四字熟語ならたくさん思い浮かぶんだけどな~五字熟語はなにがあったかな?という人もいらっしゃるのではないでしょうか。, 五字熟語の数は、四字熟語に比べると圧倒的に少ないので、パッと出てこないかもしれませんね。, 五字熟語は故事に基づいているものが多く、書き初めや書道コンクールなどでよく見かけることがあると思います。, また、五字熟語が「漢字5文字で表記される語句」という定義であれば、単純に漢字5文字で表記される「特別招待券」「留守番電話」「厚生労働省」などほぼ無限に挙げることができきてしまうんですね。, 今回はそんな五字熟語の中でも有名なものや意味のあるもの、覚えておきたいものを中心に集めてみました。, 世の中を上手に渡っていくためには、まず工夫が第一であり、体を動かすことはその次である。, 昔、長屋に住んでいた女性たちが、長屋の共同井戸に集まって家事をしながら世間話や噂話を楽しんだことに由来する言葉で、主婦が家事の合間にする世間話のこと。, 組織や団体に所属する人たちが、良い時も悪い時も運命をともにすること。またはその関係にあること。, 1590年、豊臣秀吉が小田原征伐を行った際、北条氏が小田原城内で長々と評定を続け、なかなか決定しなかった故事に由来する言葉で、いつまでも結論が出ない会議・相談のこと。, 相手をやや見下した言葉で、相手の能力がどれくらいあるのか見せていただこうということ。, 孔子が人と接する態度について言った言葉。おだやかで、すなおで、うやうやしく、つつましく、ひかえめなこと。, 火事で混乱している現場で窃盗を働く者のこと。また、窃盗を働くこと。人々が混乱している中で利益を得る者、利益を得ること。, 「そうであってほしいな」「こうだったらいいな」という、自分にとって都合の良い希望のこと。, 喧嘩や争いをした者を、どちらが正しいか道理にかなっているかに関わらず、双方を罰すること。, 「光=日」「陰=月」のことで、「光陰」とは月日のことを意味する。月日が経つのは水が流れるように早いので、わずかな時間も無駄にしてはいけないという戒め。, 中国の「孟子(もうし)」に由来する言葉で、少しの違いがあっても本質的には変わらないこと。似たり寄ったりということ。. ツイッターなどでよく見かける「読了」の意味をご存知ですか。単に読み終えるという意味ですが、言葉には印象やまた影に隠れている意味もあります。「読了」という言葉を読み解くには「余韻」が関係していそうです。「読了」の意味や「読破」との違い調べをご紹介します。 縁起のいい言葉と聞いて、何が思い浮かびますか?普段目にしている言葉でも、改めて考えてみるとなかなか思い浮かばないものですよね。そこで今回は、おめでたい言葉や縁起の良い四字熟語、正月などに使える漢字などについてご紹介していきます。

」, 夏目漱石「倫敦消息 」, gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。, 何かを話し始める一番最初に。口を開くやいなや。▽「開口」は口を開くこと。話し始める意。, 内田魯庵「淡島椿岳 」, ・・・た山田美妙に会うと、開口一番「エライ人が出ましたよ!」と破顔した。 ・・・ 内田魯庵「露伴の出世咄 」, 検索ランキング 商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。, chokotty[ちょこってぃ]|知る・比べる・やってみるで、ちょっと幸せに。[ chokotty - ちょこってぃ - ]. 「学」がつく二字熟語・三字熟語・四字熟語や名詞など(医学:い-がく,依学:え-がく,易学:えき-がく..)掲載語句件数:2680件。語句を構成する各漢字の書き順などの情報を表示できます。 (11/16更新). chokotty[ちょこってぃ] | 知る・比べる・やってみるで、ちょっと幸せに。, 秋を表す言葉50選をご紹介しています。秋を使った秋をイメージさせる単語や、秋を使わずに秋を表現する言葉などさまざまな言葉がたくさんあります。また、紅葉など秋の季語や時候の挨拶に使う言葉についても解説しています。ぜひ、秋らしいさまざまな言葉を学んでみてくださいね。, 秋のつく秋を表す言葉・熟語の1つ目は、「中秋(ちゅうしゅう)」です。陰暦8月15日のことを示す言葉として使われます。中秋の名月という言葉でよく知られていますね。, 秋のつく秋を表す言葉・熟語の2つ目は、「仲秋(ちゅうしゅう)」です。中秋と同じ読み方をしますが、こちらは陰暦8月の別称として使われています。, 秋のつく秋を表す言葉・熟語の3つ目は、「初秋(しょしゅう・はつあき)」です。秋の初めのころや、夏の終わりの涼しくなる時期を指す言葉として用いられます。, 秋のつく秋を表す言葉・熟語の4つ目は、「商秋(しょうしゅう)」です。耳慣れない言葉ですが、秋の異名として使われています。, 秋のつく秋を表す言葉・熟語の5つ目は、「秋分(しゅうぶん)」です。二十四節気の一つで、「秋分の日」という言葉で知られています。通例では、9月22日から23日のあたりの日付を指します。, 秋のつく秋を表す言葉・熟語の6つ目は、「秋味(あきあじ)」という言葉です。北海道で秋に産卵のために上ってくる鮭のことです。, 秋のつく秋を表す言葉・熟語の7つ目は、「秋季(しゅうき)」という言葉です。文字通り、秋の季節を表す言葉として用いられます。, 秋のつく秋を表す言葉・熟語の8つ目は、「秋桜(こすもす)」という言葉です。ピンクや白などの色が可愛いらしいキク科の花です。コスモスが咲いているのを見ると、秋の訪れを感じますね。, 秋のつく秋を表す言葉・熟語の9つ目は、「秋水(しゅうすい)」です。秋の清らかな澄んだ水を表します。また、このことから曇りがない清らかなものを表現する言葉としても使います。, 続いての秋のつく秋を表す言葉・熟語は、「秋波(しゅうは)」です。秋の澄んだ波を意味する言葉として使われています。寒くなってくる秋の季節の海は、夏の海と違ってまた風情があります。, 続いての秋のつく秋を表す言葉・熟語は、「秋月(しゅうげつ)」です。秋の夜の月を表現する言葉として用いられます。秋は、月も美しく見える季節ですね。, 続いての秋のつく秋を表す言葉・熟語は、「霜秋(そうしゅう)」という言葉です。秋が深まった季節の霜が降りる様子を表現した言葉です。, 続いての秋のつく秋を表す言葉・熟語は、「秋蝉(あきぜみ)」です。夏の終わりには蝉の鳴き声をよく耳にしますが、秋蝉という言葉は秋になってもなお鳴き続けている蝉を意味します。, 続いての秋のつく秋を表す言葉・熟語は、「秋鮭(あきざけ)」という言葉です。「秋味」と同じで秋に遡上する鮭のことを示す言葉です。, 続いての秋のつく秋を表す言葉・熟語は、「立秋(りっしゅう)」という言葉です。二十四節気の一つで、秋が始まる日を意味します。, 続いての秋のつく秋を表す言葉・熟語は、「麦秋(ばくしゅう・むぎあき)」という言葉です。熟した麦を取り入れることを意味する言葉です。食欲の秋というだけあり、作物も豊富なのが秋ですね。, 続いての秋のつく秋を表す言葉・熟語は、「秋暁(しゅうぎょう)」という言葉です。秋の季節の夜明け方の時間帯を意味する言葉です。, 続いての秋のつく秋を表す言葉・熟語は、「秋さる(あきさる)」です。秋が来ること、秋になることを意味する言葉です。「春さる」「冬さる」というような言葉もあります。, 続いての秋のつく秋を表す言葉・熟語は、「秋刀魚(さんま)」という言葉です。日本の秋の味覚の代表ともいえる、美味しい魚です。, 続いての秋のつく秋を表す言葉・熟語は、「秋海棠(しゅうかいどう)」です。夏の終わりから秋にかけて、淡紅色の花を咲かせる多年生植物です。, 紅葉など秋を使わず秋をイメージさせる単語の1つ目は、「稲妻(いなづま)」です。稲妻が秋の季語になっているのは、昔に雷が稲を実らせると信じられていたためです。, 紅葉など秋を使わず秋をイメージさせる単語の2つ目は、「鰯雲(いわしぐも)」です。秋の高い空に、魚のうろこのように広がっている雲のことを指します。, 紅葉など秋を使わず秋をイメージさせる単語の3つ目は、「案山子(かかし)」です。田んぼや畑などで、鳥や動物などを追い払うために取り付けられる人形のようなもので、一般的には人の姿を模していますが、最近では音が出るものなど幅広くあります。, 紅葉など秋を使わず秋をイメージさせる単語の4つ目は、「赤蜻蛉(あかとんぼ)」です。秋にあらわれる赤いトンボのことです。赤蜻蛉は俗名で、学名はアキアカネです。, 紅葉など秋を使わず秋をイメージさせる単語の5つ目は、「蟷螂(かまきり・とうろう)」です。蟷螂は9月から10月など秋にかけて産卵します。, 紅葉など秋を使わず秋をイメージさせる単語の6つ目は、「啄木鳥(きつつき)」です。啄木鳥は晩秋の雑木林にあらわれ、木をつつく印象的な音を出します。, 紅葉など秋を使わず秋をイメージさせる単語の7つ目は、「椋鳥(むくどり)」です。秋から冬にかけて、その群れをどんどん大きくする鳥です。, 紅葉など秋を使わず秋をイメージさせる単語の8つ目は、「銀杏(いちょう・ぎんなん)」です。黄色く色づく銀杏の葉は、秋の風物詩ですね。, 紅葉など秋を使わず秋をイメージさせる単語の9つ目は、「芋名月(いもめいげつ)」です。中秋の名月に里芋を供える文化から生まれた言葉です。, 紅葉など秋を使わず秋をイメージさせる単語の最後は、「凄日(せいじつ)」です。秋の涼しい日を指して使われる言葉です。耳慣れない言葉ですが、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。, 秋を表現する季語や時候の挨拶の1つ目は、「白露(しらつゆ・はくろ)」です。二十四節気の一つで、中秋の約半月前の頃にあたります。, 秋を表現する季語や時候の挨拶の2つ目は、「新秋(しんしゅう)」という言葉です。秋のはじめのころを意味する言葉として使います。, 秋を表現する季語や時候の挨拶の3つ目は、「新涼(しんりょう)」です。新秋という言葉と同様に、秋のはじめのころの涼しさを表す言葉として使います。, 秋を表現する季語や時候の挨拶の4つ目は、「秋冷(しゅうれい)」です。秋で空気が冷えていることを指して使う言葉です。冬の厳しい寒さを迎えるような季節感を感じますね。, 秋を表現する季語や時候の挨拶の5つ目は、「孟秋(もうしゅう)」です。秋のはじめの一か月を指す言葉です。初秋と同じ意味があります。, 秋を表現する季語や時候の挨拶の6つ目は、「爽秋(そうしゅう)」という言葉です。文字通り、爽やかな秋の季節を表現した言葉です。, 秋を表現する季語や時候の挨拶の7つ目は、「涼風(すずかぜ・りょうふう)」という言葉です。秋の涼しい風のことを表現した言葉です。, 秋を表現する季語や時候の挨拶の8つ目は、「秋晴(しゅうせい・あきばれ)」です。秋の季節のよく晴れ渡っている日のことを指す言葉です。, 秋を表現する季語や時候の挨拶の9つ目は、「清秋(せいしゅう)」という言葉です。空気が清らかに澄んでいる秋を表現した言葉です。, 続いての秋を表現する季語や時候の挨拶は、「秋麗(あきうらら・しゅうれい)」という言葉です。暖かくのどかな秋のことを表現した言葉です。, 続いての秋を表現する季語や時候の挨拶は、「秋涼(しゅうりょう)」という言葉です。秋の涼しい頃を意味する言葉として使います。, 続いての秋を表現する季語や時候の挨拶は、「向寒(こうかん)」という言葉です。寒い季節に向かう、秋の終わり頃を表現する言葉です。, 続いての秋を表現する季語や時候の挨拶は、「錦秋(きんしゅう)」です。秋の木々が紅葉する様子を錦のようだとして表現した言葉です。, 続いての秋を表現する季語や時候の挨拶は、「秋雨(あきさめ・しゅうう)」という言葉です。文字通り、秋に降る雨のことを意味する言葉です。, 続いての秋を表現する季語や時候の挨拶は、「夜長(よなが)」という言葉です。夜の時間が長いことを表すことから、秋の季語として使われています。, 続いての秋を表現する季語や時候の挨拶は、「秋霜(あきしも・しゅうそう)」です。秋の季節に降りる霜を意味しますが、転じて白髪や鋭く光るものを表現する意味もあります。, 続いての秋を表現する季語や時候の挨拶は、「晩秋(ばんしゅう・おそあき)」です。秋の終わりの冬にさしかかる季節のことを表します。, 続いての秋を表現する季語や時候の挨拶は、「深秋(しんしゅう)」という言葉です。秋がかなり深まった季節を表現する言葉です。, 続いての秋を表現する季語や時候の挨拶は、「暮秋(ぼしゅう)」という言葉です。晩秋や深秋と同じように、秋の終わりを意味する言葉です。, 続いての秋を表現する季語や時候の挨拶は、「冷雨(れいう)」という言葉です。寒々しく降る、秋の終わりの雨を意味する言葉です。なお、次の記事では秋の季語などを取り入れた10月生まれの子どもの名前をご紹介していますから、合わせて参考にしてみてくださいね。.