- 笑える新世代の逆襲 よくできたネタ!テン - 森田一義アワー 笑っていいとも! - あぶない少年III - ぐるぐるナインティナイン - USO! - なるほど!ザ・ワールド - はなきんデータH - 川柳役者 - 世界まる見え!テレビ特捜部 - P-STOCK - タモリの新・哲学大王! あいださくら (AV女優[…], […] 「さんまのスーパーからくりテレビ」ご長寿早押しクイズの珍回答はやっぱり露骨なヤラセでした ・こちらは以前人気だった「ご長寿クイズ」の裏話。高齢の方が、様々なクイズに答え […], はいダウト 私も一応ギョーカイのヒトなので、その辺は解っているから大丈夫だと伝えたのですが、いやはや、あそこまで演出されているとは思いませんでした。 まあ、罪のないヤラセですし、かんじんの父がにこにこしているのだからよしとしますが、これからこの番組を見て笑うことは出来なくなってしまいそうです。, そして、伝説の『飯田圭織の日帰りバスツアー』はこちら。 コピペ↓ 762 名前:名無し募集中。。。投稿日:2007/07/07(土) 10:55:58[…], 写真・民主党国対ニュースにAKB総選挙:イザ!  今朝の産経政治面に、「部外秘の民主国対ニュース 政治日程にAKB総選挙」という秀逸な囲み記事が載って[…], 1. - クイズ!年の差なんて - TVクルーズ となりのパパイヤ - よ!大将みっけ - 芸能界大ボケだらけの天才クイズ王決定戦 - エンタメゆうえんち 東京移住計画 - 明石家マンション物語 - 明石家ウケんねん物語 - とんねるずのみなさんのおかげでした「博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜」 - 100%キャイ〜ン!

- パオパオチャンネル - タモリ倶楽部 - さんまのゴメンねわがままで - さんまのナンでもダービー - 関根&優香の笑うシリーズ - ザ・クイズマン!

早押しクイズ の問題集で ... 、 白熱電球 はくねつでんきゅう 、 蓄音機 ちくおんき など数多くの発明品を生み出したことや、「天才とは1%のひらめきと 99%の努力である」という名言で有名な人物は誰? トーマス・エジソン .

- 人気者でいこう!

do! ホムンクルス 〜脳と体のミステリー〜 - 脳力探険クイズ!

関根勤のTOKYOベストヒット - 全国歌謡ベストテン - コサキンDEワァオ! - ガチンコ! あれは「皆さんの祖父の名前と、亡くなったときの年齢を大きな声で言ってください」という質問に答えたときのものでした。 8.MAGIC CHANNEL - 9.ありがとう…勇気 - 10.Everybody Can Do! - タモリのネタでNIGHTフィーバー!

ゲーム会社のカプコンがレーシングチームを持ってたの知ってる? 時代を感じさせるレースクイーン画像まとめ, か、母さんが…(´;ω;`) …って、えええええっ!?(;`・ω・´)ってなるマンガ, 「さんまのスーパーからくりテレビ」ご長寿早押しクイズの珍回答はやっぱり露骨なヤラセでした. ウォッチ!

- 笑っていいとも!増刊号 - 笑っていいとも!特大号 - オレたちひょうきん族 - ライオンのいただきます - FNSの日(FNSスーパースペシャルテレビ夢列島・平成教育テレビ・FNS27時間テレビ)- 邦ちゃんのやまだかつてないテレビ - クイズ!早くイッてよ - 関根&ルーの!クイズサクセス - ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!

- ぎんざNOW! 今回は高齢者向け簡単クイズ問題です。簡単なクイズ、となるとどうしても面白みが減ってしまいがちです。誰であっても楽しめて、しかも簡単に解けるような問題作りを目指しました。問題をさらに面白く、かつ解きやすくするためにヒントも充実させました! ご長寿早押しクイズは、スタッフ側がご長寿に内緒で勝手に面白おかしく編集して放送していたんですか? 和田アキ子さんが司会を務める日曜お昼の番組はアッコにさてなんでしょう? (アッコにおまか … 父が86歳当時の子はだいたい還暦前後だろ?若く見て50代

- 世界笑える!ジャーナル - 解体新ショー - いっぷく! - ファイトマネー - スゴ腕!バウト - ザ・レターズ〜家族の愛にありがとう - もしもツアーズ - タモリのジャポニカロゴス - 100人目のバカ - 奇跡体験!アンビリバボー - 関根勤5ミニッツ・パフォーマンス - 一攫千金!日本ルー列島 - ホンネの殿堂! - 中居正広の金曜日のスマイルたちへ - リンカーン - ドリーム・プレス社 - 輝く!日本レコード大賞 - 王様のブランチ - Happy! - まかせてダーリン - 探険! !』(日本テレビ系列)の影響で視聴率が落ち始め、末期には6%前後となっていた[6]。加えて制作費用が高騰していたこともあり、2014年7月8日にTBSが同年9月で放送終了することを正式発表[7]。同年9月7日放送の2時間スペシャルを以って、22年間の歴史に終止符を打った[2]。, 終了理由には視聴率の低迷も挙げられていたが、最終回スペシャルの視聴率は14%を記録し、有終の美を飾った。, 終了後は前述の通り、「からくりみんなの!かえうた」や「ご長寿早押しクイズ」といった人気企画が特別番組として復活した。また『芸能人かえうた王決定戦』のように別番組で企画として定着したものもある。, ピタゴラスイッチ「こんなことできません」- しくじり先生 俺みたいになるな!!

- 爆笑問題のバク天! Heaven - 16.何度も夢の中でくり返すラブ・ソング/溢れる想い - 17.忘れえぬ君へ… - 18.愛の嵐, 21.どいつもこいつも/ボクの未来 - 22.メッセージ/ひとりぼっちのハブラシ - 23.カンパイ!! - Rの法則 - 幸せ!ボンビーガール - 山口達也TOKIO WALKER, テレビドラマ一覧 - 映画(首領を殺った男 - That's カンニング! !〜 - 関根勤のカンコンキンラジオ〜オスのラプソディ〜 - 関根勤のスポパラ - 関根勤のランチで元気!

- クイズ 100人力 - ラジオ黄金時代 - ビビット - 思い込みは一生の恥!クイズ本当にそれでいいんですね? - いちご白書 - 大忠臣蔵 - 先生はワガママ - アリよさらば - 花の乱 - 私、味方です - ベストフレンド - ゆずれない夜 - サイコメトラーEIJI - ナースのお仕事 - LOVE&PEACE - 天国に一番近い男 - ショカツ - ナースマン - 成りあがり - 武蔵 MUSASHI - マンハッタンラブストーリー - 明智小五郎VS金田一耕助 - 夜王 - 必殺シリーズ - 新・美味しんぼ - ヤスコとケンジ - 怪物くん テレビシリーズ - 高校生レストラン - 13歳のハローワーク - 潜入探偵トカゲ - 同窓生〜人は、三度、恋をする〜 - 家政夫のミタゾノ - 名奉行!遠山の金四郎, ETERNAL FLAME (Tomoya with 3T) - ひとりぼっちのハブラシ - お前やないと あかんねん, ツインズ教師 - アリよさらば - 先生はワガママ - 最高の片想い - カケオチのススメ - 恋人よ - 白線流し - Dear ウーマン - ふぞろいの林檎たちIV - D×D - Days - ラブとエロス - リング〜最終章〜 - 砂の上の恋人たち - 池袋ウエストゲートパーク - ムコ殿 - ハンドク!!! 父が「ブラックバス」と答えます。

! do! - さんま・玉緒のお年玉あんたの夢をかなえたろかスペシャル - ミライ☆モンスター - 昭和歌謡ベストテンDX, お笑いダンクシュート - 第58回NHK紅白歌合戦 - ディープピープル - ハッチポッチステーション - 金曜10時!うわさのチャンネル!! 早押しクイズ(はやおしクイズ)は、クイズの代表的な形式の1つ。複数の解答者のうちから、解答の意志がある者をボタンを用いた装置や道具などを用いて限定する方式によって行なわれる。, 質問に対して早く理解した者から解答するという意思表示を行い、最も早く意思表示をした者が答えを言う権利である解答権を得る。ゲーム性の強いクイズ番組では、解答が不正解であった場合、正解が出るまでボタンを押した順に解答権が移っていくというルールが多い。, 解答者の意思表示の時点で出題は停止するのが日本では一般的だが、『クイズグランプリ』などでは意思表示後も最後まで問題が提示された。なお、問題が全て提示されるまで意思表示はできない=問題文をすべて読みきってからでないと解答権を得ることができないというルールを実施している場合もある。逆に、問題文を途中までしか読まず、意思表示をした後でないと問題が全て提示されない形式も存在する。, 意思表示の手段としては、各解答者の手元にボタンを置き、ボタンの押されたタイミングから最も早くボタンを押した者を機械的に判定する方式が最も一般的であるが、挙手や早食い等によって解答権を得る場合もある(その場合、VTRなどで確認をする場合もあるが、大抵は司会者の裁量で判断される)。機械的な手段による場合、各解答者の手元に置かれるボタンを「早押しボタン」、装置全体を「早押し判定機」(早押し機)と呼ぶ。また、円形になった解答者の中心に何らかの物体を置き、それを最も早く手にした者が解答権を得る、『クイズ・ドレミファドン!』などで用いられた方式もある。, 早押し機による早押しクイズを行なう場合、解答権を得るための条件を「ボタンを押す」から別の形に変えたり、ボタンを押すまでに障害を設けることによってルールにバリエーション(変化)を設けることが可能である。これは『アメリカ横断ウルトラクイズ』において多く使用された。こうした特殊条件を用いた問題では通常の機械的な選出とは異なり、「権利獲得に意識を傾けるあまり、解答時に肝心の問題内容を忘れてしまう」といったケースが生じることがある。, また、早押しクイズは問題の途中であっても解答者の意思表示によって出題を中断させることができる。この特性を利用した特殊な問題が使用されることがある。, 解答権を得た人が間違えたり、猶予時間内に答えを出さなかったりした場合(これを一般的に「お手付き」「誤答」「間違い」「不正解」と称する。本項では「不正解」で統一する)、その解答権を得た者に何らかの罰則(「ペナルティ」とも称す)を与えることがほとんどである。, 元来、クイズは一対一であったり(スフィンクスとオイディプスの謎かけ)、解答者が連携して正解を導き出すものであったり(NHK『話の泉』)と、出題者と解答者との間で争われるものが中心であったが、テレビでクイズ番組が盛んに作られるようになると、解答者間に競争を導入し、勝ち負けを競う形式が使われるようになった。このとき、一問一問ごとに解答者が答えを紙などに書き、公開した上で正解を発表する形式が用いられ、現在でも多く使用されているが、この形式では一問一問に時間がかかり、多くの問題を出題できない点、テンポが悪くなる点などが欠点であった。1960年代に入り、これらの欠点を解消する形式として早押しクイズが『アップダウンクイズ』などの番組で使用されるようになった。, 早押しクイズの戦術はその性質上、基本的に「いかに早くボタンを押すか」と「問題を先読みしていかに早く答えを見出すか」が主となる。, 出題者が、問題を読むこと。基本的にはアナウンサー同様、解答者に聞き取りやすく、はっきりと読む能力が要求される。さらに、読み方次第で有利・不利が生じるため(たとえば、答えさせたい回答者に、意図的に後の文字まで「読ませ押し」するなどのえこひいきが可能)、進行の公平性を保つためには相応の修練、そして長丁場でも耐えられる体力が必要となる。, パラレル問題の場合、声の調子で分岐の有無を見分ける方法が存在する。また、意図的に分岐ポイントを強調して読むことで、ヒントにする読み方もある(金竜読み[8])。逆に、極力声の調子を変えないようにする読み方もあり[9]、進行の公平性を保つ限り、どのように読むのかは出題者に委ねられる。ただし、多くのクイズゲームは肉声での出題では無いため、声を聞き分ける攻略法は使えない。, クイズの大会や番組等で優勝者が決定した時の問題の正解のこと。優勝条件が規定数ポイント獲得の形式の場合には優勝者の正解(最終問題を優勝者が回答)でそのクイズが終了するので最終問題の正解が「ウイニングアンサー」となる。, 但し以下の場合だと優勝者以外が最終問題を回答または優勝者が不正解で終了することになるため優勝者の正解以外で決着がつくこともある。, この場合は優勝者の最終正解をウイニングアンサー、またはウイニングアンサーはなし、とすることもある。, 不正解でなくとも、正解までに長時間を要した場合は正解しても減点というルールがとられる場合もある。, 例えば、「江戸幕府の将軍で名前に『家』がつかない人物は4人います。」という問題が読まれた時点で就任したのが4人のうち最後である慶喜を回答するという読みもできるが、その後に続いたのは「慶喜、吉宗、綱吉と誰でしょう?」というように順番が逆だったという場合もありうる。, 「○○語で××という意味の~」のような語源問題、「『○○』という書き出しで始まる」のような著名な文学作品の冒頭問題、「正式名称を○○という~」のような法制度や道具の名前を問うもの、「本名を○○という」のような芸能人や作家の名前を問うものなど。, 但し早押しボードクイズなどの常時全員に回答権がある形式でかつn×ルールを適用した負け抜け形式の場合には優勝者の正解で決着がつくこともある。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=早押しクイズ&oldid=74880553, 該当問題のみの解答権剥奪…一定時間または正解者が出るまでその問題の解答を受け付ける形式では該当問題の解答権を失う。一定時間経過または一定回数不正解が出るか参加者全員が不正解で次の問題に移行することもある。『, 該当問題以降規定数解答権剥奪…不正解者は該当問題の次の問題から規定回数解答権を失う。いわゆる「n回休み」(n=数字、「n休」ともいう。例えば「5○2休」(ゴマルニヤスまたはゴマルニキュウ)ならば「5問正解で勝ち抜け、不正解は次の問題から2問休み」を意味する。)はこれにあたる。, 次の不正解者が出るまで解答権剥奪…不正解者は次の不正解者が出るまで解答権を失う。ルールによっては解答者が出なかった問題(「キャンセル」または「スルー」ともいう)が発生した場合解答権が復活することもある。, n×ルールなどで途中脱落有りのルールで優勝者以外が全員失格(最終問題を優勝者以外が不正解で終了)で優勝者だけが残った場合, 時間もしくは問題数、または総正解数限定ルールで最終問題が優勝者の正解以外で終了した場合(優勝者が最終問題を不正解または優勝者以外が回答、最終問題の回答者なしなど)。, 不正解時のペナルティが対戦相手に加点されるルールで優勝者以外が最終問題を不正解し、優勝者が優勝条件を満たした場合。.