嬴政(えい せい) 第三十一代目秦国王。後の始皇帝。漂と瓜二つの容姿をしている。 幼少時代を趙で育ち、その際、趙人に憎悪の対象として虐げられていたため感覚が殆ど無く、他人を一切信用しない荒んだ性格であった。 「キングダム」の世界では戦国七雄と呼ばれる7つの大国が中華の覇権を争っています。その戦国七雄の一つ秦国を治める大王こそのちの始皇帝と呼ばれる嬴政です。 嬴政は聡明な王として描かれており、民衆からの人気も絶大です。作中で他国の王や大臣との会談の際も一国を率いる王としての資質を大いに認められています。 ただし嬴政が唱える中華統一は、初め多くのキャラクターに狂気の考えだと否定されます。 当時の中華は現代の中国と違い一つの国になった経験がなく、各国が独自の文化風習を持… キングダムでは、宮女の1人、向と結婚し、麗という娘を授かっています。もう一人、別に子がいるようですがまだ作中では深くは触れられていません。 嬴政(えいせい)の史実における情報 漫画「キングダム」が実写映画化されましたね。 キングダムは実際の中華の国「秦」をモデルにしていることで有名ですが、史実での秦の始皇帝はどんな性格だったのだろう?キングダムの政のような人物だったのかな?こんな疑問をみなさんお持ちなんじゃないで 政は秦の始皇帝になりますが、それに至る険しい道のりがキングダムでは描かれています。秦王にふさわしい人格者である政は大変人気を集めるキャラクターでもあります。, 史実の内容も多く描かれているので、ここでは政の作中での活躍と史実の情報を合わせて見ていきます。, 1巻から登場します。最初は弟の成蟜が勢力を持ち、政はほとんど孤立無援の状態で信の前に登場するのですね。, 見た目は美男子で、大きな目と長い髪が特徴です。性格は、常に落ち着いていますが、中華の統一という志を持っているが故、現実的に物事を捉え、厳しい一面を見せることも多いです。王としての資質は、昭王を知る王騎すら驚くほど非凡なもので、作中でも度々、「秦王」政としての名場面が生まれます。, 幼少期は、王族とはかけ離れた生活を、趙にて送っていました。母親からの愛情も受けず、趙民に暴行される過酷な日々の中、紫夏という女性に救われ、秦に送られます。この過程で、政の人格であったり、王としての覚悟が形成され、今につながっているようです。, キングダムでは、宮女の1人、向と結婚し、麗という娘を授かっています。もう一人、別に子がいるようですがまだ作中では深くは触れられていません。, 政は勿論史実でも登場するのですが、幼少期を趙にて過ごしたことや、呂不韋陣営との対立等、作中の大きな出来事も事実として記録されていることです。ところが、史実において気になるところは、作中の政との性格のギャップでしょう。, 史実の政が、秦の始皇帝となるのが紀元前221年、中華の統一を成しえるわけですが、それと同時に政は「暴君」と呼ばれるほどの悪名も残すのですね。例として有名なのが、呂不韋の葬式で涙した者を全員処刑するエピソードがあります。自分と少しでも対立する芽のある者は問答無用で処罰するという王であったようです。, また、独裁政の色が強くなり、自身の政治と異なる書物をすべて焼き払い、異を唱えた学者400人を生き埋めにしたようです。次いで、万里の長城での重労働や重税が加速して、秦は中華統一後、わずか15年で滅亡することになるのです。, これらの記録は主に中華統一後に起こることですが、キングダムにおける政がそれを果たした後、このような振る舞いをするとは考えづらいですね。史実の政は幼少期の趙での人質生活から、人格を曲げてしまったと推測されますが、キングダムでは紫夏との出会いにより立ち直っています。紫夏というのがキングダムオリジナルキャラであることを考慮すると、政と紫夏のエピソードは、政が史実のような王にならないために挿入された回顧シーンのように思えますね。, 王宮で仕えることになった信の親友漂が、死に際に信に黒卑村の地図を渡し、そこに向かうよう告げます。それは政の避難場所を指していた地図だったのです。これが政と信の最初の出会いでした。, 勿論、漂は政の影武者として命を落としたわけですから信とは最初かなり険悪なムードで過ごしました。ここに、河了貂が加わり、たったの3人でまず昌文君との合流を目指しました。この過程で、政の護衛は信1人ですが、難敵相手に、政の声掛けから信が攻勢に転じる場面も見られ、政の指揮力が伺えます。政にとっては中華統一の道のりの第一歩でありますが、同時に信の天下の大将軍への道も政が一緒に開いていたことになりますね。, 王都奪還のため、政陣営が頼みの綱として、協力を求めたのが、山の民でした。400年続く、山の民との確執を修復するのは難しいと思われましたが、政は動じませんでした。山の民の女王、楊端和に対し、「中華を統一する最初の王になる」と、自らの野望を口にします。これは「世界を広げたい」という楊端和の思いに共通するもので、心を打ち同盟を結ぶことに成功します。これはそれ以降の秦国の運命をも左右する大きな成果でした。, 先述していますが、政は元々、趙にて人質生活を送っていました。長平の戦いの恨みから、趙民に痛めつけられ、母からも虐待される日々の中で、政が王として立ち直ることができたのは紫夏という女商人との出会いがあったからなのです。このエピソードは、8巻にて登場します。, 紫夏が秦に政を還そうとするのですが、政はその境遇から、自分の居場所は秦には無い、自分は王になってはいけない人間だと、自分を責め、いつしか何も感じない程に心を閉ざしてしまっていたのです。そんな政に何度も紫夏は歩み寄り、結果初めて政は人の温かさを感じることができ、王としての自分を取り戻せたのです。政のその後の人格、王としての振る舞いに影響する大きな出来事です。, 呂不韋との権力争いは1巻から40巻にかけ描かれます。これは政陣営が圧倒的に分が悪いスタートであったこともあり、刺客を信や山の民と共に撃退したり、呂氏四柱の昌平君を味方に付け、弟の成蟜を更生させたりと、政が確実に成長し、陣営の力を強くしていく過程と捉えることができますね。さらに大きな出来事では、向との間に麗という子を授かります。政がこうして王としての存在感を増していく中、39巻,40巻の呂不韋との最後の対談は記憶に残るシーンではないでしょうか。当初は、呂不韋の大胆な言動も黙認することしかできなかった政が、この場面では呂不韋と対等に意見をぶつけます。戦争は人が避けることのできないものであるという呂不韋の見解を一蹴し、人の本質というのは「光」であると口にします。それを信じるからこそ、政は中華統一を目指すことができていたのですね。これに対しては、呂不韋も「大きゅうなられましたな」と政の王としての成長に心を動かされます。, 政は呂不韋、太后の反乱を鎮め決着をつけますが、史実のように呂不韋らを皆殺しにするのではなく、呂不韋を蜀の地に島流しにし、太后の遺児に関しては内々に城の外に逃がし匿い、太后に対し互いのこれまでの道のりを労う言葉まで掛ける器の大きさを見せました。, 政は多くの名シーンを持つキャラクターですが、特に印象的なものは、合従軍編で前線に立った場面ではないでしょうか。, 李牧軍が南道という予期せぬルートから侵攻したことで、秦軍としてはそこに兵を向かわせることができませんでした。麃公軍、飛信隊が何とか食い止めようとするも時間稼ぎに過ぎず、圧倒的な兵力の差で、麃公を失い、飛信隊も追撃を受けボロボロの状態で最終防衛線となる城、「サイ」にたどり着きました。李牧軍はもうそこまで進軍してきており、サイを抜けられれば、いよいよ咸陽が侵されるという状況に、流石の信も絶望から疲弊していました。そこに現れたのが政なんですね。これまで幾度となく政は、王宮にて信の前線での活躍を耳にしてきました。その度に信に支えられていると感じていたことでしょう。それをこの時は政が自ら前線に姿を出し秦国のため信らと共に戦いに来たのです。, しかし政が共に戦うとしても、李牧軍との兵力差は歴然でした。これに対し、政はサイの一般人を戦力にするのです。勿論そこには女性も子供も含まれており、信はその策を無茶だと反対しました。ところが政は一般人たちを兵士と化すのが自分の役目だと言い、サイの民を集め言葉をかけるのです。国王がサイに来たと知り涙する民もいる中、政はよく通る声で、そして民たち一人一人に語りかけるような口調で現状と自分たちのやるべきことを話すのです。次々と民たちの気持ちを駆り立て、檄を飛ばし士気を最高潮にまで上げます。鳥肌の立つような空気感に信はそれを大将軍級だと称し、昌文君は自分の信じた政が昭王を超える王であると感激し涙します。, これは李牧が想像する、政の王としての器量を遥かに上回っていたもので、結果的にこの政の登場が李牧の最大の誤算となって合従軍の敗戦に繋がります。王宮以外での政の登場シーンは珍しいので、これは政が目立って活躍する名シーンですね。, 政は人間性が素晴らしい人物です。過去の生い立ちも描かれていることもあり、その分感情移入もしやすいキャラクターですね。中華統一というゴールは果たされると分かっているわけですが、政が苦難を乗り越えていく過程を見ていくと感動すること間違いありません。, 王騎を始め、様々な将軍を失う一方、自分が王宮にいるということで、政が一番辛い立場にいるとも言えます。しかし、強い信念を元に、人を信じブレることのない政であるからこそ、信は勿論、他の秦将が忠誠を尽くし、他国の王をも突き動かしていくことができるのでしょう。, キングダムオリジナルキャラである麗という子もいるので、史実とは違う始皇帝の姿が描かれるかもしれません。今後も物語の軸になる人物として、細かいところまで見ていきたいですね。. 「キングダム」の世界では戦国七雄と呼ばれる7つの大国が中華の覇権を争っています。その戦国七雄の一つ秦国を治める大王こそのちの始皇帝と呼ばれる嬴政です。   嬴政は聡明な王として描かれており、民衆からの人気も絶大です。作中で他国の王や大臣との会談の際も一国を率いる王としての資質を大いに認められています。, ただし嬴政が唱える中華統一は、初め多くのキャラクターに狂気の考えだと否定されます。, 当時の中華は現代の中国と違い一つの国になった経験がなく、各国が独自の文化風習を持っていました。それらの国を滅ぼして統一しようという考えは秦国の大臣や他国の武将からはとんでもない狂気的な考えに思えたのです。, なぜ嬴政は中華統一にこだわっているのでしょうか?それには彼が経験した苦難の人生が大きく関係しています。, 嬴政の父である荘襄王は戦神と呼ばれた昭襄王の孫ですが、人質として趙国で生活しており、嬴政も趙国で生まれました。, 当時秦国は趙国を何度も攻めていたため、人実である荘襄王や嬴政は趙国で過酷な生活を送っていました。, 特に趙国の兵士40万人が生き埋めになった長平の戦い後はその仕返しの矛先として日々暴力に晒されていたのです。, そんな嬴政にも転機が訪れます。父親が荘襄王として即位し趙国から秦国へ救出されたのです。, 身を呈して自分を守った紫夏に人間の光を教えられた嬴政は、中華から悲劇を生む戦争を次の世代に引き継がないために中華統一することを志すのです。, しかし13歳の嬴政は政権の実験を持つことができず、荘襄王の支援をし続け商人の立場から丞相にまでなった呂不韋(りょふい)が秦国の実権を握ります。, 傀儡の王として実権を持てなかった嬴政はさらに、玉座を狙う弟の成蟜(せいきょう)によるクーデターで都から逃亡することになります。, 苦境に立たされ続ける嬴政ですが、この逃亡の中で「キングダム」主人公である信と運命の出会いを果たすのです。, 信と出会った嬴政は唯一味方した昌文君の軍、同盟を結んだ山岳民族山の民とともに都へ戻りクーデターを鎮圧しました。, 秦国の絶対的な実力者である呂不韋、嬴政にとって彼は秦国を率い中華統一を成すために越えねばならぬ敵でした。, 信たちが列国と戦い続ける中、嬴政たちは呂不韋と並ぶ勢力を築くために奮闘します。   嬴政の母親である太后と呂不韋の密通による醜聞事件や王弟・成蟜の協力、そして合従軍との戦いでの嬴政自らによる出兵の効果により、徐々に呂不韋陣営と並ぶ勢力を得る嬴政。, そして嬴政が正式に秦国の王として即位する加冠の儀でついに呂不韋と直接対決することなります。   呂不韋の策略で反乱を起こした嫪毐(ろうあい)軍が都に迫る中、信たちに防衛を託した嬴政は呂不韋と二人で中華統一について問答します。, 戦争は人の本質であり争いがなくなりはしないが経済的結びつきを強めることで抑制できるという呂不韋。, それに対して、短期間だけの仮初めの平和でしかなく戦争をなくすために国という垣根を超えて統一する。人の本質は光だ。と応える嬴政。, ここで長年続いた呂不韋との争いが終結し、中華統一を目指す嬴政の新たな戦いが本格的に始まります。, 「キングダム」のキャラクターの多くは実在した春秋戦国時代の武将や政治家などがモデルになっており、嬴政のモデルは中国を史上初めて統一した始皇帝です。, 作中で人の本質を信用し、民衆の人気も高い嬴政は統一後も善政を敷くだろうと思われますが、統一後の始皇帝の行いは必ずしも良いことばかりではありませんでした。, 中国の歴史書によると中華統一後、始皇帝はそれまで国によってバラバラだった長さや重さを測る単位である度量衡や通貨、文字を統一します。また道路や運河の整備も進め、交易が盛んになり経済は活発化しました。, さらに秦国以外の国では家柄重視の人材登用が普通でしたが、統一後は能力による人材登用を行い、また万里の長城の整備など騎馬民族への防衛策を進めました。, 法整備によって処罰の基準は統一されましたが、厳しすぎる処罰の数々や宮殿である阿房宮、お墓である始皇帝陵などの大規模土木工事への大勢の動員で人々の不満は高まりました。, それまで中華に根付いていた古の制度ではなく法を優先した始皇帝は儒者たちと対立し、彼らのもつ書物のうち医学や農業など実践科学を除く書物を禁止し焼き払いました(焚書)。, これにより数百年残っていた数々の諸子百家の書物が失われ、さらに460人余りの方士や儒者たちを生き埋めにもしています(坑儒)。, 他にも不老不死を求めて有毒である水銀を飲み続けたり、暗殺未遂事件の報復で大量虐殺を命じたなどの逸話も残っており、「キングダム」の聡明な嬴政を見ているとこれからどのように変貌するのか気になります。, 「キングダム」では民から慕われ、他国の王からも高評価を得ている嬴政が史実に悪評が残る始皇帝へどう変貌していくのでしょうか?, 法学者として有能さを見せる李斯は、法による統治を目指す嬴政に多大な影響を与えていくことになりそうです。, 趙高は、嫪毐による乱のあと蜀へ追放されてしまいましたが、太后からはその能力を大いに評価されていましたので、今後どのような活躍を見せるのか楽しみです。, この2人は「キングダム」作中で、まだそこまで目立った活躍はしていませんが、史実では始皇帝の部下として重用され、始皇帝の死後に中華全土を巻き込む騒乱のきっかけにもなる人物です。. 【キングダム】輪虎(りんこ)は史実に実在した?かわいいのに強い!声優や名シーン紹介. エイ政 (えい せい) 漫画:キングダム 掲載誌:週刊ヤングジャンプ 出版社:集英社 作者:原泰久 秦国の若き王。後の始皇帝。漂と瓜二つの容姿をしている。 王都奪還の際、中華を統一する最初の王になると公言し、成人して正式に王となるために呂不韋陣営と政争を繰り広げる。 漫画「キングダム」が実写映画化されましたね。 キングダムは実際の中華の国「秦」をモデルにしていることで有名ですが、, こんな疑問をみなさんお持ちなんじゃないでしょうか。 今回は史実での秦の始皇帝の性格と、キングダムの嬴政(えいせい)との違いについてまとめてみました。, 中華を最初に統一した最初の王として現代にまで名を遺す秦の始皇帝。 生前の性格はどんなものだったんでしょうか。 歴史上で始皇帝によって行われた行為を紐解いていくと、その性格がおぼろげながら見えてきます。, 秦の始皇帝はその生涯の中で幾度となく非道な行いをしており、暴君としてのイメージが強かったと言います。 例えば, 基本的には自分に逆らうものは殺しておく、ぐらいのノリですね。 十分暴君と呼べる所業でしょう。 しかし秦の始皇帝もこんな風に育ってしまったのもその壮絶な幼少期に理由があるのですが、それはまた別の記事で語ろうと思います。, 秦の始皇帝は最初から始皇帝と名乗っていたわけではありません。 自分で作った(家臣に命じて作らせた)んです。 元々国が7つに割れていて秦がそのうちの1つの国に過ぎなかった頃、秦の始皇帝はまだ「秦王」と名乗っていました。 それは他の6つの国も同じで、「趙王」「燕王」「楚王」・・・などなど、王というものは複数存在していました。 中華統一後、秦王は中華の唯一の王である自分にはただの「王」では不十分だ。 「中華を統一した王にふさわしいだけの威厳のある呼称を考案せよ」と臣下たちに命じます。 この時、提案の中で最終的に決定されたのが「皇帝」という称号。 この皇帝に「始まりの・最初の」という意味をつけて「始皇帝」と言う呼び名を作りました。 さらに自分の後に続く秦王は「2代目皇帝、3代目皇帝」と名乗るようにと付け加えます。 どうしても自らを偉大にして唯一の王として後世に名を残したかった。 その自己顕示欲の強さが読み取れますね。, 晩年の秦の始皇帝は不老不死の法を探し求めます。 世界(中華)を統一して全てを手に入れたと思った始皇帝は、最後に不老不死を手に入れて、自らが手にした絶対権力を永遠に手にしていたいと思ったのでしょう。 部下に命じて山に仙人を探しに行かせたり、水銀を飲んでみたり色んな方法を試しますが結局願いは叶わず。 49歳にしてその壮絶な人生に幕を閉じます。 この不老不死の逸話についても、”自分”を最も大切にしていた始皇帝の性格が垣間見えます。, 一方でキングダムに登場する秦王・嬴政(えいせい)はどんな性格をしているでしょうか。, キングダム 多分今一番勢いのある歴史漫画なんじゃないかな?僕は史実ならオウゼンの楚攻めのエピソードとか好き。でもこの漫画で一番のイケメンは政!! 元々秦の始皇帝好きなのにもっと好きになった!!!!イケメン!! ストーリーとしては中国戦国時代を制した秦の将軍の成長日記。 pic.twitter.com/uprouok54v, キングダムの政(以下政)は平和を重んじる性格です。 中華統一を夢に掲げているのも、500年間続いている国家間戦争を憂いてのこと。 平和のためなら後世から暴君として批判されることになろうと構わぬと、武力による中華統一を目指します。 作中では何よりも世の平和を大切に考え、またそのためならどんなことでもするという強い意志を持った人物として描かれています。, 作中の1シーンに斉王と政の問答があります。 政が中華統一を仮になしたとして、他の6国の民から秦は恨まれるだろう。 そんな状況でどうやって中華全土を統治するのか。 斉王は政にそう問いかけます。 そこで政が出した答えは 「法」 中華全土を支配した時、民たちの上に立つのは人であってはならない。 法こそを人の上に置くべきだ。 政は自分たち王族は退いても、法という実態のないものが人民の上の統治することを考え出したのでした。 このエピソードからは政の自分の地位に執着しない、他人(民)を第一に考える性格が見て取れます。, 作中で6国による合従軍が秦に迫った際、李牧率いる別動隊に秦の首都にあと一歩で迫られるというところまで攻め込まれます。 それを迎撃できる武将がだれも首都には残っていない、そうなったとき政は 自分が出る そう言って最後の小城として抵抗をする民を鼓舞しに前線へ赴き、一緒に戦います。 このエピソードから、政の自分の命よりも国を重んじる性格が垣間見えます。 [quads id=4], 史実の秦の始皇帝と、キングダムの政について、それぞれの性格を考察してきました。 はっきり言って両者の性格は真逆であると言っていいでしょう。 <両者の性格の違い>, ここまで性格が違うと、キングダムの政は全く史実を元にしていないかのように見えますが、行動に関してはかなり共通点が多いです。 <両者の行動の共通点>, この他にもまだまだありますが、行動による共通点は多いです。 キングダムの作者・原泰久さんは、史実の始皇帝の歴史は曲げないように主となる行動は踏襲しています。 そして漫画のメインキャラとして相応しいように「暴君 ⇒ 名君」へと性格を改変してキングダムを描いているのでしょう。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 今月のおすすめ動画配信サービスは「dTV」。は月額500円(税抜)で映画やアニメ、ドラマなど様々なジャンルの動画12万作品が見放題ととってもお得。ママルチデバイス対応!スマホでもパソコンでもテレビでも楽しめる。専用アプリでサクサク視聴可能。, 当サイトでは、各社公認の動画配信サービスの使い方を掲載しております。動画を違法アップロードする海賊版サイトとは一切の関係はありません。また、当サイトでは権利元様の著作権の侵害および助長を目的とする運営は一切行っておりません。すべて公式で運営している動画配信サービスへと導線を貼っております。その他のサービス取り扱いについてはプライバシーポリシーをご確認下さい。, 本サイトの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでアニメガホンの見解を表すものではありません。 アニメガホンは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。 アニメガホンは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任でおいて行ってください。, 今回は史実での秦の始皇帝の性格と、キングダムの嬴政(えいせい)との違いについてまとめてみました。, この不老不死の逸話についても、”自分”を最も大切にしていた始皇帝の性格が垣間見えます。, 作中では何よりも世の平和を大切に考え、またそのためならどんなことでもするという強い意志を持った人物として描かれています。, このエピソードからは政の自分の地位に執着しない、他人(民)を第一に考える性格が見て取れます。, そして漫画のメインキャラとして相応しいように「暴君 ⇒ 名君」へと性格を改変してキングダムを描いているのでしょう。, 動画配信サービスによっては、アニメの過去シーズン全て見放題で配信していることもありますし、どの動画配信サービスでも, この無料のお試し期間にもしも気に入ったコンテンツが見つからなければ解約すればお金は一切かかりません。是非トライしてみて下さい。, 【ハイキュー】春高全国大会のネタバレ | 烏野は優勝するのか!