前にいる車や歩行者との距離感からぶつかりそうと判断されると警報がなったり、自動ブレーキが働いて事故を防いでくれる, 斜め後ろを走っている車や後ろから迫ってくる車があると、ドアミラーにマークが点灯してお知らせしてくれる, 事前に車のサイズがわかっていると現地についてから停められない! 買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。, 一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので } 三菱アウトランダー2.4Gを実際に試乗運転してきた感想を書きたいと思います。 アウトランダー2.4G外観・内装レポへ アウトランダーを中古車検索 window.dataLayer = window.dataLayer || []; その道のプロたちが”おすすめ”!これを買っておけば間違いなし!車の便利グッズや用品をご紹介, リクライニング(標準位置から):調節量が前8°、後72°、ピッチ / 段階は前2°ずつで4段階、後も2°で36段階, リクライニング(標準位置から):調節量が前8°、後8°、ピッチ / 段階は前後に2°ずつで4段階. 新型アウトランダーは7人乗りの設定のみとなっており、3列目シートもしっかりと作られています。 このクラスのsuvだと5人・7人乗りの2パターンを作っている車種が多く、7人乗りの3列目シートは簡易的なものが多いです。 買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。, 複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。 大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。, 女性からも人気の高いSUV車。ここ数年でアウトドアをする人も増えているので、いろんなSUV車がありますね。三菱のSUV車といえば、アウトランダー。2018年8月のマイナーチェンジ後からは、アウトランダーも人気がぐんと高まってきているようです。, 今、注目を集めているアウトランダーってどんな車なんだろう?あまり、車に詳しくないと大きいのか小さいのか、車内は広いのか狭いのか、家族で乗れる車なのか、って悩んじゃいますよね?そのお悩み解決しちゃいます。今回は、アウトランダーのサイズのあれこれを調べてみました。, アウトランダーの色んなサイズも気になりますが、そもそも、アウトランダーってどんな車?って思いますよね?SUVという事はわかっていても、どんな特徴があるのかわからない。という方のために、簡単にアウトランダーをご紹介します。, 2005年に発売されて以来、走りにくいガタガタ道でも安定した走りが出来る、ぐいーんと伸びのいい加速が楽しいとして車好きの方から人気があります。何度も改良し、現在は2代目アウトランダーが販売されています。アウトランダーには、ガソリン車と電気自動車のアウトランダーPHEVの2種類があります。, どちらも、荒れた道やカーブの多い山道、雪道に合わせてモード切替が出来るシステム「S-AWC」を搭載しているため、どんな路面状況でも安定した走りが出来るので、アウトドアや車中泊をされる方の間で人気が高まっています。, 特に、アウトランダーPHEV(電気自動車)は、燃費のよさ、安定した走りと操縦性、エンジン音や車内の静粛性から、多くの車好きの方から愛されている車です。, ガソリン車とPHEVのサイズは、ガソリン車の方がPHEVよりも幅が10mm大きいようですが、他のサイズは同じでした。どちらも、サイズ的にはミニバンに近いでしょうか。実際に見てみると、こんな感じです。, 比べてみても、ガソリン車の方が幅があるように見えますね。女性だと大きい車が苦手という方もいますが、ミニバンと同じくらいなので、この大きさであれば女性でも乗れるような気がします。ただ、軽自動車を乗っていた方だと慣れるまでは少し不安があるかもしれませんね。, たしかに、大きい車って特に駐車するときに気をつけないと隣の車との距離が近かったり、車庫入れのときにガリっと傷をつけてしまいそうで怖いですよね。アウトランダーには、そんな運転の不安も解消してくれる安心システムが揃っているので、安心なんです。, アウトランダーには、事故になりそうな危険をお知らせしてくれる「e-Assist」というシステムがあります。この「e-Assist」は事故の被害を予防、回避、軽減できるように備わっていて、全部で8つの機能が付いています。, 電波式のレーダーで前にいる車の加速、減速、停止に合わせて距離を一定に保ってくれます。長ーい渋滞など走ったり、停まったりを繰り返すような状況でも追突などの心配がありません。運転者の負担がかなり軽くなります。, 車の左右前後に4つカメラがあり、死角になりがちな見えにくいアングルを車内のディスプレイに映してくれます。さらに、車を真上から見下ろすように見せてくれるバードアイビュー機能がついているので、駐車場で車を停めるときには便利で安全な機能です。, レーダーとカメラで、前にいる車や歩行者との距離感からぶつかりそうと判断されると警報がなったり、自動ブレーキが働いて事故を防いでくれるシステムです。, フロントガラスの上についているカメラで車線からはみ出そうになると警報でお知らせしてくれるシステムです。, 後ろのバンパーについているレーダーで斜め後ろを走っている車や後ろから迫ってくる車があると、ドアミラーにマークが点灯してお知らせしてくれるシステムです。, 後続方車両検知警報システムと同じく、後ろのバンパーについているレーダーで斜め後ろにいる車や後ろにいる車をお知らせしてくれるシステムですが、こちらは、駐車場などで車をバック走行しているときに便利な機能です。, もし、斜め後ろに車がいる、後ろに車がいると判断した場合、ドアミラーのマーク点灯のほか警報とメーターに警告メッセージが表示されます。, ペダルの踏み間違えでアクセルを強く踏んでしまった場合など、警報がなりエンジンも緩めてくれるシステムです。前と後ろにあるレーダーで進行方向にある障害物を認識して、急発進を防いでくれるので慌てて踏み間違えた、前進と後退を間違えてしまった場合でも安心です。, 対向車や先行車、道路周辺の明るさによって、ハイビーム→ロービーム、ロービーム→ハイビームを自動で切り替えてくれるシステムです。引用先:三菱自動車公式HP, これだけの機能がついていると、慣れない大きさの車で運転した場合でも、週末に疲れたパパさんが家族と一緒に車に乗ってお出かけしていても、しっかり事故を防いでくれるので安心して運転できますね。, さくらちゃんも気にしていた、車内の広さです。運転していても同乗していても、車内が狭いと窮屈で疲れてきちゃいます。ゆったりした気持ちで楽しく快適にドライブするためにも車内の広さは重要ポイントと言えるでしょう。, 室内サイズもゆったりめです。ガソリン車は7人乗り3列シートになっているためです。ですが、荷室を含めた長さは同じでした。実際に画像を見てみましょう。, それだけではありません。アウトランダーのガソリン車は3列目シートを倒せばPHEVと同じ広さになって荷室が広くなります。家族でアウトドアするときのキャンプ道具や、スキーやスノボ、釣り竿、パパのゴルフバックも入っちゃいます。, 先ほども、荷室は広く使えますとお話しましたが、どのくらいの大きさ・広さがあるのか詳しく見ていきましょう。, 実際、アウトランダーの燃費はどうなんでしょうか。気になりますよね。燃費についてもしっかりまとめてあります。こちらをご覧ください。→アウトランダーの燃費の評価。高速道路での実燃費や走り方のコツ, 実は、荷物がたくさん積めるというのには、もう一つ秘密がありました。ガソリン車もPHEVも2列目シートを倒してシートアレンジをすることが出来るのです。もともと、たくさん荷物が入りますが、もっとたくさんの荷物が積み込み出来ちゃいます。, なんと、自転車まで入る広さ。ロードバイクをされる方には、嬉しいですよね~。そして、2列目シートを倒すと綺麗なフラットなシートが出来上がります。シートがフラットになるため、車中泊でも体が痛くない、まっすぐ足を伸ばして寝られるなど、車中泊をされる方から人気があります。, アウトランダーでキャンプなどアウトドアをやってみたくなりますよね。ちょっと心が揺れた~という方はこちらも見てみてくださいね。→アウトランダーで車中泊キャンプを楽しむ方法を調べてみた, アウトランダーのサイズを調べてみたら、ミニバンに近いサイズというのがわかりました。では、ミニバンと比べるどうなのでしょうか。ミニバンで人気のある我が家のセレナとサイズを比較してみました。, 比べてみると、セレナの方が高さはありますが、長さと幅はアウトランダーの方が大きいという事がわかりました。運転中の車幅感覚が少し変わるかもしれませんね。でも、幅が広いということは車内空間としてはゆったりとして落ち着けるのではないでしょうか。, さくらちゃんの言う通り、車内はミニバンのセレナの方が広いですね。セレナは、もともとファミリー向けに作られているので車内の広さは十分確保されているということでしょう。, アウトランダーは、ファミリー向けだけではないですが、これだけの広さがあればお子様2人の4人家族までは十分な広さではないでしょうか。続いて、荷室はどうでしょうか。, どちらも、3列目シートを倒し、セカンドシートまで使用したときのサイズです。長さと高さはセレナが大きいですね。さすが、ミニバンって感じですね。でも、幅はアウトランダーの方があるようです。荷物の積み方しだいでは、アウトランダーもミニバンと変わらない容量を積み込めるのではないでしょうか。, ファミリー向けでお探しの方は、こうやってサイズを比較してみるとセレナも捨てがたいってなりますよね。セレナ情報はこちらにあります。→セレナは幅が狭くても車内は広い?普通駐車スペースでOK. <目からウロコ特集> まず、7人乗りで3列目シートまであるガソリン車では、1列目と2列目を大きく後ろ側へリクライニングさせること出来ます。シートがフラット化されたことで、アウトランダーの車内スペースを最大限まで … function gtag(){dataLayer.push(arguments);}

アウトランダーは三菱自動車ではミドルサイズのクロスオーバーSUVという位置づけで、ガソリンエンジンを搭載した4WDです。, アウトランダーと言えばアウトランダーPHEVが充電もできるハイブリッドという新しいジャンルのパワートレインを出したことで、一躍有名になりました。, 今回のアウトランダー・ガソリン車は、PHEVではないので価格の面でもかなり抑えられています。, 走行性能や燃費性能は全く違いますが、外観や内装に大きな違いが無いため、デザインが好きな方にはおススメできます。, また、三菱自動車が得意とする4WDの技術はしっかり詰まっている1台なので、試乗してその走行性能をしっかり体感したいと思います。, 今回試乗したアウトランダー・ガソリン車は、2.4Lエンジンを搭載した4WDで、グレードは真ん中に位置するセーフティーパッケージになります。, 最大馬力は169ps/6000rpmで最大トルクは22.4kgf・m/4200rpmです。, この数値だけでもパワーがあると感じますが、4WDロックを使用すれば数値以上のパワーを体感できると思います。, アウトランダー2.4Gの特徴としては、ステアリングヒーターがついていたり、パーキングブレーキは電動になり、三菱が誇るeアシストという安全装備が付いてきます。, オプションで電動ガラスサンルーフや本革シートを付けられるのも、このグレード以上でないと装着できません。, 試乗車のボディカラーはブラックマイカという黒色で、手入れも行き届いていたので上品な感じでした。, 他にもチタニウムグレーメタリックやクォーツブラウンメタリックなど、他の車種ではあまり見かけない様な色もラインナップに合ったのでどんな色なのか実際に見たいと思いました。, アウトランダーは今回試乗したセーフティーパッケージというグレードの他に、ナビパッケージやGというグレードもあるので、それぞれの価格を見てみましょう!, 見た目の印象はフロントバンパー下の空間が大きいので車高が高く感じます。走破性が高い4WDの特徴ともいえるでしょう。, アウトランダー・ガソリン車の全高は1,710mmあり、地上からボディーまでの高さは190mmもあるので、岩がゴロゴロした悪路でもボディーに干渉することなく走り進めますね。, フロントのデザインはグリルが太い横ラインフレームが2本入ったデザインで、センターに三菱のロゴが入っています。, ヘッドライトはつり目の野性的なデザインでグリルと相まって力強さを感じるデザインに仕上がっています。, アンダーグリルはブラックの塗装が施されており、サイドがシルバーガーニッシュになっているのでより力強さを強調できていますね。, ヘッドライトはセーフティーパッケージより上のグレードには「オートマチックハイビーム機能」がついたLEDヘッドランプが付、フォグランプもLEDになっています。, 細かいこだわりですが、フォグランプ周りに加飾しているガーニッシュもシルバーで上質な印象を与えています。, アウトランダー・ガソリン2.4Gのリアデザインは、ヘッドライトの形状がたれ目になっているので、動物に例えるならばパンダの様な顔つきになっています。, リアバンパーの張り出しが大きいので堀が深く見えることと、リアバンパーに加飾された太いガーニッシュがワイルドな力強さを増強しています。, サイドのデザインは地上からボディーまでが高いことや、アルミホイールが大きいので走破性の高さが伺えるガッチリとしたデザインになっています。, またサイドのアンダーに加飾されている太いガーニッシュは、フロントやリアと同様に上質感UPです。, 今回試乗したアウトランダーには付いていませんでしたが、電動ガラスサンルーフがオプションで装着することができます。, このオプションは97,200円で付けることができますが、今回試乗したセーフティーパッケージ以上のグレードでないと装着できません。, 家族でキャンプに行くことを考えている方や、冬のきれいな星空を観察したい方、実用性でみれば喫煙しながら運転する方にはおススメできますね。, アウトランダー・ガソリン車2.4Gは、SUVらしい力強いデザインと各所に多用されているガーニッシュの加飾で、SUVでありながら上質であり、街乗りでも周囲に溶け込めるような作りになっています。, アウトランダーは内装色を黒基調にしており、他のベージュやシルバー系の色は無いそうです。, でもアウトランダーの様なSUVは、アウトドアで使う機会が多いので何かとブラックの方が都合良いですし、ブラックは上質感があります。, パネル関係では、ナビ周辺とシフトノブがピアノブラック調になっています。ダッシュボードやドアには太いシルバーガーニッシュを入れてブラック調のアクセントにしています。, まずステアリングから見てみましょう。本革のステアリングを採用しており、革の質感は手に馴染みやすくて良いです。3本スポークデザインでシルバー加飾が映えています。, ステアリングスイッチ周辺の地はピアノブラック調になっており、オーディオ操作とオートクルーズコントロールの操作スイッチがついています。, ハンドルの奥にはパドルシフトが付いており、ハンドルに手を添えたまま指先で素早く6速スポーツモードのシフトチェンジを行えるのも使い勝手が良いです。, シフトノブは本革巻きになっており、センターコンソールもピアノブラック調に仕上げています。, 電子制御4WDの切り替えスイッチや電動パーキングブレーキのスイッチは駆動系でまとめて配置されているので、使い勝手は良さそうです。, 「オートホールド機能」をつかえば、スイッチONでブレーキペダルから足を離しても停止状態を維持してくれます。, メーターのデザインはアナログ2連の丸メーターとセンターに4.2インチのマルチインフォメーションディスプレイを配置しています。, マルチインフォメーションディスプレイで確認できるのは、シフトポジション表示や燃料計、トリップメーター、平均燃費、ドライブモード、4WDの状態などです。, 切り替えスイッチが運転席右側のパネルについているので、運転中の切り替えが若干難です。, アウトランダー・ガソリン車2.4Gのシートは、ファブリックシートで格子状のメッシュ素材にサイドに白いステッチを施しています。, アウトランダー・ガソリン車2.4Gの後部座席はゆとりあるスペースになっており、シートの背もたれも若干可動させることができます。, 長距離ドライブの時に少しでもリラックスできる様にとの配慮ですね。アウトランダーは3列目シートもあり合計7名の定員になっています。, アウトランダー・ガソリン車2.4Gの3列目は、補助的に使いことが好ましいですが、小学生や小柄な女性が座る分には足元の床面が若干高いだけで不便は無さそうです。, アウトランダー・ガソリン車2.4Gのシートアレンジは、2列目シートを6:4で倒すことができるので、荷室を広く取りたい時はフルフラットにして荷物を積み込めば実用性もアップします。, 特に2列目と3列目の助手席側を倒せば長い物を積みながら4名の乗車人数を確保することができます。, アウトランダーのラゲッジスペースにはアクセサリーコンセントが設置されているので、携帯電話の充電などで使用することができます。, 最後に収納スペースです。収納スペースは充実しておりグローブボックスやフロアコンソールボックスをはじめ、全10か所のスペースが確保されています。, 元走り屋の車好きが、フルモデルチェンジ後の新車や気になる車種に試乗してレポートするサイトです。 ↓インスタ・Twitter・Facebookで更新情報を配信しています。フォローしていただけると励みになります。, スズキ・スペーシアギア「ハイブリッドXZターボ」の外観と内装を見てきたので画像つ…, MINIクロスオーバー・クーパーDの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介しま….