をつけなくてはならないと、改めてダスク・テイカー打倒を誓うハルユキ。